2006/6/28  

PCはやっと調子が戻りました  
申し遅れましたが 昨日PCモニターを新しいのに交換いたしました。
やっと 画像が安定して見ることができるようになりました。
ご迷惑をおかけいたしましたが これから どんどん 
アップさせていただきますので よろしくお願いいたします。
0

2006/6/28  

青山店の新アラカルト  
今日青山店のアラカルトの試食をしてきました。若いスタッフが張り切って
作ってくれた お料理です。
美味しく 綺麗でなかなかでした。 今週から用意出来次第始める予定です。
お値段は 前菜で¥800ぐらいからメインで¥2,200ぐらいまです。
お近くにおいでの際には是非お立ち寄りください。


ラタティーユ ポーチドエッグ添えです 夏野菜たっぷりです。

6種類のきのこのマリネです ちょっと隠し味にフルーツが入ってますよ

サーモンマリネサラダ仕立てです 岩手のお野菜と一緒に召し上がっていただきます

アボガドとサーモンのサラダ これも美味しい りんごが中にちょっと
入っているんですが それの食感が ねっとりアボガド サーモンを引き立てます

砂肝のコンフィ バルサミコ風味 スパイシーで なかなかのお味でした


本日の鮮魚料理です 今回は天然のワラサ(ブリのちょっと小型)
皮をパリッと焼いて サフランとレッドペッパー風味ソースです




若鶏のコンフィです おいしそうなのでつい 撮影前に食べてしまいました
美味しかったぁ〜

和牛ホホ肉の赤ワイン煮こみです とろりと柔らかくって美味しいですよ

子羊のローストです お肉がジューシーで いやな香りもなく
美味しくいただけました

帆立貝のポアレです 帆立がちょっと生っぽく甘くてすいすいお口に入ります

こんな感じで 7月中はアラカルトをお出しいたします。
お気軽にワインのグラスを傾けながら楽しんでいただけますよう
ご用意いたしました。皆様のご来店をお待ちしています。
0

2006/6/24  

PCが相変わらず不調で・・・  
先日入院したばかりのPCが 不調で・・・
モニターが見えたり見えなかったりの状態が続き ブログもとどこうりがちです。
サポートセンタによるとモニターの故障らしく 
来週早々に交換のモニターが届くことになっています。
そういたしましたら またどんどん記事をアップさせていただきますので
よろしくお願いいたします。

前回の続きですが この機械があって 安心して ワインのグラスサービスが
できます。


これは空気中から窒素ガス生産し ワインの瓶の中に入れ 酸素と
ワインが接触しないで 酸化をさせない為の機械です。

こちらは白ワイン側より見た画像です。正面から見ると


内部が二つの部屋に分かれているのが お分かりになりますか? 
双方とも独自に内部温度設定ができるようになっています。
当然白ワイン用と赤ワイン用の温度設定にしてあります。
下のレバーを引いてワインを注ぐわけです。
なかなかの優れものです 今度当店にいらしたら是非お試しください。
0

2006/6/21  

岩手の小地沢農園からフォトレターが届きました  
本日、6月の畑状況をレポートして参りました。
あいにく曇りで岩手山は見えなかったので今回は岩手山の写真は、ありません。
野菜たちは、順調に元気に育ってます、小地沢さんも
私と同様にお顔が真っ黒に磨きをかけて頑張ってます。
ロングスカーレット(赤長ラデッシュ)は来週にも送れるかもしれません。
岩手も気温と湿度が上がりつつあります。東京の比ではないと思いますが!!
以上です。                                  
岩手レポーター(畠山)

というお便りとともに


ラディッシュのピラドックとロングスカーレットです。
来週には銀座のうちのお店に届きそうです 楽しみにしてますよ^^

サラダ大根です

間引きしました。無農薬だから虫が葉っぱを食べるたべる!
無農薬栽培は虫との闘いでもありますが サラダに虫が入っているのは
安心のしるしです。そう思っていただきたいのですが
理屈ではわかっていても 見ちゃうとねぇ・・という人が多いのです(笑)

前回紹介した http://diary.jp.aol.com/applet/xap7etg2aj4/20060523/archive
かぼちゃ しろみ栗です ここまで大きくなりましたぁ〜
他にも どんどん育っています。


さあ もう少しで うちのお店にお野菜が届き始めます。
お楽しみにしていてくださいね。
0

2006/6/19  

吉田蓑助師匠おめでとうございます!!  
先日紹介させていただいた 文楽パリ公演のことが 本日の19日
読売新聞の夕刊に出ていました。
「蓑助 9年ぶりに海外公演」というタイトルで 12面に
大きく出ていました。
それによりますと 公演は大成功で 最終日には
フランス政府から レジオンドヌール勲章の
芸術文化勲章にあたる コマンドール授章のお知らせが届いたそうです。
先日 勘十郎師匠より そのようなお話を伺ってはおりましたが
また正式ではないのでということでしたので ブログ上には載せておりませんでした。
やっと 正式にお祝いが言えることになります。おめでとうございます。
0

2006/6/13  

新グラスワインサービス  
以前もお知らせいたしましたが また新たに 銘醸ワインのグラスサービスを
追加いたしました。
すべて 50cc ¥2,500にてサービスさせていただいております。
白ワインは コルトンシャルルマーニュ マルトロア 1997です

しっかりとした骨組みの 美味しいシャルドネです。
そしてもう一種類は ピュリーニーモンラッシェ クラバイヨン ルフレーヴです


赤ワインは
シャトー ラフィットロスチャイルド 2002年です。
フランス語発音ですと ロートシルトです。


そしてもう一本は シャトー ラ ツール 2002年です。




赤ワインは ボルドー5大シャトーのうちの 2つのシャトーで ご存知の方も
多いかと思います。

白ワインも どちらもすばらしい作り手で 味わいもすばらしいワインです。
ルフレーヴさんには思い出があります。
先代のルフレーブさんは1990年に亡くなったのですが 
この方は第二次大戦のときにベトナムで日本軍の捕虜となった人で
大の日本嫌いの人でした。ルフレーブさんが亡くなったとき 次の日本の
代理店はどこになるのかと ちょっとした業界内の騒ぎに(笑)
まだ日本がバブルのころのお話です。
95年にパリ16区のビバロア もうペローさんが引退したので
現在はございません。で食事したときに ルフレーヴさんの
バタールモンラッシェ89年を飲んで感激し 日本にあるルフレーヴのバタール89年を
買いあさったことがありました。 
それも懐かしい思い出です。当店にもうその在庫は数本しかないかなぁ〜
この地域の良い白ワインは 驚くほど長命です 今頂戴したらちょっと涙が出るかも
そんなワインに成長しているはずです。お値段も高額ですが それは致し方ないこと
だと思います。 生産本数が本当に少ないのです。もちろんコルトンシャルルマーニュ
も同様ですが 私個人的に モンラッシェ系 ムルソー系が好きで そちらばかり
追いかけていたときがあリましたので 申し訳ありませんが
思い出としては 偏ってしまうのです。
ブルゴーニュワインは 基本的に個人で葡萄を作りワインにしている
ドメーヌというのがそれです ですから その方が亡くなると 遺産分割が
行われます。そのときに相続人のどちらにどの部分の畑がいくかが
重要になるんです。それと相続人がどれだけワイン作りに熱意を持っているか
それを知らないと 同じ畑でも 相続人が変わった年から以降のワインのクオリティーは
変わってくるのです。
個人的に気に入ってのめり込んだ ドメーヌに関しては 当然家系図を
知っておかなければという危機感がございましたので 存じ上げている次第です。
本当に狭い畑の どこから良いワインができるかなんてねぇ ほんと大変な話です。
またそれが ワインの面白さでもあるわけです。
ボルドーワインもまた面白いのですが それはまたの機会にいたしましょう。

0

2006/6/12  

鰹のステーキ と ライター関谷さんのブログに  
先日撮影した クリームドリームズのHPがアップいたしました。

  http://www.cream-dreams.com/cd_2006syun/syun_recipe_0606.asp

鰹のステーキです 強火で新鮮な鰹を焼くと血合いのところが燻製を
しているような 良い香りになり なんともいえない美味しさになります。
今は とても手軽に入る材料ですので 是非にお試しください。

それから ライターの関谷江里さんのブログに ランチが紹介されました
新しいデジカメで 接写なかなか良いですねぇ〜
私も買い換えようかな(笑)

http://erisekiya.cocolog-nifty.com/kyototokyo/2006/06/ginza_kansei_a37f.html

画像をクリックすると 大きくなります。
今の私が使っている機種だと ここまで接写できないようです。
0

2006/6/10  

バーモンドのコラボカクテル  
銀座8丁目 バーモンド(03-3574-7004)とのコラボは昨日アップいたしました。
そのカクテルを 試飲してまいりましたのでご報告させていただきます。
最初の岩手県大船渡産クリ蟹のビスクには

★ウォッカをベースに、クランベリーとリンゴのアクセントを利かせたカクテル

次の トマトのパルフェキャビア添えには

★香り豊かなシェリーとグレープフルーツジュース、そしてフレッシュミントの
 爽やかカクテル

もう一皿 岩手県大船渡産のウニとホワイトアスパラのムースコンソメジュレ添え

★ゴールデンパインとチェリーの組み合わせドライジンのキレを加えたカクテル

その後は 神戸牛のステーキに 赤ワイン そして熟成チーズの盛り合わせ
とつづきます。

私などは ソーヴィニヨンブラン シャルドネ とか葡萄の品種で料理との
合性を想定しながらメニューを作っていきますが
さすが 腕の良いバーテンさんはこう来るか(笑)といった味わいのカクテルでした。
特に 最後の ウニとのカクテルは 愁眉だと思いました。


カウンターでご予約も受けていただけるそうです。
ご興味のある方は お問い合わせください。
0

2006/6/9  

先日たいめいさんとゆかりさんが遊びに来てくれました  
先日 日本橋たいめいけんの 茂出木さんと ゆかり 野永さんが遊びに
いらっしゃいました。
http://nihonbashi-yukari.com/index.html

http://www.taimeiken.co.jp/

お二人とも3代目です ゆかりの 野永さんは 京都の菊の井の村田さんの
ところで長く修行されてから 家業に戻りました 最後の鉄人になったひとです。

たいめいさんは このところよくテレビに出ているのでご存知の方も多いのでは
楽しいお友達です。


0

2006/6/9  

バーモンドとカクテルとお料理のコラボ  
銀座8丁目にある バーモンド と お料理とカクテルのコラボを
行っています。こちらのメンバーの方たちちご予約いただいてお出しするのです。

素敵なバーで 私は20年前からお邪魔させていただいています。

この3皿の料理とカクテルを組み合わせるのだそうです。
先ほどの店長が大船渡出身というので それにあわせて 大船渡の志田さんに
採っていただいた ウニ そして クリ蟹を使いました ウニは当店でもやっている
アスパラのムースとコンソメジュレ クリ蟹はたっぷりと コニャックと白ワイン
トマトを使った ビスクというスープにしました。
もう一皿は 当店の定番 トマトのパルフェです バーなので容器は
ブランデーグラスにしました。
今夜あたり飲みに行って 三種類のカクテルの味を見させていただこうかな(笑)
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ