2009/5/30

ライブ♪ライブ♪  音楽

今日は奥井亜紀さんのライブに行ってきた。
初めて見たときは、
よく知らずに行ったけど、
空気を変える、
光を運んでくる、
風を連れてる、
そんな印象だった。

空気清浄機みたい。

彼女が手を伸ばすと、
その先に光が見えるようだった。
彼女の見つめている先は、
ずっと遠く。
そんな姿に引き込まれ、
今日で3回目。

今日も、ここで歌って、
お客さんの顔をきちんと見ていたけど、
その瞳には何が映っているんだろう。

客席からは、精一杯の拍手しかできない。
でも、自分がステージに立った時も、
拍手と笑顔が一番うれしいから、
手が痛くなっても、力いっぱいたたいた。
少しでも、気持ちが伝わるように。

ポップスでも、
こんなにていねいに、
ていねいに、歌うのね。

優しい気持ちがいっぱいあふれた、
素敵な歌声と、音。

もっともっと聞きたい。
まだツアー始まったばかりだから、
近くに来たら行ってみてね。

本気で応援するアーティストのひとり。
0

2009/5/30

におい。  

ブログ、見られるようになってた。
よかった。

今日、上司にボディバターを見せた。
これは事情があって、
上司が一部お金を出してくれて買った物なので、
ハンドクリームにしてあげようかと思って…。

毎日手とか足とかに使ってる物。
今日「ほら、この間の」と見せたら、
そのあとしばらくしてから、
「においが気になります。ここまでにおってきます」
と言った。気分が悪かったので、
「今日は、においますか? 毎日つけてるんですけどね」と返した。
「あ、どうりで、昨日変なにおいが…」と上司。
内心、“残念ながら、昨日はつけてなかったよ〜”と思ったが、
けんかしても仕方ないので言わなかった。

ハンドクリームのにおいにケチつける上司ってどうだろう。
香水とか、シャンプーまでときどき言う。
しかも人のそばでにおいをかぐ仕草をしてみせる。
これは立派なセクハラだと思うのですが。

加齢臭とか、
お風呂に入ってないにおいとか、
洗濯してないにおいとか、
そういうのは気にならないのでしょうか。
私は大変不快に思うのですが……。

0

2009/5/29

(無題)  

なぜか自分のブログ見られません。
投稿ページは開いたのですが…。

ほかのは見られるのに、なぜでしょう。
0

2009/5/29

泥水。  

子供の頃、
泥水の中に足をいれて遊んだ。

気持ち悪いの。

最初は気持ち悪くて、
たまらない感じなんだけど、
汚れてしまうと、
それはそれでどうでもよくなって、
そうなると気持ちいいかも、と思ってたりもします。

ずっとずっと入っていられたら、
気持ちいいのに、と思ったりもする。


底なし沼の妄想は、
地の底に続いていて、
空洞の地球の真ん中で、
空を見上げてる。
0

2009/5/28

笑顔。  

「今日は笑顔が多いね」
と言われた。

なんだろうね。

でも笑ってたほうがいいよ、
と言われて、
また笑う。
みんなも笑う。

笑顔を作りながら、
悲しいことは考えられないんだって。
0

2009/5/26

場所。  

いろんなことに疲れて、
体も疲れて、
気持ちも疲れて、

誰かと話したいけど、
アドバイスはいらない。

話を聞いてくれなくてもいい。

ただ、静かにほほえんで、
寄り添ってくれたらいいのに。

それがかなわないから、
何もしない時間と、誰もいない空間が欲しいです。
それから、それを許せる自分も。
0

2009/5/26

おめでとう。  雑感

ライブハウスに行ったら、
ちょうどロックバンドが、
「息子の結婚式をここでやりたい」と言ってた。
二人をステージにあげて、
かっこよく「結婚行進曲」を演奏した。
普段着のまま、簡単な結婚式。

でもほんとに好きな仲間と親で祝う。
居合わせた人たちも祝う。
最近、ここはこんなあったかい空間だなあ。
お誕生日おめでとう、
結婚おめでとう、
「おめでとう」「ありがとう」がたくさん。
ほかにはない空気だね。

みんなシアワセな気持ちになれる。

…が、ちょっと待って?
「16歳の息子が…」って言ってたような。
16歳の息子、結婚?
0

2009/5/22

初夏の風。  季節の風景

5月のさわやかなお天気には、
あまり恵まれず、
芽吹きの季節は、
通り過ぎて、
もう、緑が濃くなりはじめた。

春のさわさわと吹く風はなくて、
春一番のような突風が吹いたかと思ったら、
梅雨のにおいがし始めた。

元気で過ごしていますか。
0

2009/5/20

ボルト  映画

業務試写会。

おもしろかった。
これは映画館で、観るのがおすすめ。
スピード感、音、
この迫力は映画館がいい。

物語は、
役者犬が、そうとは知らず、
スーパードッグと思いこまされて生きてる。
撮影とは知らずに、
飼い主のペニーを守ろうと必死。
それが、ちょっとしたトラブルで、
ハリウッドからニューヨークに運ばれちゃう。
撮影所から出たことのない、
スーパードッグが、
いろいろな危険をくぐり抜けて、
ペニーの元へ戻ろうとする。
そんなお話。

自分が普通の犬だと知ったあとも、
ペニーとの愛情は本物だと信じて、
ハリウッドを目指す。

人の表情とか、
物の素材感が、
ますますリアルになって、
ピクサーの技術はすごい!!
トイ・ストーリーの頃から比べても、
動きも背景も、
細かいところまでほんとによくできてる。

ペニーの声が、
マイリー・サイラスだったのもよかった。

さすが、ディズニー。
0

2009/5/14

毒。  

たばこ、
他人の評価、
批判、
下品な会話、
愚痴…、
嫉妬、

あげればきりがないほど。

夜の闇の中に、
ひそむ魔物が、
紫色の怪しい液体を、
かきまぜた。

体にまとわりつく、
毒は、
大声で歌って、
笑って、
振り払おう。

汚れてしまったら、
洗わないと。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ