2007/6/7

天狗の音、天使の音。  音楽

人前で演奏する時、
どんな音を届けたい?

上手に演奏したい人、
かっこよく見せたい人、

それは確かにそうだよね。
人前に立つ以上、上手にかっこよく、って思う。

技術的に上手な人もいるよね。
でもね、どこかみんな自信がないの。
もっと上手にって思うのは、
きっとプロになっても、
一流になっても、一緒でしょ。
技術に満足したら、先がないもの。

人に聴いてもらう音楽は、
自分で楽しむだけじゃないから、
技術だけではないんだけどね。

それよりも、もっと大切なもの。

「自分はうまいんだ」
なんていう変な自信はいらないよ。

気持ちいい音、届けたい。
悪い気持ちや、
イヤな感情や、
自分をよく見せたい、なんていう、
余計なものの混じらない音楽。

天狗の音楽は、自分のため。
天使の音楽は、人のため。

人に届ける想いは、
砂粒の混じらない、透明な心で。

自分も、心から楽しもうね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ