2006/3/24

一期一会。  雑感

クリックすると元のサイズで表示します

あまり、話もできなくて、
出会ってから、別れるまで、本当に短くて。

そんな出会いでも、
人は生きてる間に関わった人には
必ず何かを残していくんでしょうね。

彼女からもらったものは、
「友達」
引っ込み思案で、
人の輪には溶け込めなくて、
黙って隅に座っていた私を、
連れ出してくれた。
「もうお友達よ」って明るく笑った。

見かけはおとなしくてまじめな印象の彼女は
いつもおもしろいことを言って人を笑わせて。
最初はびっくりしたけど、
すぐに大好きになったの。

もっともっとお話したかった。
これも彼女からのプレゼント。
一期一会。
出会いを大切に。
後悔しないように。
二度と会えなくなるかもしれないから、
今、伝えないとね。
「あなたのことが大好きです」
そう、言葉で、心で。
0

2006/3/24

2月9日  思い出

この日も大切な人を亡くした。
知り合いのおばあちゃん。
よく会うわけでもなく、
よく話すわけでもなく、
私の名前もたぶん覚えてくれなかったと思う。

でも、会うと「あんた、あんた」って言っては
アルミホイルに包んだ焼きおにぎりをくれた。
ワカメごはんの焼きおにぎり。
人に会うときには、いつもあげようと思って作ってくるって話してた。

「今朝は4時に起きて、みんなの分焼いたんだから」
いつだったか、一緒にいったバスツアー。
それから、忘年会。

大好きな人が遠くに行っちゃうのは悲しい。

でも。
おつかれさまでした。
ありがとう。
0

2006/3/24

記憶の片隅  

とても愛してた
たぶん生まれる前から
あなたのこと知ってた
だから出逢えただけで
とてもとても幸せだった

次に生まれても
あなたを愛せる
記憶なんてなくても
あなたに出逢っただけで必ず
あなたに気付いてみせる

実家に久しぶりに帰って、
なにげなく見ていたCD。
「さだまさし」

詩がとても素敵だった。
「記念樹」
しっかり覚えてるわけじゃないから、
間違ってるところあるかなあ…。
たぶん、これ、2番。

静かに、こんな曲を聴いてみたくなる。
残念ながら、持ってないんだけど。
今度母親に借りてこよう…。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ