2006/3/8

どぶのふた、用水路。  思い出

側溝のふた。古いやつ。
知ってる?
手を入れて持ち上げるためか、隙間があって。
けっこう厚みがあって、重たいやつ。
あれね、隙間のところが、
穴みたいに見えるでしょ。
小さい頃、この穴と私の足と、どちらが大きいのかなあって。
いつも気になって、いろんなところで試したの。
大きいのもあれば、小さいのもあって。
きれいにならんでないのは、ずれてて気持ち悪くて。

足、当ててみて、小さいとちょっとつまんない。
大きいと落ちて、汚れて、怒られちゃう。
ちょうどいいの見つけると嬉しくて、
ずっとそこにはまっていたくて、
そのうち抜けなくなって
「おかーさーん、痛いようっ」
エナメルの赤い靴、お出かけ前に汚しちゃって、
「あんたは、長靴はいてなさいっ」

小学校に入っても。
通学路のはじっこに、小さい川が流れてて、
この川の幅と私の足、どっちが大きいのかなあ…なんて。
自然のままの、幅がそろってない川だから、
測る場所によって違っておもしろいの。
落ちないように慎重に。
でも、いつもぐちゃぐちゃ。
気持ちわるーい。
そのうち飛び越えて遊べるようになって、
友達と、毎日。
「あ、また落ちた」
「なんで普通にまたげないの〜?」

…だって足が向こう岸に届く前に勝手に下に足おろしちゃうんだもん。
だから、黄色い長靴。
歩きにくいから、好きじゃなかった。
0

2006/3/8

命かけた想い。  

青い空、ウエディングドレスを着た女の人が
ヘリから飛び降りるシーン。

昔見たドラマ。
内容は覚えてないけど、
すごい、怖かったような。
今見たら違うのかな。

好きな人に向かって、
好きな人だけを見つめて、
まっすぐに、追いかけていく。
愛する人のもとへ行かれないから、死ぬとかじゃなくて。
ただ、空の上に、いただけ。
愛する人が下に見えただけ。
きれいだったの…。
その場面だけ、しっかり覚えてる。

0

2006/3/8

帰り道  雑感

いつもより少し早く帰り道。
(これからまた仕事に出るのだけど)

夕方の、まだ少し明るい、オレンジ色の景色。
小学生が「じゃ〜な」って手を振る。
もう一人が「じゃ〜な」って振り返す。
その後ろ姿にもう一度「じゃ〜な!!」
声に手だけ振ってもう走り出してる。

また明日。
楽しく遊んで笑顔の帰り道。
小走りの女の子。
ちょっと寂しそうな後ろ姿の男の子。
ほっぺを赤く染めて、
まだ少し寒い春の、夕日の中。

この子供たちを、純粋に、そしてただかわいいと思う、
素直な優しさを、どうか忘れずに。
見守る大人の愛情を感じて、
今日も無事に家に帰り着く…。
ただそれだけの幸せを、子供たちから奪わないで。

毎日「ただいま」って響く幸せが、
どの家庭にも続きますように。
「おかえり」って包むぬくもりが
子供たちに変わらず伝わりますように。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ