2006/3/15

スープのレシピ  食べもの

メタキチさんから、リクエストがあったので、
「朝のスープ」に書いたトマトスープのつくりかた。

材料
キャベツ 半分
にんじん 1本
タマネギ 1個
セロリ  1本
ピーマン 1個

ブイヨン
だし昆布


水1500cc
トマト缶 1缶

材料全部入れて煮込むだけなんだけど。
塩は好みで。

私は、最初に圧力釜で野菜と水100ccを入れて、
軽く煮込んで。
そのあとに、分量通りの水とトマト缶とブイヨンと昆布と塩を入れてるの。

食べるときは、ここにタバスコ(ハバネロ)を入れてます。
辛いのが好きなので。
大量にできるので、1週間食べられます。

口で簡単に説明できる程度のお料理しかしないの。
0

2006/3/15

ホワイトデー  

会社に行ったら、バレンタインのお返しと
チョコレートが置いてあった。

となりのお兄さんからもチョコをもらう。

「俺が食いたいと思ったのを買ってきました」

なかなかの名ゼリフ。
ここでちょっと感動したいところだけど。
残念ながら、続きがある。
「あとで、俺にもください」
一緒に食べましょうっていうならいいけどね。
ちょっとだけ、意味が違うところがいい。

お昼休みに、私もバレンタインのお返しを買いに。
今年はなぜかもらっちゃったのよね。
たくさんあるから悩んじゃう。
おじさんたちの会話もおかしい。
「弱ったなぃっ。いっぱいもらっちゃってさあ。」
「そうかい。オラも弱っちゃった。何買えばいいだか」
売り場に合わない、方言と作業服。
私が手にとったり置いたりする姿を横目で見ながら。

そんな中からちょっと珍しいチョコを発見。
“私だったらこれ食べてみたい”

まあ、一緒に食べようとは言わないけど。

プレゼントをあげるときは、
自分がもらって嬉しいものが基準になってるものなんだと
改めて思う。

0

2006/3/15

月の夜  季節の風景

心の中に、満月を思い浮かべて。

一点の曇りもなく、
輝いてみえるように。

クリックすると元のサイズで表示します

心の中に、曇りがなくなるように。
0

2006/3/14

朝のスープ  食べもの

けっこう簡単で、まあまあおいしいスープ、教えてもらった。
野菜たっぷり。
1回に、かなりたくさんできるけど。

朝ご飯はこれにするんだって。
そうすると体脂肪が減るらしい。
教えてくれた人は1週間で2キロ減ったって。

なんでダイエット??
と思いつつも。
野菜スープ好きなので、作って、毎日食べる。
だし昆布も入ってるしね。

このスープに入れたくて、前から気になってた、ローズソルトを買ってみた。
鉄分がいっぱい、なんだって。

トマト缶の入ったスープ。
大好き。


0

2006/3/13

Love, like the wind.  

温かくもなく、
冷たくもなく、
強くもなく、

いま、ここに存在したと言われなければ、
わからないほど、優しく。
残るのは、頬にかすかに感じた記憶。

どこか懐かしいにおいを運んで、
誰にも気づかれず、
そっと。

どこから来て、どこへ向かっているのか、
わからないまま、
永遠に。

かたちもなく、色もなく、
…風になる。
0

2006/3/10

好きになる…。  雑感

男の人のどこを見て好きになる?って聞かれると、
「手…かな?」
って答える。
どんな手がいいっていうわけじゃなく。
なんとなく手を見てるの好きだから。

後ろ姿もいい。
どんな背中が好きって聞かれると、これもまた好みはなく。
背筋がピッと伸びて、まっすぐに歩いていく姿がいいなと思うこともあれば、
背の高い人が少し猫背になっているのもいい。
肩胛骨がきれいに見えると、きれいだなあと思うけど。
見えなくてもすてきな人もいるし。

腕。
筋肉の張った、太い腕はぜったいだよねって思ってた。
でも別に、か細くなきゃいいし。

声、しゃべり方、なんていうのもあるけど。
こういう声がいいの…なんて思うものがあるわけじゃない。

考えてみれば、好みなんてない。
目で見て好きになるんじゃなくて、
心が反応するだけ…なのかなあ。
だいたい、普段からあまり人の顔を見てないし。
まずいいなと思って、それからあちこち観察するんじゃないかなあ。
それが理想の王子様じゃなくても。
その人の持っている、声の響きや、姿かたちだから好きになるんじゃないかなあ。
太ってるとか、やせてるとか、
背が高いとか、低いとか、
顔が整ってるとか、
高学歴、高収入とか、
家柄とかも。
なんにもなく。
ただ、その人だけを見る。
0

2006/3/10

鏡  雑感

鏡に映る顔は、本当に自分の顔?
ずっと見てると不安になって、
首をかしげてみる。
近づいてみる。
口を開けてみる。
ちゃんと同じ動き。

でも、今朝お化粧する時、
鏡には知らない表情をした人。
笑顔をつくってみてるのに、
無表情な顔。
0

2006/3/8

どぶのふた、用水路。  思い出

側溝のふた。古いやつ。
知ってる?
手を入れて持ち上げるためか、隙間があって。
けっこう厚みがあって、重たいやつ。
あれね、隙間のところが、
穴みたいに見えるでしょ。
小さい頃、この穴と私の足と、どちらが大きいのかなあって。
いつも気になって、いろんなところで試したの。
大きいのもあれば、小さいのもあって。
きれいにならんでないのは、ずれてて気持ち悪くて。

足、当ててみて、小さいとちょっとつまんない。
大きいと落ちて、汚れて、怒られちゃう。
ちょうどいいの見つけると嬉しくて、
ずっとそこにはまっていたくて、
そのうち抜けなくなって
「おかーさーん、痛いようっ」
エナメルの赤い靴、お出かけ前に汚しちゃって、
「あんたは、長靴はいてなさいっ」

小学校に入っても。
通学路のはじっこに、小さい川が流れてて、
この川の幅と私の足、どっちが大きいのかなあ…なんて。
自然のままの、幅がそろってない川だから、
測る場所によって違っておもしろいの。
落ちないように慎重に。
でも、いつもぐちゃぐちゃ。
気持ちわるーい。
そのうち飛び越えて遊べるようになって、
友達と、毎日。
「あ、また落ちた」
「なんで普通にまたげないの〜?」

…だって足が向こう岸に届く前に勝手に下に足おろしちゃうんだもん。
だから、黄色い長靴。
歩きにくいから、好きじゃなかった。
0

2006/3/8

命かけた想い。  

青い空、ウエディングドレスを着た女の人が
ヘリから飛び降りるシーン。

昔見たドラマ。
内容は覚えてないけど、
すごい、怖かったような。
今見たら違うのかな。

好きな人に向かって、
好きな人だけを見つめて、
まっすぐに、追いかけていく。
愛する人のもとへ行かれないから、死ぬとかじゃなくて。
ただ、空の上に、いただけ。
愛する人が下に見えただけ。
きれいだったの…。
その場面だけ、しっかり覚えてる。

0

2006/3/8

帰り道  雑感

いつもより少し早く帰り道。
(これからまた仕事に出るのだけど)

夕方の、まだ少し明るい、オレンジ色の景色。
小学生が「じゃ〜な」って手を振る。
もう一人が「じゃ〜な」って振り返す。
その後ろ姿にもう一度「じゃ〜な!!」
声に手だけ振ってもう走り出してる。

また明日。
楽しく遊んで笑顔の帰り道。
小走りの女の子。
ちょっと寂しそうな後ろ姿の男の子。
ほっぺを赤く染めて、
まだ少し寒い春の、夕日の中。

この子供たちを、純粋に、そしてただかわいいと思う、
素直な優しさを、どうか忘れずに。
見守る大人の愛情を感じて、
今日も無事に家に帰り着く…。
ただそれだけの幸せを、子供たちから奪わないで。

毎日「ただいま」って響く幸せが、
どの家庭にも続きますように。
「おかえり」って包むぬくもりが
子供たちに変わらず伝わりますように。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ