2013/10/31  23:11

中学校歯科検診、  

担当の大宮東第二中学校へ

いつも感じることなのだが、虫歯多発の子と、ゼロの子・・・両極端な傾向あり。
この差はどこからくるのか?

矯正治療を受けている子も多い。
経済的なこともあるのかもしれないが、矯正治療必要な口腔の発育不全が増えているのも確かだろう。

運動部の子・・・口呼吸している子が多い。


部活で通院できない子・・・校長先生に、顧問の先生へ、治療を最優先にしてほしいとお願いする。

さいたま市は、中学生までは窓口負担金がゼロですむのですから、部活前に通院も可能なはず。

部活は上下関係が厳しくて、下級生ともなると、なかなか自分の都合を優先できにくかったりするので、顧問の先生の一言が大事かと思う。

全体としては、歯科疾患は昔よりずっと減少している。

意識の向上と、あとは歯科医院がたくさんあることのおかげかなあ?と思う。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ