2013/1/30  8:49

舌痛症  シニア

開業して間もない頃、「舌が痛くて、舌癌でしょうか?」と、飛び込んでいらした方がいらっしゃいました。

その頃はまだ、メンタル的なことも勉強不足、噛みしめ癖についても認識不足でしたので、
舌を傷つける原因もなく、舌も問題なさそうに見える場合、「ともかく口腔外科で検査していただきましょう」という対応になっていました。

そうすると、その結果、精神安定剤を処方され、1か月くらいで収まる・・・ということが大半でした。

今思えば、心配事があって いつも歯をかみしめる癖があったとか、要するに、日常での噛みしめ癖が原因で、噛みしめて舌を歯列に押し付けていて、痛くなってしまったということが最大の原因かと思います。

舌痛症で、精神安定剤、抗鬱剤、筋弛緩剤などを処方された患者さんがいらしたら、まず、食事に時以外に上下の歯を咬み合わせない、上下の歯を接触させないように気を付けてみてください。

それだけで快方に向かう方が多いようです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ