2016/9/14  23:27

癌と血中アルブミン値  栄養

金子塾最終日各論の悪性腫瘍について。

血中タンパク濃度のマーカーであるAlb値(アルブミン値)は、延命期間と比例関係にあると思われる。

Alb値を4gを切らずにキープできれば、延命期間は長くなる。
4g以下になってしまうと、悪液質街道まっしぐらになってしまい、寿命は縮んでしまいます。

癌細胞は栄養を必要としません。
健康な細胞が栄養源だから。

なので、がん細胞の栄養源として破壊された健全な細胞をどんどん再生していくために。タンパク質摂取が必須です。

たんぱく合成開始アミノ酸を含むタンパク質となると、やはりお肉・・・動物性たんぱく質なのですが、
必要量をとるのは至難の業なので、サプリメントでの摂取が必要でしょう。

健康人で必要なたんぱく量は、体重あたり1g=体重50キロなら50グラム
それには、500グラムのお肉を食べる必要があるのですから〜〜

通常の食事でとれるたんぱく質は、せいぜい20グラム・・・全然足らない・・・老化が進む。
癌という病気であれば、破壊される健康な細胞のタンパク質もあるので、もっと必要なはず。

なので、私は、病気ではありませんが、ペプタ100というプロテインを30グラム、補充しています。
胃腸の機能が低下しているなら、消化酵素も併用しましょう。
ご興味、関心あるかたは、ご相談ください。

0

2016/9/14  22:59

金子塾各論セミナー  セミナー情報

12日〜14日まで、三日間 金子塾オーソモレキュラー(分子整合栄養医学)の各論セミナー。

肝臓、胆のう、脾臓、消化器、貧血、栄養代謝障害、循環器、悪性腫瘍と、基礎編より、さらに興味深く有意義なセミナーでした、。

学べば学ぶほど、血液検査の必要性を感じる。

一般的な血液検査では、95%の人が正常値と解釈されてまう。
それは・・・死なない程度の値ということ。

健康に、より豊かに生きるには、分子整合栄養学に基づく分析が必要と思う。

口腔の健康状態から見える全身状態・・・栄養状態の影響がどれだけあることか?!と常々感じるにつけ、詳細な血液検査分析をしてみたなら?

大半の病気は栄養欠損から始まる。
癌で亡くなる最大の原因は、栄養失調・・・悪液質

まずは血液検査データをきっちり分析解釈できるようになるには、まだまだ勉強不足。。。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ