2015/1/23  0:42

口呼吸の口元  呼吸について

クリックすると元のサイズで表示します

永久歯がなかなか出てこないと来院された小学生
それは心配なく、歯並びも大丈夫だったのですが・・・
(上の画像はご本人とは無関係です)

下唇が乾いて分厚く(たらこ唇)、前歯の表側にプラークたくさん!ちょっと腫れぼったい瞼・・・

一目見るだけで口呼吸の特徴たくさん!

「よく扁桃腺を腫らして高熱を出す?
唇が渇いて荒れやすい?
食事の時に唇を閉じず、クチャクチャと食べる?」

すべてにイエス。。。

口呼吸だと、口側の扁桃腺が過労して(扁桃腺は呼吸用に喉側にもあります)免疫機能が狂うので、アトピーや花粉症、喘息、大腸炎とか、、、
アレルギー疾患になりやすくなると説明していくと、

「そういえば、お腹も痛いとよく言います〜」

口呼吸の人は、口を閉じると下顎に梅干し、下唇分厚く、腫れぼったい瞼、リップクリームがお友達、舌に歯型(いつも舌が下の歯列に食い込んでいる)、いびき、歯ぎしり・・・

いくつか思い当たることがあれば、口呼吸の時間が相当にあるはず。

「寝ている時はわからないけど、起きているときは大丈夫」とおっしゃる方が、一番治らないのが口呼吸・・・おしゃべりする時は完璧口呼吸ですし・・・

花粉症、皮膚炎、、、、お薬をドッサリ処方された方も来院。

まずは24時間、完璧に鼻呼吸にすることを試してみたらいかがでしょう?

と、あいうべ体操カードとネルネルテープをプレゼント・・・

体操と、テープ・・・たいした経費かからず・・・やってみる価値ありと思うのですが、、、

マスクの下で口呼吸・・・絶対禁止!!!

ちなみに、即口呼吸とわかる歯の汚れかたは↓のように、歯の表側に沈着します。
通常は歯の内側に着くのが一般的。

クリックすると元のサイズで表示します
2
タグ: 歯科 口呼吸 鼻呼吸



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ