2015/1/20  23:57

大寒ですね  健康豆知識

今日は大寒
これから2月は一番寒い時期になるのでしょうか?

インフルエンザ予防には、朝、寝起きの歯磨きが有効です。
つまり、朝食後でなく、起床直後の歯磨きです。

お試しあれ!

ナゼって?

インフルエンザは飛沫感染

インフルエンザウィルスは、歯周病菌など、悪玉菌の出すタンパク分解酵素と接触すると、口腔内の細菌にダニのようにへばりついてしまいます。

そのまま朝食を摂ると、食べ物、唾液と一緒にお腹へ・・・
そして全身へ回ってしまうから。

寝ている間は、唾液の分泌も少なくなるし、細菌は増えるし、寝起きのお口の中は予想外に不潔だったりするんです。

起きている時は、鼻呼吸を徹底し、寝ている時も鼻呼吸!
そして寝起きに歯磨き!食後にも歯磨き♪就寝前にも歯磨き!!!

お口はすべての入り口です、良いものも、悪いものも、、

就寝前に磨き残しがたくさんあると、寝ている間に細菌はネズミ算式に増えてしまいます。
特に、歯肉を壊すタンパク分解酵素をもつ歯周病菌など。。。

寝る前の歯磨きも、お忘れなく!

本当は…プロビオーラも併用していただくと一番良いのですが。。。
就寝前に1錠、お口の中で溶かしていただく。
タンパク分解酵素や、口臭の原因の臭化ガス、様々な毒素を産生する歯周病菌や虫歯菌と入れ替わってくれる善玉無蓋な乳酸菌が入れ替わってくれます。
寝起きの口臭がほとんど無くなります。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ