2013/5/6  23:18

ウェルデンツ  セミナー情報

新素材ウェルデンツのセミナーでお茶の水へ。

部分入れ歯には重宝そうな素材。
弾性に優れ、折れにくく、軽い。
今、入れている、バネなしの入れ歯の素材としては、更にコンパクトに作れそうで、良さそう。

ただ・・・
柔らかいという特徴を、長所ととるか?短所と取るか?

柔らかいから折れないが、すり減るのは速いのでは?
となると咬合(咬み合わせ)が狂うのが速いのでは?

多少咬み合わせが高くても、すり減ってくれるので、咬み合わせに甘いインプラントの上部構造に便利な逃げの素材となりそうな?

なんだか、インプラントをいれる先生は飛びつきそうな素材かもな?という印象。

それと、咬み合わせを上げる時にも便利かも?
すでにスプリント素材として使いだしているが、情報不足で使いこなしきれない感じを受けている。

今回のセミナーだけでは、イマイチ理解不足の感あり。
再度の受講が必要そうだ。。。
TV番組で取り上げられたらしいが、素材としても、まだまだ改良の余地があるとも思った。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ