住職・大河内秀人の徒然グサリ

仏教の「縁起」の思想は、一人ひとりが世界を変え、一瞬一瞬の行動が未来を変えていくと説きます。平和・人権・環境にかかわる活動を通し、足元から、そして現場主義をモットーに、言いたいことを言わせていただきます。

 

カレンダー

2018年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
リンク集
大河内秀人が住職を勤める寺 その1
大河内秀人が住職を勤める寺 その2
パレスチナの子どもたちへの支援、一般メディアではつたわらない現地の人々の生活の視点に立った情報など
身近な地域で「子どもの権利条約」が生き、子どもの立場に立ったまちづくりをすすめる。
「足元から地球温暖化を考える市民ネットえどがわ」という名前の通りのNGO。
インド北西部、カシミールと接するヒマラヤ山中のラダックと交流し、子どもたちの支援を行っているNGO。“懐かしい未来”と呼ばれる、自然と共生し心豊かなコミュニティが、そこにはあります。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ