お詫び  おしらせ

管理画面より、操作していたために、メッセージBOXがあることすら知りませんでした。
多くの方よりメッセージを頂いていたのに、自分の不注意でお返事できず、ご不快を与えたと思います。

心より、お詫び申し上げます。


へっぽこ院長
0

「第1回慢性の痛みに関する検討会」について  おしらせ

いつもお世話になっているwakazonoさんより情報を頂きました。

昨年末、厚生労働省による
第1回慢性の痛みに関する検討会」 が行われたとの情報を得ました。
大阪大学の柴田政彦先生により、脊髄損傷後疼痛について詳しく述べられています。
議事録が公開されています。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/12/txt/s1210-10.txt
わが国の痛みに対する医療は随分遅れています。
今後、痛み医療に対する国家的取り組みが進むといいですね。
  
また、日本せきずい基金さんから、
2月24日に『脊損慢性期マネジメントガイド』が刊行されました。
その「第6章 脊損慢性期疼痛」に痛みについて詳しく述べられています。
もし、お持ちでなければ
  http://www.jscf.org/news/#news_data_no_0
にて、お申し込みされるとよいかもしれません。
3

『お知らせ2』  おしらせ

先日、脊髄梗塞の会が京都でありましたが、 残念なことに出席出来ず残念でした。
天下茶屋のおっちゃんの呼びかけで、この会も2回目となり、友人のあーちゃんより、
盛会の中終了され、有意義であったと報告をいただきました。
今回、神経因性の疼痛のお話を、講師としてwakazonoさんにお願いしました。
そのお願いやお礼のメールしている中で、医療大麻の情報をいただきました。
ご興味ある方は、お読みください。


医療大麻解放戦線

医療大麻解放戦線と言うサイトは、難病患者であるご自身が日本初の医療大麻解放運動をしているサイトです。大麻所持の裁判経過が載っています。

9月28日の公判について*重要なお知らせあり!!!

http://ameblo.jp/iryou-taima/entry-10353732893.html

最近載っていた成田さんの、コメントを張っておきます。

クローン病という病気を患っています。
先日、アメリカの大統領に就任したオバマ氏の出身州ハワイを始めとした幾つかの州、国家ではクローン病に大麻を利用した治療が認められています。
医療用途から、その研究までをも一切禁じた、異常な大麻取締法の改正に向けて、僕の裁判が突破口になるのでは、との思いから、この戦いを決意しました。
一人でも多くの国民が、この真実に目を向け、前向きな世論を形成していく事が出来れば、日本という国も変わっていく事ができるのでは、と思います。

クリックすると元のサイズで表示します

wakazonoさんより、お礼としてワンちゃん画像をいただきました。

―気が向いたら、ぽちっとお願いします―
人気ブログランキングへ
2

お知らせ  おしらせ

wakazonoさんより、お知らせが届きました。

先日、テレビ朝日の「報道ステーション」で放送された、
「線維筋痛症」の特集を見逃された方は、
下記ののリンクより見ることが出来るそうです。

「報道ステーション」
↑

2009年10月27日
全身謎の激痛“線維筋痛症”患者に密着
推定患者数は200万人といわれる「線維筋痛症」。ほとんど認知されていないこの病気は、体中の筋肉がこわばり、激痛が走る。痛みに関する感受性が脳の中で異常に高まり、1の痛みを10にも100にも感じるという。眩しい光、気候の変化、物音や風など、あらゆる刺激が痛みに変換されてしまうことがある。原因はいまだ明らかになっていないが、肉体的ダメージだけでなく、精神的ストレスが大きく影響しているといわれ、女性に圧倒的に多いという。「線維筋痛症」と闘う23歳女性に密着し、この病気の実態に迫る。

2

『緊急のお知らせ』  おしらせ

wakazonoさんより

緊急のお知らせが届きました

クリックすると元のサイズで表示します

本日、10月27日(火)
テレビ朝日の「報道ステーション」で、
「線維筋痛症」のことが取り上げられるようです。

朝日新聞その他のテレビ欄にも載っていますので
既にご存知かも知れませんが、
出来るだけ多くの方々にお知らせください。

「線維筋痛症」は、何の異常も見つからないのに
激しい痛みが現れる病気です。
神経が傷ついたことにより発生すると考えられている
脊髄損傷後の神経因性疼痛とは、
全く違う病気と考えられていますが
症状や、患者の悩み、治療法はかなり共通しています。

「痛み」に関する報道が増えるよう
「報道ステーション」にみんなで意見や感想を送りましょう。
      ↓
http://www.tv-asahi.co.jp/hst/opinion/form.html

取り急ぎ、お知らせとお願いまで。
ただし、番組内容変更の可能性はありますので
その際は、ご容赦下さい。


2

お詫び2  おしらせ

クリックすると元のサイズで表示します
1




AutoPage最新お知らせ