『京大のiPS細胞』  再生医療

京大のiPS細胞、米でも特許…日米欧を制す

yomiuri









にほんブログ村 病気ブログ 頚椎損傷へ

にほんブログ村










3

『神経再生』  再生医療

クリックすると元のサイズで表示します




横浜市立大学医学部分子薬理神経生物学教室および
先端医科学研究センターの竹居光太郎 准教授らの研究グループが、
脳脊髄の神経再生を阻む作用を抑制する新規分子LOTUSを発見

横浜市立大学医学部分子薬理神経生物学教室



クリックすると元のサイズで表示します




にほんブログ村 病気ブログ 頚椎損傷へ

にほんブログ村

0

『堕天』  J-Workout

鋼のように強くなりたい・・・・・




長くリハビリを続けてくると、ぽっと心に空洞が出来る。
仕事優先だと、思うようにトレーニングは進まない。
自分の年も、逆算できる頃合いに入る。
命あるまで続けるのは当たり前なのだろうが、
たまには、いつまで続ければいいのかと自問自答することもある。
自分で言うのもおこがましいが、
歩ける歩けないの微妙なラインにいる自分にとって、
心の葛藤もある。
何を犠牲にして、何を犠牲にしないのか・・・・
その線引きが心を惑わせるし、
また焦りや不満がふつふつと浮かび上がる。
身体とて都合良くトラブル無く過ごしているわけでもない。
もっと自分にとって、時間も含めて効率よく過ごさなければと思う。

震災以後、ペースダウンした自宅トレーニングも、
戻すのにもう少し時間がかかりそうだ。
戻らない原因に、体調不良もある。
心が折れたと言ったが、それも一つの原因だろう。
痙性や痛みに痺れ、しゃく熱感など平年よりも強い。
身体のメンタル的ダメージは大きい。
痺れや痛みの強いときは、反応が悪かったり、
力が入らずコントロールがきかなくなる。
トランスさえも、躊躇うことがあるほどだ。
だから外出などは、自ずと敬遠したくなる。
この負のスパイラルが心身ともに重くのしかかってくる。

痺れにしても、普通の痺れは、
広い面に点在するピリピリとクリアーな感覚。
私の場合は、点が緻密でジワーッと鈍く板のように面的で、
それに痛みとしゃく熱感が合わさるような感じがする。
普通の痺れの方が辛そうだが、
背損の神経因性疼痛は、
精神を病むような何とも言えない痺れと痛みになる。
それこそが、やる気を無くし根気も無くす。
前向きと後ろ向きが日々交差する一日を送ることになる。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

昨日の日曜日は、JWのトレーニング日。
ここ一週間は、猛暑だったり、大雨に涼しい日だった為、
体調不良が続き、正直気が進まなかった。
そういうときに限ってトラブルは起こる。
駐車場から、ジムへ向かう途中、
下水の網のふたにキャスターがはまり、
空を舞った・・・・
かみさんは、車から荷物を出していて気づかず。
振り向いたときには、車いすの下に上向きで、
両手両足を天に向け寝ている大ブタが一匹・・・・(笑)
本人は、天国から落ちた天使のつもりだったが、
そうは見えなかったようだ。
かみさんが慌てて、ジムに行き、
トレーナーさんに来てもらい、事なきを得た。
初っぱなから落車で、心はボッキリと折れた。
左肘と左膝に擦り傷程度の損傷ですんだ。
ジムに着き、女帝様に、よーくデブリってもらい消毒、
デカいカット判を貼ってもらった。



この女帝様、非常に甘えん坊で淋しがり屋、
しつこいと言われるほど、
かまい倒すぐらいの愛情をかけられると、
それ以上の愛情をかけてくれる奥さんになるのでは?



やはり何処かがちがって、スタンディング・フレームで、
軽い貧血を起こした。
光るものを見ると残像が残り、
自分の身体じゃないような違和感が残った。



某Twitter上で話題?の、トレーナー「オダ・キンタマン」。
本人からクレームがついたとtamaちゃんから知らされた。
せっかくtamaちゃんが別のを考えたのに、
生意気にも・・・・・
「オダマッチョ」「室伏妹」はひねりがないと即却下されました。
とのこと。
仕方ないので、オイラが「オダ・フラッペチーノ」にしたら、
本日の担当Imnトレが「オダ・フラッペチ○▲」下ネタ炸裂。
Imnトレ・Nakトレ・へっぽこ、3人変態トリオだけは納得。
いやー、いい仕事したね。
しかし、女性スタッフには悪評を頂きました。

帰宅後、体調不良でベットから起き上がれませんでした。


ちなみにImnトレ・Nakトレは優秀な人たちですが、
オイラと一緒の時だけ人格が変わります(爆笑)









にほんブログ村 病気ブログ 頚椎損傷へ
にほんブログ村




4

『台風・・・猛暑・・・冷夏?』  徒然に

今年は、地震や原発事故以来、どことなくおかしい。
台風・・・猛暑・・・冷夏?

クリックすると元のサイズで表示します

蝉もあまり鳴かず、野菜の出来も悪く。
あげくに、放射能の脅威で食品もままならず、
大地まで悲鳴を上げている。
そんなだから、この体も悲鳴を上げても仕方ないだろう。
モチベーションは、下がる一方。
仲間とも話したが、震災以来心の杖が折れたように、
踏ん張りがきかないと意見が一致した。

クリックすると元のサイズで表示します

暑さがこもれば鬱熱になり熱中症となる。
暑いという刺激(信号)は、脳に戻りしゃく熱感になったり、
痛みや痺れを助長し、普段より強く感じさせる。
この感覚は、やる気と行動力を削いでいく。
リハビリの妨げになったり、ベットに横になる時間を長くする。
何千キロも離れた台風の気圧変化も、
同じく体に同じような変化を引き起こす。

それでも、無理しなければ仕事もでき、
日常生活に問題はない。
逆に言えば、だからリハビリなどの時間は削られる。
焦りも感じなくなった(苦笑)
やはり、涼しい方が過ごしやすいのかと思うこの頃・・・・

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します















にほんブログ村 病気ブログ 頚椎損傷へ
にほんブログ村













1




AutoPage最新お知らせ