『だまされた わたしが 悪いのよ』  J-Workout

クリックすると元のサイズで表示します


日曜日はJ-Workoutの日、お天気は上々車の中はエアコンを入れるほど、
しかし駐車場につき、窓を開け、タバコ一服つけべーとしたら。
寒い!!・・・風が寒い!!・・・景色に惑わされた。
いやー、あんべ(あんばい→調子)悪い。
ママちゃんが作ってくれた、特製オカカおむすびおにぎりを一つたいらげて、
いざ出陣!!・・・・の前にシッコを。
先日、国リハに行った際に簡潔式バルーンカテーテルを頂いてきた。
レッグバッグはついていないので国リハの売店で購入。
何故かというと、J-Workoutトレが10時30分なので、
自宅を出るのが8時30分過ぎになる。
運悪くというか朝9時前後はシッコの生産タイム、
量産に量産を重ねる腎臓さんは偉いが、お出かけにはちょいと困る。
自宅であれば、すぐにトイレに入れるが、
車の中で『シッコ!!』とでも言いようものなら、
ママちゃんのこめかみがムカッ怒マークに・・・・
『ハイー』と、言ってはいるが顔は笑っていない。
それを2回もシッコ・ギブしたら、お口を聞いてもらえないTдT
先日、仲の良いクライアントさんと話をしたが、
やはり同じで、途中コンビニによってトイレ用を足すと言っていた。
私と同じで尿意はわかるが、たまに前触れもなく急激にたまると、
5〜10分の余裕のない強い尿意がくるので困ると言っていた。
と言うわけで、あまり使いたくはないが秘密兵器登場と相成りました。
見て見たら、『おおおぉぉぉぉーーーー´Д`』750mlのバックがいっぱい!!
これなら、2回もシッコ・ギブをしていたはず。
お口も聞いてもらえず、嫌ーな時間を過ごしていただろう。
下ネタはこれぐらいにして。

本日の担当は、カウントの魔術師Naトレ&ワルキューレこと、
アイダホ・オレアイダのポテト娘Nbeトレ。

今回も、会話らしい会話はありません、期待しないでください("¬")
まぁーー、体調不良でやる気、無しなんだからしかたない(ノД`)。
画像もありません、ママちゃんは去年ホームステイに来た、
台湾の娘さんへのプレゼントを買いに消えていきましたので・・・・

ストレッチ台へのトランスで、『おうちへ帰りたい!!』連呼。
Naトレーナーが、『それですか・・・・^o^;
百聞は一見に如かずと言うことで、痙性の強い体をあちらこちらと、
Naトレは確認。男に触られるのは、お嫌いです(笑)
確認後、スリング運動。
ツイスト運動の時、Nbe姫トレに『いい?』と聞く。
姫は、何のことだかわからず無言・・・・?
オイラは、吹っ飛ばしてやろうと思っていたが、
さすが、ポテトMsアイダホ・ポテトは違う、しっかりとフォールドしながら、
『そう言うことですか』と笑っていた。
あまりにも筋肉の収縮が強いので、
うつぶせになりハーフボールにもたれかかり、
ももにはストレッチポールの荒技。
Bobby君のような趣味はないのだが・・・・(S爆笑M)
その後、基本姿勢からバランス運動、そして揺らぎ運動。
このストレッチポールは、米国ではフォームローラーと言い、
一時期、治療室でも使っていた。

ネットで、【中枢神経疾患用エクササイズパッケージ
立位姿勢安定化・立ち上がり動作改善プログラムを見つけたので、
リンクを張っておきます。
http://jcca-net.com/library/downloads/hws/11.pdf

尻にスリング・コードの補助をしGreen Walkerでスクワット、
毎度のことなれど、涙かギブを出さないと休ませてくれないNaトレ、
話に夢中で忘れているのかと思うほど、トレーニングさせてくれる。
B型なので、天然なのか意図的なのか解析不能。
Adductorマシン、はじめからおもり4、途中不敵な笑いと共に、
おもりが5に・・・・(T_T)ジヌーー(死ぬー)

移動やポジショニングするたびにNbe姫トレは、
体の負担が少ないように、ちゃんと腰割をして、
トランス補助の姿勢が取っている。
ポテト大学で、トレーニングを受けてきたのだろうか。
そして線が細いのに、思いの外、
イエローストーンの間欠泉のようにパワフル、
さすがオレアイダのポテトを喰っていただけのことはある。

TGも調子よく、ほぼセルフでゆっくりと屈伸できた。
それはいいのだが、Naトレはそれをいいことに、
『後何回』が多いこと、後と言われれば、
それで終わりのはずだが終わらない、
『後何回』が続く・・・・
さすが!!カウントの魔術師Naトレ、ちゃんとB型の野生の感で、
『右後3回』『左後5回』と、追い込みの効く回数を見極めている。
私にとっては『タイタンの戦い』の英雄ペルセウス、
ポテト姫はアンドロメダーってところですかね。
このくらい褒めとけば・・・・わっははは・・・
しかし、凸(▼▼〆)Cool.Tトレに言わせると、『天然ですよ!!』
おいらは、その件についてはノーコメントです。
TG終了後、思わず、

クリックすると元のサイズで表示します『だまされた わたしが 悪いのよ』(俳句調に)と、一言。

トレ二人は、笑っていた。
そのあと、ブーたれていたので、うつぶせで手指を、
二人のトレがやさしくPower Plateに当ててくれた。
トレ終了後、

『歩くまでの距離は短いのに』

『越えなければいけないハードルは高いね』と、Naトレに話したら。

『何となくわかります』と答えてくれた。

まぁーー、疲れますよオイラだって・・・・はぁ・・・・
クリックすると元のサイズで表示します
4

『のびない、なぁ・・・』  リハビリ

クリックすると元のサイズで表示します

今年は、天候不良らしいが、それにしても身に応える。
相変わらずの痛みと痺れ、さらに下肢のむくみ。
とどめは痙性麻痺による異常な筋緊張があり、
ほとほと難儀をしている。
学生時代に、ダッシュ30本連続した後の、
あの筋肉のパンパンに張って痛、腫れぼったいあの感じだ。
ベットに寝れば、ぴーんと硬直したように伸びきり、
ピクピクしたかと思うと、ガクンと膝が曲がる。
就寝すると、胸から下に灼熱感があり、筋肉が引きつり、痺れて痛む。
朝起きる頃には、手足は強く曲がり伸ばすのが辛くなる。
腹筋に強い痙性が入ると、横隔膜の運動を妨げ、
一過性の呼吸困難になる。
生身で生きているのに、
さながら地獄の一丁目あたりを散歩しているかのようだ。
行ったことはないが・・・・

J-Workoutのトレーニングにしても、自宅リハにしても、
この筋肉の緊張がじゃまをする。
立位保持が出来ないのが今のところの悩みである。
極端ないい方をすれば、膝が反張(過伸展)・股関節過度伸展、
腰と背中を反らせれば、ある程度の筋力で立位保持は可能になる。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、私の場合は股関節も膝も0ポジションまで持って行くのが困難である。
立位がダメならば、膝立ちで膝の緊張を少しでも弱めてみようとしてみたが、
膝立ちすらきびしい。椅子にもたれかかって試してみるも、
股関節を伸ばしていくと、膝が痙性で台から浮き上がり曲がってしまう。
それが落ち着いて台につくと、反対側の膝が上がる。

クリックすると元のサイズで表示します

さらに両方の膝が曲がり、尻が落ちる。
仕方ないので、椅子を前にと倒し体の重みで反らせるが、
それでもかなりの抵抗を受ける。
結局、股関節は伸びきらないままになる、
ストレッチばかりでは、緩まないので、その姿勢から屈伸運動をする。
それが終わってから、うつぶせになり、
ストレッチをかけながら、うつぶせ・四つん這いの運動を繰り返す。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

J-Workoutでも、ストレッチをかけるが、
痙性を神経疎通させ統合運動へと向かわせるために、
様々な運動をするが、私も同じ考え方だ。
最近、仲良くして頂いているクライアントの方がいる。
その方も、頸損であるが歩行が出来る。
お目に掛かった頃は、完全な痙性歩行でつま先立ち歩きされ、
ぎこちなく、足の着き方で痙性が起こり転倒しそうなこともあった。
しかし、先日久しぶりにお会いして歩行を観察させていただいたが、
かなり改善され安定感があり、スムーズに歩行しておられた。
やりは、以前から書いていたように動かして緩めるは、
理にかなっているのではないだろうか。
ようは、ある一定量の運動が必要であることと、
個体差によるものであろう。

まだまだ、歩くのには課題が多すぎる。
少しは、季候が良くなり楽に課題に取り組みたいものだ。
9

『夫婦deランチ』  のんびり

クリックすると元のサイズで表示します


午前中仕事を休診にして、サボりにサボった国リハの泌尿器科へ受診。
カテーテルや消毒剤などが底をつき、
嫌々なれど背に腹は代えられず・・・・はぁ・・・・
思ったよりも空いている、
今度は、予約してエコー検査をしてもらおう。

お昼近くに終わり、帰り道に「夫婦deランチ」することに、
普段なら100円マックなのに(これ言うと、ママに叱られる)、
今日は、何故かというと言うと、日頃ランチしまくりのかみさんが、
自分ばかりでは申し訳ないと、
先日、J-Workoutのクライアントの奥様とランチしたバイパス沿いの、
フライングガーデン入間店へ。

ランチタイムに、食事に行くのは何年ぶりだろうか、
出るのがおっくうだし、仕事のある平日は何かと急がしいし、
リハビリもあるので、先ず外には出ない。
店内に入ると、主婦達の多いこと、
オヤジが稼いでいるとき、主婦は上手く命の洗濯。
かみさんに言わせると、オジさん達は遊び方が下手、
お金の掛かる遊びばかり、そこいくと主婦は、
1000円あれば遊べると豪語。
確かに言われてみると、片腹痛い。
それでも、息子に言わせると「回数が多ければ同じだ」と、
かみさんに楯突いていた(いいぞ、もっと言え)
それでも、かみさんの情けでランチ出来るのはありがたい。
それにしても、安い・・・・
二人でオーダーしたのは、
ハーフチキンとコロッケのランチセット
580円(スープー・ライスおかわり無料)
ランチドリンクバー150円

クリックすると元のサイズで表示します

デザートを頼んでも、1000円で足りる、
これなら主婦がたむろするのもしかたないか・・・・


7

『さくら・・さくら・・・』  J-Workout

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

テレビを見ていると、あちらこちらの桜便りが届く。
巷では花見の話が盛んだが、
わたしは、この時期の体調不良と嫌な思い出があり、心は弾まない。
発病して入院したのが1月の半ば、その前後の記憶があまりない。
総合病院の救急に運ばれたことと、手術前にかみさんが不安そうにのぞき込み、
『がんばってね』の言葉だけ。
手術後の激痛と再起不能宣言を聞いて抑鬱状態になり、
総合病院の記憶と、発病前の記憶の一部が消えた。
国リハの記憶は残っているのに・・・・


クリックすると元のサイズで表示します


その総合病院の周りには、桜の樹がたくさん植えられている。
雪の日もあった、寒い日々を通り過ぎ桜が咲き始めた頃、
かみさんが、窓の外の桜を見てわたしに見るよう促した。
『桜の咲く頃までいるつもりじゃなかったんだ』
と、わたしは号泣した。


クリックすると元のサイズで表示します

日曜日は、J-Workoutのトレーニングの日。
首都高速から見える桜も、そろそろ散りぎわの様子。
ひとひら・ふたひらと風に流れていく・・・・
暑い・・・・
こんなに寒暖が激しいと体がおかしくなりそうだ、
最近の体調不良も、この季候によるところが多い。

【本日の担当】
 ⇒Na&Kpt(新人トレ)

Kpt君は、佐賀出身とのこと。国立大学を出てPTなられた秀才。
(今後のこともあり褒めときました・・・笑)

佐賀と言えば・・・・
佐賀県→伊万里焼、有田焼、唐津焼→吉野ヶ里遺跡
 →はなわ(埼玉県出身)→松雪泰子・江頭2:50
 →古賀稔彦(柔道)→佐賀牛

正直、なじみがないし佐賀の姫と付き合ったこと
もないので、
よーーわかりません。

お約束どうり体調を聞かれたので、
『おうちへ帰りたい!!』
Naトレーナーが、
『もうですか・・・・^o^;汗』
ストレッチ台に乗り、基本運動・スリング後、スライディングボード。
TGは、補助無しでゆっくり屈伸運動ができるほど調子が良い。
初めての四つん這いに挑んだが、C5の悲しさ腕が持たずCats&Dogsに変更、
腰は上がるが、背骨がぴくりとも反れない、相当硬いがここまでとは・・・・
かみさんが馬乗りになっても反らないわけだ。
スタンディグフレームは、かなり後ろに反っても前に倒れる、
殿筋の弱さか・・・脊柱の硬さか・・・
何にしても立位保持が出来ない。
自分なりに考えてみる。

1.膝の伸展障害から膝が伸びないから、骨盤が立たない。
  脊柱を背屈することでカバーしたいが、
  脊柱の背屈制限と体の前の筋肉の筋肉の緊張のため、
  前に倒れ込むようになり、尻抜け状態になる。
前に倒れないように腕で支えるが、時間の経過と共にきつくなる。
それならばと、腕でバーを押し無理矢理背屈させようとしても、
反りきれず、膝が曲がってくる。
モグラたたき状態は否めない。
そうするとどこか影響をする部位の動きを止めるしかない。
膝から下の動きを押さえて、上だけでトレーニングするのも良いだろう。
やはり、膝立ちから進めた方が良いのかもしれない。
自宅では、最近サボっているから、また始めよう。

クリックすると元のサイズで表示します


ゲートトレーナーにて終了。

もちろん今回は、画像はありません。
相棒は、ららぽーとへと消えていきました。

Kpt君は、理学療法士さんなので、いろいろと質問してくれます。
医療的トレーニングを受けているので、振動覚や位置覚、疼痛の事など、
こういう別の引き出しを持っているトレーナーさんが増えることで、
J-Workoutも進化していくのではないかと思います。

それにしても、疲れた・・・・はぁ・・・・
自宅トレも失速気味、誰のためでもなく自分のため、
可愛い?!お尻を上げないとなぁ・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
10

『春の嵐』  リハビリ

歩くのを諦めたら きっと 楽になるだろう
もし歩けるようになったら もっと 楽になるだろう


(by:Heppoko)              



窓の外も、季候の移り変わりを感じさせる。
さくらを愛(め)でるいとまもないほどに、
私の体も嵐のように移り変わっていく。
しんどい・・・・
とにかく、しんどい・・・・
痛み・しびれ・痙性・痙縮、どれをとっても話にならない。
仕事がなかったら寝込んでいるのかもしれない。
そう考えるとありがたいが、体は悲鳴を上げている事は確か。

思うようにリハビリも進まない、不安ばかりがよぎり、
焦りと落胆が入り交じる。
どの程度運動能力が落ちているのだろう・・・・
自分では、判断できない。
痙縮のため、上向きには寝られない、
呼吸を助ける筋肉が縮んで上手く呼吸が出来ない。
車いすに乗っていても苦しい。
肘や膝が曲がり、起き上がるときには、なかなか伸びず難儀をする。
カチカチ山の狸のように、背中と胸お腹が焼けたように熱く痺れ、
引きつり痛みが走る。
ここのまま死んで、地獄の業火や針の山に落とされても、
耐えられるかもしれないと馬鹿なことを考える。
わかる人だけわかればいい、想像の範疇を超える話なので。

それでも、図太いと言うか、ふてぶてしいというか、
この性格に育ったことを自分に感謝する(爆笑)
さしずめ、形状記憶ハート。
簡単に心折れるが、コーヒーとチーズー・ケーキぐらいで、
元に戻るほどのタフさがありがたい。

愚痴ったところで何も始まらない。
しかたないから、試しに歩いてみようと・・・・
どのぐらい歩けるのか・・・・
もし歩けなかったら・・・・
歩いてみれば、今の自分が見えるかもしれない・・・・
立ってみた、痙性で体が踊る。
安定するまで待つ、右足が流れて後ろにバランスが崩れた。
すかさず息子が戻してくれた。安定したところで歩き始める。
尖足(つま先立ち)ぎみで足の運びが悪い。
それでもいかばかりか歩けるようだ。
痙性が強く脚が突っ張るが後戻りはしていないのだろう。



11




AutoPage最新お知らせ