7月29 日  リハビリ

曇ったり、晴れたり、そして暑い。

風は強く、風に当たるとなま暖かい変な天気・・・

こういう天気はかなわない、体調が悪りい・・・・

カーっと身体が熱くなり、痺れと痛みが出てくるが、それでも年々症状は軽くなってきている。

頸髄神経を損傷したため発病後自律神経の機能が著しく落ち体温調節がうまくいかない、

汗をうまくかけず赤ん坊のように熱がこもり鬱熱なるのだが、

今年はクールダウンすることはほとんど無い、そのぶん身体に汗をかくようになった。

朝、干渉波EMS(下肢モーター・ポイント)、フット・マッサージャー、関節運動、ストレッチ、

足・趾のマッサージをかみさんから受ける。

昼食後、息子の通っている高校の野球部が甲子園をかけての決勝戦だったので、

リハビリを休みテレビ観戦、何とか辛勝、家族で盛り上がった。

かみさんは、昨年春の大会も応援に行ったので、おいらを留守番に夏の甲子園に行くらしい・・・・




昼寝をしようとストレッチ台に乗り移ったが余力が残っていたので、

単座位で、前屈起きあがり運動、足振り運動(両足・交互)を行った後、

四つんばいで、腰振り、ボックス、cat&dog、腕立て、背屈ストレッチ、

疲れたので側臥位で体幹運動(骨盤帯・脊椎・肩甲帯)をこなした。

嫌いな腹筋をサボっているのでやらなければ・・・

まぁーー疲れること。そのままお昼寝させてもらった。  クリックすると元のサイズで表示します 


夜は、のんびりと過ごすことにしました。 
7

女王様?!  JW

26日の日曜日は、朝から暑い日になりました、風はあるのですがとにかく暑い。

JWは、夕方からのトレーニングなので、近くのモールへ髪を切りに行きました。

色気もなく面倒くさがり屋の私としては、毛が短い方がいいので「坊主頭」を希望、

対するかみさんは、短いのは良いが「坊主頭」は反対、

うんじゃどうすんべえ・・・・床屋のおばちゃんに

『前の人と同じで良いです・・・・』と、スポーツ刈りをオーダー。

( ■ ) そんな・・・

坊主とスポーツ刈りそんなに変わりはないと思うが・・・・

無事、髪を切り終えてかみさんに

( ̄ー ̄)ニヤリ 『どう、似合う

かみさんがおいらを見て

( ´∀`)=3 『ぷっ・・・いいじゃん』

後は何も言いません、ご想像お任せいたします。

そのまま、圏央道にのり八王子を通り首都高速へ、

最近かみさんの運転もなれてきたようで安心して乗っていられるようになった。

車窓からは、夏の日差しと風に吹かれる木々が見える。

駐車場についてドアを開けると暑いけれど心地よい強い海風が吹き、

ビルで風切れの音が聞こえてきました。

トランスが思うようにいきません、10日間休んでいた身体は正直で、

自動車に乗っていているときも脚の位置さえ変えられなく、

窮屈に感じるほど上手く動かすことが出来ません。

そんな状態でトレーニング開始です。

本日のトレーナーは、某ブログで有名な女王様こと、チーフトレーナーYさんとアシスタントI君、

女王様が、おいらの顔を見て『私の名前知ってます

『はい、女王様

『何でそうなるわけ』 (;゚Д゚)スイマシェン

BOBBYさんのブログで・・・・』怖いよう (T△T) 

本日は、トラブルの状況を話しやさしめのメニューでした。

ストレッチ台のメニュー後に、立位で固くなった筋肉・靱帯を伸ばし、

そのあと逆さ張り付けの刑に、おかげで固くなった身体がゆるんだ感じです。

POWER PLATEで、トラブったかわいいお尻振りや四つん這いからcat&dog、

膝立ちに移行してちぢみこまった身体を振動とともに緩めてもらい気分は最高でした。

女王様・・・いえ、アダルトYトレーナーは、小柄ながらどこにそんな力があるのかと思うほど、

activeなおかた、アダルトと言ってもとても大人の女性という意味で、

大学の運動会系の先輩みたいに気さくで、ちっぴり?厳しさを持った 素敵な女性でした。

ちっと、ほめすぎかなぁ・・・・次回のこともあるし良いか。

アシスタントI君は、性格の良いNHKの体操のお兄さん、いつも笑顔でいやされます。

よし、こんくらいほめときゃ次回は、やさしいべぇ。

その後TGをやりましたが、つま先に力が入らず休んだ余波が如実に表れていました。

もう少し出来るんだぞと言っても悲しい叫びにかわるだけ、

何か悲しい・・・・(。;_;。) シュン

最後に、チャリは好きかと聞かれたので、大っ嫌いですと言ったら・・・・

『は〜い、じゃやりましょう』

『えっ・・・・嫌いやて言うたやん』

さっさと連れて行かれ、足を固定され、えっちらこっちらこぎ始めたのですが、

やはりおいらはチャリ漕ぎなんか

『大っ嫌いだ〜〜

そしたら、クリックすると元のサイズで表示します天使のYトレーナーら一言

『あ〜ら、無口になっちゃったね』

『・・・・・・・』

口聞けないほど辛いです、そして、とどめの一言

『は〜い、止めちゃダメよ』

と、優しい笑顔、う〜んある意味BOBBYさんも一理あると思います。

終了後、そばにいたcoolguy ・ Yトレーナーから

『Yトレーナー書いて、Tトレーナーと呼びます』

と、言われてしまった、すいません間違えました。

何だかんだって言っても、このブログ見られているようです。

出入り禁止にならない程度にはじけて、これからも続けます。

最後に、トレーニングはそのときのクライアントの状態でメニューが変わるようです。

それぞれのトレーナーが、判断し適切なものを選び目的に添って行われます。

次回は、無口にならないように課題にそって自宅でがんばります。

しかし・・・・

帰宅してから、どっぷりと疲れが出てクリックすると元のサイズで表示します倦怠感と筋肉の張りがあり、

PCのキーもマウスも操作できない状態でした。

今朝起きたら全身筋肉痛と筋肉の張りがあります、クリックすると元のサイズで表示します

軽いと思っていたのにしっかりとトレーニングの効果は出ています。

きょうは、この効果をより高めるために休息することにします。

6

負の連鎖  リハビリ

クリックすると元のサイズで表示します


ご無沙汰しております。

思わぬトラブルが発生して、仕事、ベット、トイレの生活を10日ほど過ごしておりました。
トイレに入った際にお尻の皮膚を便器で引っ張って傷を作ったようです。
夜シーツを見るとクリックすると元のサイズで表示します血痕・・・・  クリックすると元のサイズで表示します そんな・・・
かみさんに見てもらったら、小さい傷を発見  (;´д` ) トホホ
これ、悪化したら国リハへ入院の危機、リッター(ストレッチャー型の車いす)に腹這い生活。泣くに泣けない、てなわけでラップ療法を試してみることにしました。26日にはJWトレーニングもあるし早く治してしまわねば・・・・

おかげさまで4日ぐらいで傷がふさがり表面も乾き事なきを得ましたが、そのまま保護のためラップ療法を続け、そのあとは皮膚の保護剤のみとし除圧のため仕事とトイレ、食事以外はベットで安静をとり、リハビリはやめて軽いストレッチのみとしました。
この時期は、蒸したり暑かったりで、車いすのタイヤもキューキュー音がします、お尻と便座も湿気により張り付いてしまうので、ひょんな動きで弱くなっている皮膚が傷つくこともあります。僕の使用しているトイレは、仕事場のトイレなので便座カバーをしていなかったのも原因のひとつかもしれません。昨年より、汗の出る部位が広がっているのも、もう一つの要素かも、以前は乳首あたりから上でしたが、お腹からお尻あたりまで汗をかいているようです。あとは股関節のしわ、膝の裏です。時たま下肢全体にもかくときがあります。かなり自律神経系が働いてくれているようです。

トラブルというのは続くもので、かわいいお尻(笑)の問題で精一杯なのに、
巻き爪まで悪化(T△T) アウアウ〜

それに加えて気候の変化で、痛みと痺れが強く仕事していると我慢顔になり逆に患者さんに心配される始末です。顔に出るようですとかなりきているのだと思いますが、これに効く薬も治療もないので、我慢しかありません。友人からは、いつでも薬を出すからと言われていますが様子を見ています。早く良い薬が出来るよう願うだけです。

そうだ、巻き爪は25日土曜日に、巻き爪の大家、町田先生にワイヤーを入れて頂きました。

巻き爪治療の帰り道、夏の日差しの中、狭山茶の夏芽が強い風に揺れ水面のように輝いていました。今年は、トンボが多いようでたくさんのトンボがフロントガラスすり抜けて飛んでいきました。
暑いのに・・・・   風が強い・・・・


JW編に続く・・・・・
1

梅雨明け  リハビリ

こちらお江戸の奥座敷も、梅雨明けしました。
仕事場のブラウインドから差し込む日差しは夏らしく目映いばかりです。
朝方少しの時間だけ窓を開け外の空気の入れ替えをします、しかしすぐに暑さのため窓を閉めエアコンのお世話になりますが、快適に仕事は出来ています。
身体の方は少しずつ楽になっているようです、運動をしていた方が身体の調子は良く、わずかずつですが身体の変化もみられます。色々な運動や新しい運動を試しながらやっていくと、自分の身体の状態が見えてきます。筋力の弱いところ、動作の手順などさまざまなことが見えてきて、それをひとつ一つ少しでも良くするように汗をかきます。
最近は、四つんばいの運動時に電気を流したり、体幹部のねじりの運動をしてみたりと、新しい運動を入れておこなっています。動くほどに痙性も良く出ますが、出た痙性は無駄にしないように利用します。 
座って出るときはそのまま放置したり、モモの内転筋ならば一緒に動かして閉じたり開いたり、止まりそうになったら内ももをタッピングして刺激を与えます。寝ていて大腿四頭筋がピィーンと来たら脚上げ、お腹もきたらついでにV字腹筋、腸腰筋なら膝曲げとレパートリーが増えました。これをやっていると痙性の出し方がわかっていきます、そうするとやりたいときに運動が出来、そのうちに意識した運動(随意運動)につながってきます。それを越えると痙性が出たときに逆モーション(逆の運動)を行うようにするとさらにコントロールがしやすくなると私は思っています。あくまで私の感じた感想ですが。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

手順についても考えなければなりません、現在立ち上がりの練習をしていますが脚の位置も、意外と重要になります。病院のリハビリで装具をつけて起こしてもらい平行棒に立ち上がるのに苦労した人もいると思います。健康な人が膝を片方だけ伸ばして立ち上がろうとしてもなかなか立ちあがれません、本来立ち上がるのに膝を90度以上曲げて立つのが理にかなっているらしいです。ですから立ち上がりの練習するときはあらかじめ曲げておくか、立ち上がる直前に車いすの座面から前にお尻を移動して膝に角度をつけて立ち上がります。ただしあくまでも私の身体の状態に合わせて行っています。
このように手順も、人間の構造的なものも考え行うことで効率よくこなせることも多いのではと思います。


O型、根性無しで泣き虫のわたしは、いつも楽しようとくだらないことを考えています。 

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


次回のJWのトレーニングを効率よく受けるため、暑さに負けずアイス食いながら頑張ろう。(^_^)v
9

手  リハビリ

クリックすると元のサイズで表示します


高位頸損の私の場合、手首から先の機能障害は致命的と言っていいでしょう。
手のひらを上に向けて顔の方へ手首を曲げる(掌屈)ことは困難です。
指もわずかに動くだけです、いわゆる医者が言う実用的でない運動です。
何か悲しい言い方です、これで傷つく人がたくさんいると思います。
最初に入院した病院の医師は、わずかに動きだした指を見せて報告したとき、

『だから何?』

即死です、もう少し優しい言葉が欲しいと思いました。

『それじゃ、車いすなんか乗れないよ』

この言葉がとどめで、何があっても歩いてやると思ったものです。


上肢のリハビリの資料が欲しくて調べていたら


大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 生理学研究所(NIPS)


というサイトを見つけました。


このNIPSは、国内唯一の人体基礎生理学研究・教育のための大学共同利用機関だそうです。人体の生命活動の研究機関であり、特に脳と人体の働きの総合的な解明とそのための国際的研究者の育成を究極の目標としており「ヒトのからだと脳の働きを大学と共同で研究し、そのための研究者を育成している研究所」だそうです。研究を通じて、人々が健康に生活するための科学的指針や、病気の発症メカニズムの解明のための基礎となる科学的情報を与えることが目指だそうです。

こちらの論文の中に、英国の脳神経専門誌「ブレイン」の電子版に掲載された。

脊髄損傷からの機能回復:筋肉の活動が回復を手助け
— 効率のよいリハビリ方法の開発へ期待 —

(伊佐正教授と西村幸男研究員(現ワシントン大学)の研究チーム)

というものが出ていました。

概要は、

脊髄損傷(脊髄の部分損傷)で指を動かすことができなくなったサルでも、リハビリテーションを続けることにより指の運動を回復することができ、その回復過程において、指の筋肉が、脳(大脳皮質の運動野)の働きとは関係なく、互いに協調してリズミカルに活動するようになり、機能回復に貢献しているそうです。機能回復程度の診断や、いかにしてこの回復に重要な神経活動を外部から刺激し、効率の良いリハビリに結びつけるかが課題だそうです。


詳しくは、サイトにてお読みください。

論文情報
A subcortical oscillatory network contributes to recovery of hand dexterity after spinal cord injury
Yukio Nishimura, Yosuke Morichika & Tadashi Isa
Brain, 2009年1月21日電子版掲載
4

白クマアイス  徒然に

今年の梅雨は、降ると言えば降らず、降らないと言えば降る、変なお天気。

それにしてもお江戸の山奥には、まとまった雨はあまり降らず、

まっこと気まぐれな天気に弄ばれ泣くに泣けづのおいらの人生。

何処へ・・・・

こんな時は食い物の話が一番テンションが上がる。

とにかくにも蒸し暑い(;´Д`) 

エアコンは、極力使わず午前中、風のあるときはなるべく窓を開けてもらい身体を慣らす。

発病当初より、温度調整が幾分出来るようになっているのだろうか。

クライオパック(冷却剤)や霧吹きのお世話になることも、1シーズン数回になった。

JWのトレーニング中も、室内は温度調整されていて今のところ水分補給のみで事なきを得ている。

最近のお楽しみは、白クマアイスを食べること。あまり食べると体重超過になるが、

どうしてもやめられない。

カップと棒アイスどちらも美味しい(;・∀・)ρ + ゥマッ・・・ +

練乳味にフルーツや小豆が入っていて夜リハ後のクールタウンにはおすすめです。

メタボの方にはおすすめしません。

(;・∀・)えっ・・・?

おいら(´∀`∩)気にしないでください。

わっははははは・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します
0

梅雨空とともに  リハビリ

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


先日、車いす上で運動中後ろに倒れた、倒れても良いようにストレッチ台が後ろにあるところでやっていたため、難を逃れたが・・・・
かみさんにSOS(>_<)
ストッパーをし忘れた、事務処理の息抜き中だったからかも。
滅多に後ろに倒れることはなかったはずなのに・・・
タイヤがパンクした際に車軸前に移動してもらったが、倒れそうになったことはあっても倒れることはなかった。

私のおしりの筋肉は、特に麻痺が強く下っ腹を押し出すことが苦手です。入院当初からみるみる筋肉が落ちていきかみさんに写真を撮ってもらいましたが、お年寄りのおしりのようにお肉はなくなり骨が突き出ていました。
かみさん曰く「ぞうさんのお尻」みたい(゚д゚;)
国リハに移ってからもHip liftの運動が苦手でした、お尻がなかなか上がらない・・・・
出来ない運動したくない、とサボっていたため今も苦手です。息子に手伝ってもらっても上がりにくいし、JWでも二人がかりでサポートしてくれますが尻が重い・・・・( - _ - )ゥゥン!
それでも、ストレッチ台や車いす上でじみーーにこなしています。
さて先ほどの話に戻ります、生まれつき根性・努力が嫌いなへっぽこですから、いかに楽してやろうかという悪知恵だけは働きます。車いすの上でシーソーを真似て楽にしようと上体を後ろに倒し足で突っ張るようにしてお尻をあげていき上体の倒す角度と足で調節をします。これだと負荷調節が出来回数がこなせるので暇があるとやるのですが、サポートしてやる方が効果は上がるでしょう、でも一人でも出来るのでやる価値はあると思っています。
てなことで必然的に倒れる危険はあるわけで、それに備えなければいけないのは当たり前なのですが、今回倒れたのはなぜかと、無い頭を使い分析すると座面の位置の変化、そのためによる座位姿勢の変化、
何か固い言いかただなぁ・・・・
私は、C5〜Th2の神経が損傷していますので麻痺のため背骨をまっすぐに立てていられません。頸損の方と脊損(胸・腰・仙髄)の方の車いす姿勢は違ってきます。座面を前にずらしてリクライニングにしていないと前に倒れてしまうのが頸損です。すっと背筋が伸びているのが脊損の方に多いです。
だからなんなんだということですが、JWで出来ない部分までのトレや新しいトレが増え、自宅でやらなくてはいけないトレも見えてきたおかげで、体幹部にも変化が出てきたと言うことです。体幹に力がついてきて支えが強くなった分座る姿勢が変わってきているというこです。それにより前にずらしていたものが後ろに深く座ることが出来る時間が増えました。そのために後ろに倒したときに以前よりシーソーの台が伸び同じ感覚で倒したため、天井を見るはめになったということです。

いやーーー、文章力無いから長ったらしいなぁ・・・・すいません

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


ついでに、ほかの変化も少し書かせてもらいます。最近は休養する日を取り、やるときはハードにメリハリをつけ身体の回復にも気をつけています。
足振りは好きで、と言うよりはよく動いてくれるので、ついつい100回を5セットという馬鹿なこともします。腸腰筋(大腰筋・小腰筋・腸骨筋を合わせた総称)や大腿四頭筋、前脛骨筋のトレーニングなります。しかし同じやり方ではなく、ゆっくり動かしたり左右別々に動かしたりと変化させています。最近、変化を見せたのが左右別々に動かす運動です、同じように振るのも実は大変なことなのですが、左右独立させて動かすことはかなり神経の回復をみないとできない複雑な運動です、健康な人でも左右別の運動をするとぎこちなくなるように、麻痺している脚を独立して別々の運動をするのは困難な作業になります。それでも短時間出来るようになってはいたのですが、最近は長い時間完全に独立した運動が出来ています、そしてその感覚も意識して出来ていることはかなりの収穫です。 





こちらに出ているリハビリやトレーニング法は、医師や脊髄損傷回復スペシャリスト等と、
相談・指導監督の基に行っていますので、絶対にまねしないでください。
許可のない当ブログリンクや文章・画像の転載は固くお断りします。

6

七夕  リハビリ

月曜日の朝は、さすがに起きられません。
体中が筋肉痛のようで、痛むわ攣れるわ痙性でかっちんかちん・・・・
身体がだるい、重い、置き場のない感じ・・・
恐るべしJW、いやニュー悪魔コンビ!!(爆笑)
ベットからでれず、朝リハはEMSとかみさんのストレッチとマッサージのみ。
午前の仕事も泣きが入りそうでしたが何とかこなし、昼休みは昼寝しようと思ったら・・・・
おふくろが、親父の三回忌の相談で来たためあえなく予定変更(>_<)
午後も、鉛の入ったような身体にむち打ち何とか終了、夜リハ何ぞ出来るはずも無し。
早寝しようとPC前にいたら爆睡・・・(-_-)ZZZzzz
気がつけば12時半・・・まずい早く寝よう、お肌に悪い。
トイレに入り出てきたら・・・・?
気がつくと入り口を出たところで爆睡・・・(=_=)ZZZzzz
なんですと!?
夜中の3時半・・・・(-_-;)悪夢じゃ!!

今朝は、かみさんに泣きを入れストレッチとマッサージのみ。
昼は、根性入れてストレッチ台で軽めのトレをしたが身体が軽くなった。

夜、仕事が終わってから食事のため外室。
息子の試験も終わり、JWでエネルギーを使い果たした?おいらのために・・・?!
近所のステーキ・ハウスでエネルギー充填(笑)
明日からまた頑張ろう。
このまま寝るのはもったいないので、ストレッチ台で単座位にて前屈・起きあがりをスローペースで100回と足振りを300回やりましたので、ここいらで寝かせてもらいます。
それにしても、身体の痛みと張り、痙性が横になっても良くならない、でも良い感じだし立位にしてもらっても力の入り具合は良い、文句言ってはバチが当たるかも・・・・
次のトレーニングは、おぼえておけよニュー悪魔コンビ!!(爆笑)
なんてね、次回は優しく人並みにお願いします。

クリックすると元のサイズで表示します
0

ボロボロです・・・・  JW

昨日は、久しぶりのJWの日、試験中の息子を残してかみさんと首都高をドライブ。車いすになってから会話が増えました。振り返れば会の役員のため深夜までの会議やトレーニングジムに入り浸ったりと、とても良い旦那や良い父親ではなかったと反省しきりです。最近はゆっくりと話をする時間が出来たので、家族との絆も深くなってきたのではと思います。好きな音楽をかけナビを頼り豊洲通いももうなれました。おやつを食べながらコーヒーを飲み、たわいもない話や、息子の大学受験の話など話題に事欠きません。もう少し早く、元気なうちにと後悔はありますがこうなったから出来た時間かもしれませんね。

早めについて駐車場でのんびりしていると、お天気の割には窓から流れてくるのはとても涼しく心地よい風でした。ウォーターフロントには、景色の良さそうなところがたくさんありそうです。ジムからの景色ものんびりと流れる水面を往来する観光船などか見えます。


クリックすると元のサイズで表示します

さて昨日のトレーニングです。
ストレッチ台の運動、下肢を吊り上げての運動(新メニュー)後、立位トレとチェツク、今回気がついたことはバーに乗せる手の位置です。脊損の方なら、上肢が効くのでしっかりグリップして手首の関節を固定できますが、頸損の私の場合は、バーに手をかけ固定してもらいます、しかし今回すこし手首の上の方で支えるようにするととても安定しました。手首の関節を掌屈(てのひら側に曲げる)する機能が少ししかありません。手で支えたり、押したりすることはほとんど出来ず、支えたり押したりするときは背屈して掌底(手のひらの根もと)と腕を一直線にして使います。ですからグリップして固定して頂くのですが身体を支えるときには手首を支点にぶら下がっている状態となり押し下げる動きになります。手首の上で支えると押し上げる動きになり上体を押し上げ胸や股関節を伸展していきます。もう少し身体を近づけて手でホールドすると、力がないために肘が曲がり肩も上がってきます、苦しくなるので力の強い右に力が入り突っ張るために右肩が上がってしまいます。力尽きると横に流れるか後ろに崩れるようになりす。あくまで私の場合なので勘違いなさらないでくださいね、伸筋が強いためいつも手首が背屈していますし個々の状態がありますので。それが出来ないのは上肢の筋力不足を意味しています。楽な選択をしていることだと言うことです。


クリックすると元のサイズで表示します


そして今回泣かされたニュー・マシーン・・・・
見た目は、分娩台?(爆笑)
はじめは、クールYトレーナーでしたが、ここでへっぽこの天敵モンチッチNトレーナー(Yトレーナーが言ってました、おいらではありません)にバトンタッチ、フル代表の岡崎に似ていると思うが・・・
そして今回初めてサポートしてくれるのが新人女子トレーナーさん、やっぱ女子は良い(個人的意見)。
Yトレーナーの時は、品行方正だったのですが、Nトレーナーに変わった瞬間下ネタ振ったら女子トレーナーを忘れていて、即刻イエロー・カードをいただきました、すいません・・・・(>_<)
ニュー・マシーンですが、膝裏に当てたバーを押し下げるもの・・・・
足の重みでいけそうかと思ったのですが、股関節が90度以上屈曲しているので、押し下げないと動きません。やはりコツがいるようで、股関節を伸ばすだけの意識では上手く動きません。先ず、腹筋のように上体を起こし腹筋を緊張させ、そこから一気に背中(脊柱起立筋や腰部筋)を反らせるようにし、股関節を伸ばす勢いで腸腰筋に痙性を入れ下に押し込んでいきます、その後殿筋・ハムを使い下ろしていきます。あくまで僕のイメージですから・・・・
動き始めると、この悪魔コンビはおもちゃを与えられた子供のように、目を輝かせながらウェートをとっかえひっかえし、どんどん追い込みをかけてきます。

『すいません、みんなと同じ扱いでお願いします・・・・(>_<)』

『ちょろちょろウェート、増やすなぁ・・・・(T_T)』

『へっぽこさん、できるから・・・・(^o^)』と、小悪魔・女子トレーナーのお声。

このお二人の追い込みを最後まで受け、正直、ボロボロでございます。


クリックすると元のサイズで表示します


その後TGをこなし、POWER PLATEにてCAT&DOGから膝立ちトレ、新人女子トレーナーが上肢のロックアシストしてくれたので、すこぶる楽に膝立ち姿勢がとれ、さらに前回よりも股関節に柔軟性がでてきた。
最後にゲートトレーニングで終了。

『おらおら、ひざまづけ!!』

『お代官様、お許しを・・・・』

クリックすると元のサイズで表示します


おかげさまで、帰りの車へのトランスは不能で、かみさんに補助してもらい、ご褒美に菓子パンとコーヒーを買ってもらいご満悦でしたが・・・・

キターーー!!

腰・腹・ケツ・ももに筋肉痛様な張りと痛み、いやぁ・・・・恐るべし・・・・

今朝は、身体がきついです。全身くまなく筋肉の張りと痛み、痙性もありです。普段あまり使わないところまで効いております。
6

天に弄ばれて・・・  リハビリ

毎年、この時期になると泣き言が多くなります。
梅雨の気候の変化は、頸損の私にも色々な影響が出ます。
温度が上がれば、やけどしたような灼熱感や熱がこもってしまう鬱熱、自律神経が傷害されるため体温調節も難しくなります。
だいぶ汗をかけるようになりましたが、この時期から夏にかけては対応し切れません。

きのう、思いもよらずI先生がまた来てくれました。色々と試したいと人体実験?(爆笑)、リハビリを受けました。

体調不良ながらも、後悔だけはしたくないので日々精進です。
日曜日にJWの空きが出たので、かわいがってもらいに行ってきます(^_^)v


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
10




AutoPage最新お知らせ