2009/7/15

粉雪舞う家  日常

タイトルの家は、そう、我が家です。
真夏に粉雪降らしているのはこの方

クリックすると元のサイズで表示します

我が家のデンジャラスガールくるみです。

くるみの脂漏症が超悪化
うちに来て2年半経ちますが、一番悪い状態です。

医者にも通っています。
いろいろ試しています。
でも、シャンプーをすればするほど悪化している気がします。

くるみの脂漏症はどうやら「乾性脂漏症」のようです。
脂漏症にも2種類あって、「脂性」と「乾性」があるらしいのです。
ベタベタするというより、皮膚がかさかさになって剥がれ落ちているという感じです。
尻尾以外の全ての皮膚から薄皮が毎日1枚ずつ剥がれていると想像してくださればわかりやすいかしら?
そのフケが床を雪化粧しています(涙)

掃除機は常に出しっぱなしで、暇さえあればガーガー・・・
ダニのえさになってしまいますから・・・

フケが出るだけならまだいいけど、もちろんお肌は真っ赤。首や胸は脱毛。
いつもポリポリ掻いています
そして更に、舐めまくるのでとってもクチャイです

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

写真で見るより実際はもっと酷いです。
それでもカラーを着けるのはためらわれて、今まで使ったことがありませんでした。
でも、舐めてるうちは良くならないと、とうとうドーナツカラーを着けてみたのが一番上の写真。

これは元々もなかのために買ったものですが、もなかはカラーを着ける程悪い状態じゃなかったので使っていませんでした。

初めてカラーを着けられたくるみは初めのうちは固まっていましたが、すぐに上手にはずしてしまい、再度着け直そうとするとガウガウ攻撃してきました。
結局何度着けてもすぐはずすので、いったん諦め、代わりにもなかに着けてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

もなかは全く抵抗もせず、本当にいい子。
足先がまだ赤く、舐めることもあるので、昼間起きてる時は着けてみようかと思っています。

ところでもなかの脱毛部分ですが、うっすらと毛が生えてきました。
下の2枚は脇の下から胸にかけての写真です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

カメラが白い身体に反射してしまい、フラッシュを焚いたりやめてみたり、いろいろ試してみたのですけど、あまり鮮明に写りませんでした
今度は明るい外で撮ってみます。

もなかの皮膚はあまり心配してませんが、くるみは悩みの種ですTдT


4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ