2015/4/1

主水の受診  Happy Paws

今日は予定通り主水くんの心臓その他の検査に行ってきました。

センターで行なってあった血液検査の結果は、歳相応と言いますか、あちこちちょいちょい引っかかっていました。
例えば肝臓。数値の高い原因は胆泥であるようです。
腎臓も少し基準値を超えています。
貧血も危ない感じ。

一番心配していた心臓ですが、レントゲンとエコーの結果、僧帽弁閉鎖不全はさほど深刻ではないと言われました。少し安心しましたが、薬は飲むことになりました。
また、まだ軽いですがときどき咳が出ます。気管虚脱があるそうなので、そのせいかもしれないし、心臓から来ているものかもしれない。またはその両方の可能性も・・・

それからもうひとつ。嬉しくないものが見つかりまして・・・
脾臓腫瘍があるそうです。
私は今までも脾臓腫瘍がある子を数頭預かっています。皆、脾臓摘出をし、病理検査の結果は良性でした。(私の預かりっ子に限っては)
脾臓腫瘍は見た目で良性か悪性かの判断はできません。摘出して病理に出して初めてわかるんです。
従って、主水くんのがどちらかは今はわかりません。
かといって、手術には獣医さんも消極的です。年齢と全身状態から、手術の麻酔から目が覚めない、もしくは、術後の経過が良くないかもしれないからです。
私も怖すぎて手術を頼む勇気はありません。
そのようなわけで、手術はしない方向です。どうか御理解いただきたいと思います。

来週また受診をし、薬が合っていそうか判断をしてもらう予定です。

以上、今日わかったことです。
いろいろとあるといえばありますが、治すことはできなくても進行を遅らせるよう、とにかく少しでも快適に過ごせるよう、探っていこうと思います。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ボディはカットしてさっぱりしました
クリックすると元のサイズで表示します

お顔はやはり来週になりますが、トリマーさんにお願いしました。
身体の負担にならぬよう、シャンプーは近々私が家で済ませ、顔だけを短時間で切ってもらってきます。
10
タグ:  里親募集 保護犬



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ