2012/9/13

犬と子供の共生  Happy Paws

以前にもご紹介したことがあるのですが、私は3年ちょっと前に2匹の生まれたての子犬を預かっていました。
そのときの預かり日記がコチラ

http://white.ap.teacup.com/kosodatetyu/

偶然にも、今うちに居る子犬たちはこの時とほぼ同じ成長経過をたどっています。
よって成犬時の大きさも同じくらいになるのかなって思っています。

現在3歳になったそのときの子犬マッシュの里親Aさんとはその後も親しく交流させていただいており、折に触れ写真を送っていただいています。
Aさん宅にはつい先日、二人目のお子さんが生まれました。
  
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

マッシュがA家の子になった後に生まれた一人目のお子さんのときもそうだったんですが、今回もマッシュは突然現れた小さな妹を優しく迎えたそうです

クリックすると元のサイズで表示します
大事な妹を守ります。

クリックすると元のサイズで表示します
お兄ちゃんとなった一人目のお子さんのことだって忘れてはいません

クリックすると元のサイズで表示します
使命感に燃えるマッシュですが、パパの前では甘えん坊キャンディ
この嬉しそうな表情を是非見てください!!

マッシュ、現在体重20kgをちょっと超えています。
大きめの中型犬といったところです。
大きな犬と小さな子供の共同生活に不安を覚える方もいらっしゃると思います。
しかし、マッシュの例をご覧いただけばわかるように、はっきり言って大きさは関係ないと思います。小型犬だって子供が触れないような凶暴な犬は沢山存在します。
要は、大きさじゃなくてその犬の性格なんだと思うんです。
じゃあ、どうすれば優しい犬に育つか・・・私はトレーナーじゃないので正直わかりません。実際、自分の犬(はな)で失敗しています。
だけど、ひとつ言えるのは、やはりある程度の時期まで兄弟で過ごし、遊びや喧嘩をしながら社会性を養うのって重要なんじゃないかと思っています。
そういった理由で、今うちの子犬を含め、hime家P&B保育園それぞれ複数頭のきょうだいで暮らしています。良い子に育ってくれますようにと願いを込めて・・・

このようなわけで、だいぶ大きくなってきた8きょうだいですが、今すぐ里親さんに引き渡すことはできません。
もうしばらくお預かりさせていただいて、頃合いを見計らってのお届けとなります。どうかご了承ください。


さてさて、子犬たちの写真も少し載せておきましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

快食・快便、健やかに成長中です
14
タグ:  里親募集 保護犬



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ