2010/6/9

銀次郎の眼  CATNAPお手伝い

銀次郎はセンター引き出し時に左目に怪我を負っていて、すぐに緊急手術を受けました。眼球に穴が開く寸前だったと聞いています。
術後、眼球保護のために1ヵ月半に渡ってまぶたを縫い合わせていたのは、その頃のブログを読んでくださっていた方にはご承知のとおりです。
4月6日に抜糸してまぶたを開けてからは目薬点眼生活が始まりました。
眼の表面が白くなってしまっていたものの、しばらくは状態も安定し回復傾向だったのですが、5月半ばから白目が充血しだして中心が赤く盛り上がってきてしまいました。
眼圧が上がってきてしまったのです。

目薬の種類が増えて、1日に十数回の点眼をしなければならなくなりました。
でも、銀ちゃんは全く嫌がることなく頑張って協力してくれました。本当におりこうさんです。
昨日から薬が変わり、1日に5回の点眼に減りました。
どうか眼圧が下がり赤味が引きますように。

クリックすると元のサイズで表示します

見た目痛々しいですが、今のところ本犬痛みは感じてないようです。

元気におもちゃで遊びます。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
右側から見ると別犬のような気がします
左目を見ると不憫な気がしてしまう仮母ですが、このことを含め銀次郎の全てを受け止めてくださる里親様を待っています。
本当のご家族に託すその日まで、少しでも良くなるように銀次郎と共に頑張ります。
どうかよろしくお願いします。
27
タグ:  保護犬 里親募集



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ