2008/4/30

はなとの出会い  日常

クリックすると元のサイズで表示します

こんにちは はなです

今日は我が家の初代犬はなとの出会いについてお話させてください。

その前に・・・
CATNAPさんからお預かりしたワンちゃんの里親探しのためにと思ってスタートしたこのブログですが、あんずを我が家の娘に迎え、次の預かり犬が来ない今、単なる我が家のワンズの日常生活ご紹介ブログになってしまいました(汗
ブログタイトルが内容にそぐわなくなっているかと思いますが、あまり気になさらないでくださあぁい  別に気にしてない!?・・・そですか^^;
でも保護活動をやめたつもりはなく、今後も搬送やプチ預かりなどできる範囲で協力したいと思っていますので、そんなときにはこちらのブログでご報告いたします。


今から7年半前の冬の事でした。ある日突然、当時小学生だった息子が「犬を飼いたい」と言い出しました。子供は一度はそんなこと言い出すものよね、と本気には取り合わず「そのうち子犬が見つかったらね」なんていいかげんな返事をした母でした。
私は自分が幼い頃より常に犬と共に暮らしてきました。でも、結婚して実家を離れ、子育てに追われていた当時は犬を飼うことは全く考えていなかったのです。

そんな話を息子としたわずか3日後のことでした。
普段めったに行かない(高いから^^;)近所のとあるスーパーにその日は買い物に行きました。買った物をカウンターで袋に詰めていると、目の前に「子犬もらってください」という内容のポスターが・・・ うっそー!もう子犬が見つかっちゃったよ!!
息子は「お母さん、見つかったら飼ってくれるって言ったよね!?」と目をキラキラさせています。
困ったなあ〜と内心思いながらも、とりあえず連絡先をメモって帰宅しダンナに相談。するとダンナは案外乗り気。「明日は日曜日だからみんなで見に行ってみよう」と。

そして翌日、子犬たちを保護している動物病院へ見に行きました。
子犬は全部で7匹。母犬と一緒に畑に捨てられていたのを見つけた人が病院へ相談。良心的なその病院は里親が見つかるまで面倒をみてくれると預かってくれたそうです。
うちは最初の訪問者だったそうで、「7匹のうちどれでも気に入ったコ持ってっていいよ」とのこと。その時点までまだ「一応見るだけ。一旦家に帰ってよく考えよう」と思ってた私でしたが、生後約3週間のよちよち子犬を見てしまってはね(^_^;) 一番小さく(800g)兄弟にいじめられていた女の子を連れて帰ってきました。
それがはなです。

スーパーにポスターを貼ったのは、私が見た2時間位前だったそうです。
貼るタイミングが少しずれていたら・・・私がそのスーパーに行かなかったら・・・何より息子が犬を欲しがっていなかったら、はなとの出会いはなかったと思われます。
大袈裟ですが、そこに運命を感じてしまうのであります。現に、後にも先にもこの類のポスターを近所で見かけた事は一度もないのですから。

母犬は逃げてしまって捕獲できなかったそうなので、ろくに母乳も飲んでいないのですが、今まで病気もせず元気に育ちました

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

現在体重14s。すこーしメタボが気になる姉ワンです
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ