教育・セオリー  6) 教育・セオリー

 教育・セオリー
          ◆バイリンガル教育: 「バイリンガルの科学」

◆カプラ講習会レポート: 吉川講師

          ◆お勧め図書: ゲーム脳の恐怖

Trackback11
--------------------------------------------------------------
フーフル・ネット
   フランクフルト、ドイツを中心に、世界を舞台に活躍する人々や
   企業を応援するフーフル・ネット。役立つ情報が満載です!
0

 

バイリンガルの科学  6) 教育・セオリー

バイリンガルの科学

小野博著(工学医学博士) 
講談社発行 ブルーバックスB-1011
科学的実証例に基づいてバイリンガルの実態を分析した本。

●語学と知能の相関的闊達
海外に住む日本人にとって言語教育の問題は必ずついてまわるものです。しかし子供に多数の言語を習得させる事を子供の性格形成や知能の発達にまで関連づけて考える人は少ないようです。

大学時代、教育心理の授業で教授が突然言い出した言葉に私は愕然としました。それは「バイリンガルの子供は知力の発達が遅れる。何故ならば人間は言葉を使って物事を考えるからで、習得言語を2つに広げると、両方の言語の発達程度が低くなるので、難しい問題を考えようとする時にどちらの言語の発達も未熟となって頭が混乱してしまう。」というものでした。

当時、一生懸命に英語を勉強していた私は「母国語を持たないセミリンガルの弊害」という事をその時、初めて知ってショックを受けてしまいました。


●成功するバイリンガル教育
でも、やはり自分が母親になってみれば、子供をバイリンガルにさせたいという欲も出るし、見栄も働くものです。では、どうすれば、子供に上手に言語を身に付かせ、尚且つ子供が幸せになれるでしょうか。これは誰にとっても是非知りたい事です。この本はそんな疑問に、科学的に実証したデータを使って答えてくれます。

たまたま外地に長く住んでいたからと、自分の狭い経験だけで本を書いたりする人もいますが、個人の知り合える範囲など、たかが知れているし、子供によってまったく違うので、あまりあてにもならないものです。筆者が世間で信じられているバイリンガルに対する常識を敢えて「神話」と呼ぶのも、世間一般のそういった盲目的な信じ込みを比喩しての事です。

●バイリンガルの神話
筆者の説く「バイリンガルの神話」とは:
・帰国子女は皆、英語ができ、発音もすばらしい。
・国際結婚の子供は皆、バイリンガルになれる。
・二つの言語がペラペラ喋れる人は、2言語を使って何でもできる
・日本国内だけの外国語学習でバイリンガルになるのは難しい。
・幼児のうちに外国語を学習させないと発音は良くならない。

●科学的実証例に基づく理論
筆者は自分の工学、理学で得た理系の研究手法をモトに、日本人の日本語と外国語とのバイリンガルに関してより深く探るため、言語学、音響学、外国語教育学、日本語教育学、障害児教育学など、発達と言語にまつわる多くの分野の科学的な根拠を組み合わせて分析し、調査研究で得られた結果が説明できる新しい理論を構築しようとしました。

そのために、人間の言語の習得と教育の始まりとの関係、日本語と外国語間の距離、子供の母国語の習得と感受期の関係、日本人の学校教育にいける外国語学習などについて、従来の外国語学習の研究の視点では欠けていた点にも注目して、海外駐在、帰国子女の調査結果を分析、考察して本書をまとめました。

●科学的実証による結論
その結果、著者が結論として得たものは、
(1)子供の知的な発達が自然に行われるためには、少なくとも小学生の時代は1つの言語で教育を受ける事が望ましい。

(2)将来仕事で使えるバイリンガルになるには、中高校まで日本語で教育を受けた後、海外で必要に応じて外国語学習を実践した人の方が到達しやすい。

というものです。

●バイリンガルの育て方
「とにかくバイリンガルにする事がこの子のため」と、必死にがんばってきた方にとっては、自分が信じていた事を根底からくつがえされたような思いがするかも知れません。でも筆者は「現地の学校には行かせるな、小さい子供に英語を教えるな」と言おうとしているのではなく、「日本人のバイリンガルの問題点」というものを整理して説明し、セミリンガルにならないための対策をも紹介してくれています。

同じ努力をするなら、こういった知識を踏まえた上で、語学を教育していきたいものです。私達は過去に同じように努力した人達が失敗した実例に学び、既に立証されている事と同じ失敗をわざわざ自分の子供にさせないようにしたいものです。

教育に熱心になるあまり、子供から出ているサインを見過ごしてしまうケースは多いものです。この本は海外で子育てをする日本人の必読の書と言えると思います。


Trackback67
---------------------------------------------------------
フランクフルトでの滞在はフーフルの短期アパート
1週間、1ヶ月単位で滞在できるので、大変便利で経済的!
3

 

ゲーム脳の恐怖  6) 教育・セオリー

ゲーム脳の恐怖 TB042

森昭雄(日本大学文理学部教授)著 NHK出版 生活人新書

現代社会に生きる我々にとって、テレビやビデオ、ゲームやパソコン、携帯電話などは既に生活の一部となってしまっています。しかしその背景にはゲーム等のやりすぎで脳が犯されておかしくなっていく子供達がいます。

ここでは、2003年1月27日読売新聞、eライフで森先生自身が書き下ろしているエッセイの抜粋により「ゲーム脳」の恐ろしさを簡単にご紹介致します。


「ヒトの脳には、「前頭前野」と呼ばれる場所がある。ちょうど額の内側付近にあたる。創造性や理性、特に作業記憶に直接関係している領域とされ、人間らしさを維持するのに大切な所だ。

ところが、毎日、長時間テレビゲームをしている人の額に脳波用の電極をあて、脳波を測定してみると、神経細胞の興奮性を反映しているβ波が前頭前野から殆ど出ていない。さらにゲームを始めるとまったく出なくなった。こうした状態を私は「ゲーム脳」と名づけたのである。

ゲームのやり過ぎは前頭前野の活動を低下させてしまうらしい。お酒も飲みすぎは病のもとになるのと似ている。

テレビゲームの中には、一時的にβ波の活動を上昇させるものもあるようだ。

だが慣れて来ると脳は適応してゲームに対して効率よく神経回路が形成されてしまう。ゲーム脳の人のβ波は、私がこれまで調べて来た痴呆症のお年寄りも更に低い。そしてゲーム暦の長い人ほど、ゲーム脳になる傾向が強い。幼児期にゲームを始めると、ゲーム脳になるのに月日はかからないだろう。

ゲーム脳と判定された大学生のA君。
小学校1年から大学3年まで15年間、毎日2時間以上はゲームをやっていた。A君は普段ボーっとしていることが多く、表情が乏しく、口数も少ない。忘れ物をすることも多く、定期券、財布、鍵などもよく忘れるという。

また、ゲーム脳の子供は感情のコントロールがきかず、キレやすい。脳は高次な機能を司る「大脳皮質」と、「旧皮質」、「古皮質」に分けられる。古い皮質は下等動物でも持っており、本能的な行動に関係している。これに抑制をかけているのが、実は大脳皮質に含まれる前頭前野なのだ。」


これが恐ろしい「ゲーム脳」の実態です。この現象はゲームだけでなく、テレビ、ビデオ、携帯メール、パソコンでも、脳に同様の影響を及ぼすというのだから恐ろしいものです。

私も情報誌の締め切りの時は毎日何時間もパソコンに向かって入力するのですが、先月はある朝突然頭がフラフラになって立ち上がれなくなり、意識が朦朧とし、吐き気までしました。

脳は使えば使う程発達するのだそうで、逆に「便利な世界になると人間の脳も小さくなっていく」と森教授は危惧されているそうです。そう言えば、優れた方向感覚を持つ私の夫でさえ、日本で3週間カーナビに頼って運転してフランスに帰国したら、まったく方向感覚を失ってしまいました。

逆に脳に良い刺激を与えるとされる事は、森教授の研究によれば、「お手玉」、「外遊び」、「スポーツ」、「読書」、「音楽鑑賞」、「自然とのふれあい」、「ホタルを見る」などだという事です。中でも「本を読む事」は前頭前野を活性化させるため、脳に大変良い刺激を与えるのだそうで、「ボケ防止のためにどんどん本を読む事をお勧めする」ということです。

現代に生きる私達はこうしたIT機器と、今後どうやって上手に付き合っていけばいいのか、、、。これからの時代に入って考えていくべき重要なテーマであるようです。


Trackback42
---------------------------------------------------------
フランクフルトでの滞在はフーフルの短期アパート
1週間、1ヶ月単位で滞在できるので、大変便利で経済的!
13

 

日本での受験  6) 教育・セオリー

日本での受験 TB041
サピックス進学教室・国際部・三鷹校室長:「小森慎一」筆

どの学校を志望するか
在外期間中にまず考えなければならないのが「どの学校を志望するのか」です。日本の学校情報は在外中には入手しにくいのが現状です。各高校のホームページなどで入試要項の確認はできますが、数値上のデータのみであり、生の「受験」の感触を得ることはできません。私どものような塾が実施する講演会や説明会などを利用して情報を収集するだけでなく、うまく先輩などのつてを利用して、その学校の生の雰囲気などを聴いておくと良いでしょう。

偏差値や知名度の高い学校が必ずしもお子様にとっての良い学校とは限りません。単に募集要項に掲載されているだけのデータではない情報をできる限り集めるようにしてください。一時帰国される場合には、実際に自分の目で学校を見学をされる事をお薦めします。


帰国子女枠の確認
志望校・受験校がある程度絞れたなら、その学校に「帰国子女枠」があるかどうかを確認します。「ある」場合には、帰国子女としての認定条件を確認してください。

例年、帰国子女枠受験の資格に「あと数日足りない(数日早く帰国してしまった)」という声を聞きます。一般入試と帰国枠入試では、難易度にかなり差があります。帰国時期はくれぐれも慎重に判断して下さい。


受験資格を得たら早目に帰国
志望校の帰国子女枠受験資格が得られたならば、できる限り早い時期のご帰国をお薦めします。特に関東圏の私立高校では、帰国子女枠も一般入試と同じ日程で、同じ問題を使用するケースが多く、数学や国語についてできるだけ国内生に近づける必要があるからです。

勉強は「高校に入学して終わり」ではありません。入学後はたいていの場合、帰国生も国内生も同一クラスになりますので、常に一歩先を見据えた学習が必要です。


「浅く広く」の学習法
次に、在外中の学習ですが、志望校の入試で必要な科目はもちろんなのですが、やはり理科や社会に関しても「浅く広く」という学習を心がけましょう。

例えば、慶應大学附属の3校(志木・義塾・女子)では、理科の知識があると読みやすくなる英文読解問題が出題されたりします。

また、開成高校や筑波大附属高校などは帰国子女枠でも「5科目の入試」となります。選択の幅を広げるためにも5科目のバランスをとった学習が望ましいと言えます。特に難しい問題集などは必要ありませんので、学校で支給される教科書をしっかり読む事が大事です。


帰国後の学習法
帰国後についてですが、志望校の過去問はしっかり研究しておいて下さい。
過去問は単に解けばよいと言うわけではありません。

大問が何問有るのか、リスニングはあるのか、どのような分野が主に出題されているのか、どの程度のレベルの知識を要求しているのか、といった事を分析し、その分野や似た形式の問題を集中的に練習しておく事にこそ、過去問を解く意義があります。実際に時間を計って解くのは、12月〜1月の直前期で構いません。


「確実に合格できる学校」も
もう一つ大切なのは、「確実に合格できる学校」を受験する事です。帰国子女枠が如何に合格しやすいと言っても不合格になっている方もいるわけです。

条件としては、「3年間そこに通う事になっても、本命校に通っていたら3年後に進学していたであろう大学に合格しうる力をつけてくれる高校」かつ「本命よりも受験日が先」そして「何があっても(学力的に)絶対に合格できる高校」を選ぶ事です。

以上、私の経験に基づき述べましたが、多少でも参考にして頂ければ幸いです。
 


Trackback41
0
タグ: 受験 進学 志望校

 

カプラ講習会レポート  6) 教育・セオリー

カプラ講習会レポート TB036

危ないからと遊ばせない大人達、その中で育ってしまった遊べない子供達。今、大事な何かが失われ壊れつつあるのでは、、。 

この事をテーマに日本から吉川静雄講師を招き、2005年6月にミュンヘンとデュッセルドルフの2箇所で行われたカプラの講習会。

当日、ちびっ子達はインストラクターのお姉さんと一緒にカプラを楽しみ、大人達は吉川さんから人生にとって大切な事を沢山教えて頂きました。

吉川さんはトップセールスマンとして活躍していましたが、健康を害した事から「食」に関心を持つようになり、「自分が納得のいく本物だけを販売したい」という意欲に目覚めたという事です。

そして今は、「子供の体力向上と知情意豊かな人間形成」を目指して、子供の脳の発達に最良な玩具「カプラ」と「安田式遊具」の普及に努め、食生活や環境問題等を含めた全人的なテーマの基に各地で精力的に講演会を行っています。 

講習会を通して私に最も強く伝わって来たメッセージは、「何代も何代も繋がる先祖がいたから、今の自分が存在するのだ」という事。

人間はまず母親のお腹の中で、三十六億年の系統発生を繰り返して、最後に人間となって生まれてくる。

最初は卵、それが次々と細胞分裂をして、魚のような形となり、トカゲのような形から手足が発達して、猫や犬のようになり、猿のようになって最後に人間となります。

生まれたての赤ちゃんは何もできないが、やがてハイハイが始まって4つ足となり、2足歩行ができるようになる、、、。

つまり人間の成長の過程は、人類の進化の過程でもあるわけです。

横体四足歩行から直立二足歩行へと進化する事により、頭は真上に位置するため数倍の重さまで発達が可能となり、しかも前肢は腕、手、指となって自由自在複雑精緻な動作が可能となりました。

猿から進化して来た私達人間は、かつては木の上に住んでいました。だから「樹上遊び」を始めとした「外遊び」を体験する事は子供が人間として成長する過程において大変重要な行為なのだそうです。

脳の生育は3歳までに約7割、10歳までには殆ど完成してしまいます。発育刺激としては「楽しい身体活動による実体験」が最も効果的なのだそうで、つまり「幼い時から毎日が楽しい活動的なものである事」が脳の正常な発達には欠かせないと言えるのだそうです。

昔は日本でも近所で色々な年齢の子供達が一緒に外で遊び、年齢が上の子供が小さい子の面倒を見たりする事によって社会性やルール、人間関係や思いやりなど、人間として基本的で大切な多くの事を学んだものでした。

しかし、現代では、こうした「当たり前の環境」は現代社会では、努力をしなければ子供に与えてやれない「希少な環境」となっています。

そんな現代の環境の中、子供にとって本当によい玩具として吉川さんが確信できたのが「カプラ」なのだそうです。

また、同様に「安田式遊具」とは、もと小学校の校長先生であり、「外遊び体育遊具協会」を設立した安田祐治先生が研究開発した遊具で、子供がこうした進化の過程を十分に体験できるように設計されており、こちらも子供の発達には最良の玩具だとか。

地上より高い所での運動であるから、恐怖心の克服、技の多様さ、複雑巧妙な変化など、興味深く、満足感絶大の遊びとなるように工夫されています。

危険を避けるのが安全ではありません。危険を認知し、適切に対応する判断と処置能力を身につける事が真の意味での安全なのです。

こうして生命の進化の過程を辿って行けば、そこにはすべての答えがあるものです。肉食動物の爪はとがっているが、草食動物の爪は平たくなっています。
つまり身体を見れば何を食べるべき動物なのかが、ちゃんとわかるのです。

人間の歯並びを見れば、人間がどんなものをどのくらいづつ食べれば良いのかの答えがそこにはあるものです。8本の前歯は野菜をかじる為、4本の犬歯は肉を噛み切るため、20本の臼歯は穀類を噛み砕くためにあるのだから、この歯の割合と同じように、穀類5、野菜類2、肉類1の割合で食べれば良い、という事です。

最近、騒がれている「牛乳」にしても、本来牛乳は牛の子供に飲ますためのものである事を考えれば、牛乳は人間が飲むべきものでない事は自ずと納得が行くというものです。

本来「ごはんと味噌汁」を食べていた日本人が「パンと牛乳」を食べ始まった背景には、戦後のアメリカが「国内の余剰小麦問題を解決したい」という思惑があったのだそうです。


そのため私達の給食にはパンと牛乳が導入され、「何でも洋風が素敵」というあの当時の風潮は、占領軍による「日本国民骨抜き政策」の一環だったのでした。

しかし日本人の身体は西洋人とは違います。日本人にとって先祖代々そうして来たように米を食べる事はとても大切な事なのだという事です。

「国際人、国際人」と騒がれる昨今ですが、真の意味で国際人になるためには、まずはちゃんとした日本人になる事が大切だと思います。


自分の国の文化や社会を理解し、国民としての誇りを持ってこそ初めて、他文化を持つの人間の事も理解でき、他文化を尊重する事もできるようになるものだと私は思います。

この講演会を通して私は多くの事を学んだが、吉川さんは私が自発的に探究心を持つ方向へとご指導して下さいました。「吉川さんのメッセージを一人でも多くの方に伝えたい。」そんな気持ちで一杯になった私でした。

吉川さんの推薦図書

*「学校で学びたい歴史」 斉藤武夫著・産経新聞
*「新歴史の真実」アインシュタインの見た日本・前田徹著
*「大江戸えころじー事情」 石川英輔著・講談社

人間にとって出会いはとても大切である。時には人生を根底から変える程の出会いをする事もある。良い本との出会いも、人間にとっては大切な出会いの一つである。よき出会いを。


Trackback36
---------------------------------------------------------
フランクフルトでの滞在はフーフルの短期アパート
1週間、1ヶ月単位で滞在できるので、大変便利で経済的!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ