子供の教育と私の成長  2) 滝つぼ体験談

子供の教育と私の成長 TB060

子供を育てていると、「あの頃の自分」を振り返り、「子供には自分よりもっと良い人生を送って欲しい」という欲も出て来るものです。子育てを通して私自身も成長し、変化していきました。 筆:滝つぼ

学歴偏重主義家庭

私の父は「東大に行かざる者は人ならず」という学歴偏重主義者だったので、私は「県で最高の高校そして国立大学に行けないようなら、生きる資格はなし」と言われて育ちました。私の成績が悪いと「子供が馬鹿なのはお前に似たからだ」と言って母を責める父への憎しみをエネルギー源にして「いつか父を見返してやりたい」という思いで必死に勉強した私です。

でもいくら頑張っても所詮、私が東大に入れるはずもなく、私は「父の失望」を浴びながら、滑り止めで受けた私大に入学し、そこでも悔しさをエネルギー源にしてESSに入部し、大学の4年間、徹底的に英語を勉強し、大活躍しましたが、それでも矢張り父には私を認めてもらう事はできませんでした。

いつしか私は学歴でしか人を判断する事ができない愚かな父を許す事ができるようになり、「そんなお父さんのささやかな夢を叶えてやる事ができなくて可愛そうな事をしたな」と父を気の毒にすら思えるようになりました。

呑気派の夫との出会い

当時は向上心と野心の塊で、リラックスしたり時間を無駄にする事に罪悪感すら感じられた私が「我が辞書に努力、忍耐、根性という文字はない」という呑気派の夫と知り合い、「人間こんな風にリラックスして生きてもいいんだ」という事を始めて知りました。

夫はイギリス人なので、夫とダラダラ過ごす時間も私にとっては英会話の時間であり、「自分の英語力が向上している」という安心感を持つ事ができたので、夫と一緒にリラックスする事も苦痛ではありませんでした。

いつしか私は「ゆとりを持った生き方」の素晴らしさを知り、自分に自信を持つ事によって、他人からの評価があまり気にならなくなって行きました。

教育ママゴン時代

ところが不思議なもので、自分で子供を持ってみると「子供をバイリンガルに育てたい、幼児の頃から脳に刺激を与えて英才教育をしないといけない」という焦燥感に苛まれ、私は「教育ママゴン」になってしまいました。

長男にやらせた習い事を数え上げればキリがありません。まだ幼児のうちから公文教室、タンブル・トット、ダンス、水泳、ピアノ、鈴木式バイオリン、空手、陶芸など「良い先生がいる」と聞けばどこまででも子供を連れて行き、子供のスケジュールは毎日ギッシリと詰まっていたものです。もちろん学校も近所で評判の良かった有名私立に3歳から入学させました。

お金を払っている、という焦りから、子供を毎日のようにしごいていました。子供が泣こうが嫌がろうが「子供のため」という大義名分と、「子供の学力=自分の評価」という焦燥感が私をどこまでも頑張らせ、追い詰めたのです。

いくら教えてもできるようにならないと苛々して子供が憎たらしくなってきて、声を上げたり時には子供をぶってしまう事もありました。こうして、いつの間にか気が付いてみれば、あんなに「理不尽だ」と思っていた父と私は同じ事を子供にしていたのです。

ギーギー鳥の誕生

そんな私が「教育ママゴン」に飽きてしまう要因となったのが、次男の誕生です。次男は生まれつき気性の烈しい性格で、とにかく24時間、私の身体に張り付いていなければ凄まじい声でギーギーと泣き喚くので、私は寝不足と重労働でいつも疲れていたものでした。

もし次男が初めての子供だったら、自分の子育てが原因かと落ち込んだ事だろうと思いますが、素直で穏やかな長男を育てた経験から「これもこの子の個性」と受けとめる事ができました。

そんな次男は3歳になるかならずで読み書きに興味を持ち始め、私が教えもしないのに、長男から教えてもらったとかで、いつの間にかアルファベットを全部覚えてしまいました。「もしやこの子は天才なのでは?」と私が期待したのは言うまでもありません。が、

しかしその頃には末娘も誕生していたので、私は3人の子育てに追われ、次男の英才教育なんかやっているゆとりもなく、「ほっといてもできるみたいだから、ラクで良かったわ」という事で、次男の事は手抜きをしてしまいました。

私があれ程までに全身全霊を注ぎ、手塩にかけた長男は教えても教えても、ちっともできるようにはならず、私が何もしてやらなかった次男はちょっと教えただけでもドンドンできる。

確かに子供に手をかければそれなりの効果も出るので、「親の努力=子供の成績」という方程式がある程度は成り立つのも事実ですが、最終的には本人次第、親ができる事には限度があるものなのだ、という事をこの対照的な2人の子育てを通して痛感した私でした。


ワーキングマザーとなって

フランスに来てからはフランス語ができないので宿題をみてやる事もできないし、仕事にも復帰したので、今では子育ては放任状態となっています。

そんな私も時には「うちの子供達は、こんなんでいいんだろうか?」という焦燥感に襲われる事があり、「お母さんは仕事を辞めて、これからはあなた達の教育に専念するから」と突然、宣言する事があるのですが、私が「恐怖の教育ママゴン」だった時代を覚えている長男は顔面蒼白となり、「お母さん、せっかくだから仕事は続けた方がいいと思うよ。僕たちは大丈夫だから」と、私を説得にかかります。

「お母さんはあなたの年にはもっと勉強したわよ」と言えば、「そ〜。お母さんは苦労したんだねえ。」と私を慰めにかかる子供達。こんな呑気な子供達を見ていると、「フランス人達に混じって勉強しているんだから、落第さえしなきゃ、いいとするか。」と思えるようになってしまった私なのでした。


Gogaku-000
--------------------------------------------------------------
フーフル・ネット
   フランクフルト、ドイツを中心に、世界を舞台に活躍する人々や
   企業を応援するフーフル・ネット。役立つ情報が満載です!
5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ