ダラダラ中につきカメ更新 感想など、ちょろっとでも書き込んでいただけましたら泣いて喜びます🎵

2021/8/29  14:23

イケボとかまってちゃん  こえ

2021年上半期自分にご褒美企画「イケボde♡タリウス」やってみました。

今回は、ASMR?みたいなのをイメージしつつ、結局、全然そうならなかったっていう💦

いえ、文句無しにイケ声なんですよ!問題は、私の企画力のなさと編集スキルの低さにあるというだけです。

内容としては、シェール目線でタリパパに叱られるっていう、そんだけ。ええ、もうものごっつマニア向けな音声ファイルに仕上がっています。

なもんで、今回は「聴きたい!」という方にだけリンクをお送りします。そういうのお好きな方は、メールか拍手からご連絡ください。私が連絡先を知っている方は、お名前だけでも🆗

夜以降(多分夜中)、メールにてご案内します。

いや、そんな御大層なもんじゃないですよ。ただひたすら自分向けなので。

ちなみに、リスナーはシェール目線でお楽しみくださいなので、シェールのセリフはありません。ぶっちゃけ、何で怒られてるのかちょっとわかりにくいかもなので、雰囲気を楽しんでいただけたらとお思います。

くどいようですが、お好きな方だけどうぞ。

一応ひとことサンプルをおいておきますね。本編で使っているものとは別です(ある意味ここでしか聴けない)。

以下、リンクをクリックするといきなり音出ます!ヘッドフォン🎧️必須

♪サンプル1(平時)
♪サンプル2(オニ)

【こえの出演】 口撫 にえる様


以下ネタバレちょこっと。先入観なしで聴きたい人はバックで。



続きを読む
10

2010/8/3  21:28

萌え死にそう  こえ

新たに「こえを聴くボタン」をつけました別名「深夜のレッスン」、「盗癖」の4(オマケ)でございます。

しかも、今回はただのこえではありません

鵲さんがミゼットを連れてきてくださいまして…それはそれは可愛いお声でないていらっしゃいます

白百合姫嬢(=ミゼット)は、どちらかというと、おっとりユリアのイメージでしたが、最後にクスクス笑うシーンを聴いて、ああミゼットだと思ったのでした。

CDブックのように情景(ナレ)が入っているのには本気で驚かされ、絶妙なタイミングで入るSEにはドキドキさせられ。まあ前者は、もっと精進しろと言われた気がしますが

ホント〜に激しくオススメなので、お時間のあるときにぜひ一度お聴きくださいませヘッドフォン必須、音量注意です。

昨夜、寝しなにこれを聴いたら目が冴えてしまって。相棒に「もう寝なさい」と怒られても一向に眠れず。いや〜正に至福でした感想など、コメントや拍手からいただけましたら嬉しいです。後々鵲さんに差し上げようかと考えています

さてさて、この度ちょっとした疑問をいただいたのでこちらでご紹介。

その1:「悲鳴」は結婚前の話ですか

こたえ:そのとおりです。番外編は本編の結構後という設定で、その頃にはチビはもうあまりチビではありません。ミゼットの仕事のことがネックになり、ゼインはなかなかプロポーズ出来ず…やっぱり独占欲がお強いらしい。

その2:タリタリ&ユリアはいくつですか

こたえ:PC版からサイドに上げているとおり、ふたりとも20代↓な設定です。22くらいだと無理がないかな。ふたりの年の差は1〜2歳。因みに、エレインはミゼットより2歳ばかりおねえさんという設定です。フツーに仲良しだけどね。
拍手レス♪
9

2010/4/11  15:00

鬼降臨  こえ

数日前に大先生のセリフをこえ部へ投稿してきました。そうしましたら、結構イメージに近いお声をつけていただけたので、ご紹介したいと思います。

一度目の徽章が「ききょう」に聞こえてしまい、そこだけ惜しいのですが、雰囲気はかなり出ていて、ニマニマしながら聴かせていただきました。BGM付きでこれがまたナイス

出 典 「鬼の後継U」
キャラ ミルズ教官



黎夜†稀人さん、どうもありがとうございました
1

2010/1/17  1:04

少年ボイス  こえ

以前ここでも話題にした「こえ部」という声のコミュニティサイトに、最近になって入りました。自分の生み出したキャラに声が付いたら楽しいだろうなと思いまして、恥を忍んでちょこちょこお題としてセリフを投稿しています。

今回は、とてもイメージ通りのお声を付けてくださった方がいらしたので、紹介させていただきたいと思います。申し訳ないのですが、現時点では携帯非対応です。

出 典 「剥がれた仮面V」
キャラ 優等生くん(アルベリック)



初めて聞いたときに、あ、本物だと思いました。少年ぽさがたまらなくツボで。なんか、ほっとしている感がとても出ているように思ったし。

いつになるかわかりませんが、もう一度優等生くんの話を書きたくなりました。

紅恋さん、本当にどうもありがとうございました。
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ