ダラダラ中につきカメ更新 感想など、ちょろっとでも書き込んでいただけましたら泣いて喜びます🎵

2021/7/17  22:46

続ジョージア先生の長い長い夜3  小説

「トレーズ殿」

教官室には客人がいた。ファルコン=トレーズ、新兵の教育隊長であり、ゼイン=ミルズの教え子である。

「ああ、教官。先生に頼まれて、ちょっとな」

ファルコンの息が荒い。たった今駆けつけてきたばかりなのだろう。

「それで、兵舎に住み込んでいる者を中心に捜索にあたらせましたが、今のところ目ぼしい情報はありません。新兵はいなくなった訓練生の顔を知っていますので、情報の精度は高いように思います」

「つまり、城下にはいないと?」

「それなんですが、レックスに、城門警備隊長に確認したところ、その可能性も低いようです。城門は、絶えず人の出入りを監視しているわけではないそうですが、それでもあの制服が外に出たら、記憶に残るだろうと言っていました。最近は荷馬車の類いは公安が検めていますし、恐らく外には出ていないかと」

「なるほど。で、ジョージア。君のほうは何かわかったのか」

「カヴァナーはいわゆる貧民街に出入りしていたようです」

「何?」

ゼインが眉をひそめる。タリウスは出来るだけ簡潔に、かつ冷静にチェイスから聞き出したことを報告した。

「スラムで公安ごっことは、素晴らしい趣味だね」

言葉とは裏腹に、声はどこまでも無感情である。空気が痛いほどに張り詰めた。

「すみません、先生。スラム街は盲点でした。ただ昼間ならともかく、日が落ちた後にあのあたりへ部下を行かせるのは…」

「至極全うな判断だ。トレーズ、君が謝ることはない」

それきり彼らは沈黙した。


「駄目だ。どこにもおらん。全く無駄足もいいところだ」

緊迫した空気を破ったのは、教官室の扉から現れた老教官だった。

「ああ、ノーウッド教官。ちょうど良いところに帰ってきた」

「おお、トレーズも来ていたのか。何かわかったのか」

タリウスは再度、先程の話を繰り返した。

「最近の若いのはお遊びが過ぎるな。全く気は進まないが仕方ない。行くぞ、ジョージア」

「はい」

「ああ、いや…」

揃って出掛けようとする部下をゼインが制した。

「主任教官殿はここで留守をお守りください」

「だが」

「指揮官は安易に本陣を離れるべきではない。 だろう?」

「あのあたりは公安の縄張りだ。二人とも心して当たるように」

老教官の言葉に、ゼインは心ならずともこの場に残る決断をしたようだった。


話に違わず、今夜は公安の動きが活発で、貧民街の入口にもそれらしい男たちが張り付いていた。そのため、彼らは一旦二手に分かれ、各々近くの路地から侵入した後、合流した。

「気付いておるか」

老教官は前を向いたまま囁いた。

「はい。四人、五人、いや、もっとでしょうか。走りますか」

先程から彼らの後を複数の足音がついてくる。

「お前さん、この辺の地理には明るいか」

「いいえ、全くわかりません」

「ならば、やめておいたほうが無難だろう。回り込まれるかもしれんし、どこに仲間が潜んでいるかもわからん」

足音との間合いが徐々に詰まる。二人は同時に歩みを止めた。そして、振り向いた瞬間、顔面に固い雨粒のようなものが降り掛かった。

目深にフードを被り直し、どうにかすべてを避けきる。攻撃が止んだところで、タリウスは腰の得物に手を掛けた。

「やめろ!ジョージア、剣を退け」

上官の叫び声に、タリウスは咄嗟に剣を下ろした。代わりに左手を伸ばし、目の前に突き出された角材を掴んだ。へし折るには硬すぎるが、敵から奪うことには成功した。

「よく見ろ。子供だ」

「な…」

暗くてよく見えないが、言われてみれば、目の前の男も石を投げつけてきた男も随分と小柄だ。老教官が止めてくれなければ、危うく後味の悪い思いをするところだった。

「よくわかりましたね」

だが、そうなると、普段、何かにつけて目が見えないだ、耳が遠いだの言っているのは何なのだろう。

「なに、あいつらからは若い匂いがする」

そんな心中を見透かすように、老教官はのたまった。

「何をぐちゃぐちゃ言ってやがる。盗んだ金を返せ」

「金?何やら人違いをしていないか」

「しらばっくれるな!泥棒を捕まえるとかなんとか言って、うちから金をかっぱらって行っただろうが」

「捜査にかこつけて、小金をくすねていきおったのか」

「最低だな」

「だから、うるさいって言っているんだ!」

「ああ、わかったわかった。よし、この老いぼれが小遣いをくれてやろう。その代わり、教えて欲しいことがある」

老教官は財布から硬貨を取り出し、年かさであろう少年に差し出した。少年は驚きながらも、それを受け取った。

「昼間、ここに士官候補生が来ただろう。軍服を着た、年若い少年だ。どこに行ったか知らんか」

「ああ、あの変な奴なら公安が…」

少年が硬貨をしまい、口を開き掛けたそのときだ。突然、夜空をつんざくようなかん高い音が耳に響いた。

「ヤバイ!ずらかるぞ!」

少年たちがどよめき、あっという間に散り散りになる。タリウスは、先程取り上げた武器を持ち主の少年に向かって放り投げた。少年は一瞬こちらを見やったが、すぐさま闇に向かって走り出した。

「やれやれ、子供より厄介なのが来たぞ」

笛の音と共に複数の灯りが近付いてくる。二人は心底うんざりした様子でため息を吐いた。

「軍人がこんなところで何をしている。よもや協定を忘れたわけではないだろうな」

「すまんすまん。別にお前さんたちの縄張りを荒らそうってわけじゃないんだ。ただ少々迷子を捜しておってな」

「迷子だと?ああ、ひょっとしてあの間抜けな士官候補生のことか」

教官たちがはっとして顔を見合わせる。

「あいつなら、我々が保護している。適正にな」

男の言葉に一応の安堵を得た直後、タリウスは腸が煮えくり返るほど激しい怒りに見舞われた。

「それにしても、士官の卵にこんな風紀の悪い場所の出入りを許しているとは、天下の中央士官学校も落ちたものだな」


なんだろう。めっちゃ楽しく書いています!こういうのひさしぶり。好きなこと出来るって、しあわせ〜。

6

2021/7/16  2:35

続ジョージア先生の長い長い夜2  小説

「失礼します」

消灯後の兵舎は普段と変わらず静まり返っていた。だが、上官の許可を得て教官室に入室した瞬間、タリウスは現状が紛れもなく非常事態であると認識した。

「君は今年の本科生をどう教育してきた」

開口一番、ゼイン=ミルズは、そう言って鋭くこちらを威嚇してきた。部屋全体を張り詰めた空気が包んでいる。

「申し訳ございません。直ちに捜索に…」

「闇雲に捜したところで見付かるわけがなかろう。だいたい訓練生の行きそうな所は、既に一通りノーウッド教官が当たっている」

「では、直前まで行動を共にしていた者から話を聞きます」

「それももう済んだ。そもそも彼は今日の昼以降、単独行動をしている」

「そう、ですか」

規則で外出時の単独行動を禁じているわけではないが、それでも出来る限り複数で行動するよう訓練生には言い付けてある。

「そうですかじゃない!」

迂闊にも他人事のような返事を返すのをゼインが許す筈がない。机の上で指導記録が跳ねた。背表紙に刻まれた文字は、ポーター=カヴァナーである。

「家に逃げ帰ったということは考えられないのか」

「そういったことは、ないように思います。少なくとも昨日の夕方までは、目立ったトラブルはありませんし、カヴァナーは責任感も正義感も人並み以上にあります。志半ばで逃げ出すようなことは…」

「身の丈に合わない正義感は、時として身を滅ぼす。在りし日の君のようにね」

かつての師の意地悪に、タリウスはほんの一瞬、顔をしかめた。

「同室の者から話を聞いてきます」

だが、すぐに何事もなかったかのように受け流した。タリウスは上官が無言で頷くのを確認すると、一礼して部屋から辞した。

そうして廊下を歩きながら、自然とため息が漏れた。

ひとまず昔の自分のことは捨ておいて、くだんの教え子に想いを馳せた。確かにゼインの言うとおり、カヴァナーの正義感は時として行き過ぎるきらいがある。

本人の人柄が幸いし、周囲から疎まれることこそないが、ともすればトラブルに発展することも大いに見込まれる。最終的にカヴァナーを監督生にしなかった理由がそれだ。

目当ての居室を開けると、全員が即座に起立した。自分たちの意志で起きているのか、当直の指示なのかは定かではないが、彼らは非常に協力的であった。しかし、特にこれと言って有用な情報は得られなかった。

諦めて居室から引き上げようとしたときだ。廊下に何者かの気配を感じた。

「誰だ」

手燭の灯りをかざすと、暗がりに制服姿の少年が映し出された。

「チェイス?そこで何をしている。消灯時間はとうに過ぎている筈だ」

「ジョージア先生。カヴァナーはまだ…」

「お前に話す必要はない。それとも、行き先に心当たりでもあるのか」

「心当たりと言うか、その、少し気になることがありまして」

「ここでは声が響く。ついて来い」

いつもなら教官室を使うところだが、今夜はあいにく先客がいる。タリウスは考えた末、教室の片隅に灯りを点し、チェイスと向かい合って腰を下ろした。

「それで、気になることとは何だ」

「先週、街へ出掛けたとき、カヴァナーが懸賞を見ていました」

「懸賞?」

「賞金首って言うんですか。公安が貼った人相書きを熱心に見ていました。もしかしたら、どこかで遭遇するかもしれないから、そのために覚えているんだと言っていました」

いかにもカヴァナーらしい発想だと思うと同時に、もの凄く嫌な予感がしてきた。

「それで?」

「話の流れで、人相書きの男たちを捜すことになって」

「何故そんな真似をした」

「軽い気持ちでした。そんなに簡単に見付かるわけがないし、まさかその辺りにいるなんて思いませんでした。でも、カヴァナーが人相書きの男のひとりを見たと言い出して、それで…」

チェイスは言いよどんだ。

「どうしたんだ」

「尾行しました。すぐに巻かれてしまいましたが」

「馬鹿かお前たちは!!遊び半分でするようなことではないだろう」

夜更けであることも忘れ、タリウスは声を荒らげた。小さな子供ならともかく、彼らはつい先日本科生に上がったところだ。そのくらいの分別はもうあって然りだ。

「申し訳ありません。軽率でした」

チェイスが項垂れた。

「あのとき、カヴァナーは諦めきれない様子だったので、もしかしたら今日もまた賞金首を追っていたんじゃないかと思いまして」

「そのことをミルズ先生に話したか」

「いいえ」

「何故黙っていた」

「自分は今日、外禁だったので、事情を聞かれませんでした」

「事情を聞かれようが聞かれまいが、必要なことは報告しろ」

「言おうと思ったんですけど、すいません。ミルズ先生が怖すぎて近付けませんでした」

「そんなものは理由になるか!」

タリウスは再び語気を強めた。内心、気持ちはわかるが、と思いながら。

「それで、どのあたりだ」

「はい?」

「すぐに巻かれたと言っても、二三歩で逃げられたわけではないだろう。どのあたりで見失った」

「それは…」

チェイスが目を伏せた。

「お前には事の重大さがわからないようだな」

タリウスはおもむろに立ち上がると、壁に掛けられた教鞭を取った。教鞭は一般的には黒板を指し示すものだが、しばしばそれ以外の用途にも使われる。

教官は教鞭の先をチェイスの顎先にぴたりと押し当てた。チェイスの背中をじっとりとした汗が伝う。

「ひ、貧民街…です」

「立て」

かすれた声が絞り出されるや否や、教官が低く命じた。チェイスは弾かれたように立ち上がった。

「いっ!」

ピシリと尻に衝撃が加わる。

「すいませ…」

「すいませんで済ませられる話ではない。当然、このくらいは覚悟の上だろう」

訓練生の外出には制限があり、中でも貧民街と呼ばれる退廃地区への出入りは、固く禁じられていた。住民の大半が貧困に窮しており、犯罪の温床になっているからだ。

「うっ…あぁ…」

続けざまに一ダース打って、タリウスは鞭を下ろした。

「続きはカヴァナーが帰ってからだ。当面、身分証は戻ってこないと思え」

教官は元あったところに鞭を戻し、足早に立ち去った。チェイスはと言えば、両手で机の端を掴んだまま、ガクガクと足を震わせていた。
6

2021/7/12  21:33

続ジョージア先生の長い長い夜1  小説

ある夜のこと、急ぎの仕事があったユリアは、夜更けまで食堂で店を広げていた。自室ではなく食堂を仕事場に選んだ理由は、広い場所が必要だったことに加え、もうひとつ。居眠りの誘惑に打ち勝つためだ。

「ああもう、限界だわ」

だが、そんな彼女に睡魔は容赦なく襲い掛かった。どうにも目蓋が重くなり、手燭の灯りが大きく揺れた。薄目を開けて炎の揺らめきを追っていると、突然ドンドンと激しい音が鳴った。ユリアはハッとして椅子から立ち上がった。

音は玄関から聞こえてくるようだった。彼女は咄嗟に背後を振り返った。炊事場の奥は女将の私室になっているが、眠っているのか、女将がその姿を現すことはなかった。その間も、戸はドンドンと激しく鳴った。

ユリアは引き寄せられるようにして、音のするほうへ向かった。

「どちらさまですか?」

次第に速くなる鼓動を抑え、戸越に尋ねた。勿論、閂(かんぬき)がしっかりと掛けられているのを確認した上でだ。

「おお、ミス=シンフォリスティか」

「そのお声は、ノーウッド先生でいらっしゃいますか」

聞き覚えのある老いた声に、途端に緊張が解けた。

「夜分にすまないが、ジョージアはいるか?緊急事態だ。本科生がひとり、外出したきり帰って来ん」

「お待ちください。今、閂を…」

ユリアは老教官を招き入れると、続いて音もなく階段を上り始めた。

「どうしました?」

階段を上り詰めたところで、タリウスと行き合った。騒ぎを聞き付け部屋から出てきたのだろう。

「ノーウッド先生がいらっしゃっています。訓練生のひとりが未だに帰って来ないそうです」

「すぐに行くと伝えてください」

タリウスは自室に取って返すと、すぐさま軍装をして出直した。その間、ものの一分と掛かっていない。

「お待たせしました」

「お前さんは所帯をもったというのに、相変わらずこんなところに住んでいるのか」

玄関にユリアの姿はなく、代わりに老教官が興味深そうに屋内を窺っていた。

「いろいろと事情がありまして」

「その事情とやらも大いに気になるところだが、まあ良い。話は聞いたか?」

二人はそのまま連れだって夜の街へと出た。

「はい。いなくなった訓練生というのは誰ですか」

「カヴァナーだ」

想定外の名前に、タリウスは眉をひそめた。当該訓練生は、これまで成績にも素行にも問題らしい問題はなく、一時は監督生に推そうとしたくらい優秀だったからだ。

「こんなことをしでかすような奴ではないと思うたが」

「同感です。公安には報せたのですか」

自ら規律を乱すようなことをしないとなれば、何らかの事故なり事件なりに巻き込まれた可能性が高い。それでなくとも、昨今の王都は再び窃盗団が暗躍し、お世辞にも治安が良いとは言えなかった。

「ジョージア、そいつはあくまでも最終手段だ」

「確かにそうですが、士官候補生は一般人であって士官ではありません。こんなときくらい…」

「そんなことはわかっておる。だが、士官候補生が士官でないのは、不祥事を起こせば簡単に首を切れるからだ。もし、士官の文字が新聞に載るような事態になったら、陛下にどう申し開きをするつもりだ」

軍も軍人も、それから士官候補生も広義の意味で国王の持ち物である。それ故、日頃の行いには最大限注意を払うよう、予科生の頃から耳にタコが出きる程言われ続けてきた。そして、それが出来なければ容赦なく切り捨てられて然りともまた言われていた。

「儂らのツラなぞいくら汚れたところでかまわない。何のために体面を保っているか忘れたわけではあるまい」

「申し訳ございません」

「下らんことを言っている暇があったら、手でも足でも動かせ」

「はっ!」

直立不動で敬礼を返す元教え子を見て、老教官がはあ、とため息をついた。

「お前さんとこにも似たような歳のがいるんだろう?気持ちはわからんでもないが立場を弁えろ。それに、公安に行ったところで、今夜はかきいれどきらしくて、とてもじゃないが相手をしてもらえそうもない」

「どういうことですか」

「実は公安まで偵察に行ってきたんだが、何やら大捕り物があったらしい」

「捕り物?窃盗団が捕まったんですか」

そうであれば、確かに子供ひとりに構っている場合ではない。

「恐らくな。儂はこのまま城下をもう一回りしてくる。お前は兵舎へ行き、ミルズの指示を仰げ」

「はっ!」

分かれ道に差し掛かり、タリウスが颯爽と踵を返そうとするのを、 老教官が待てと呼び止めた。

「わかっていると思うが、今夜のミルズは相当お冠だ。間違っても刺激するなよ」

「心得ました」

道理で普段温厚な老教官までピリピリしている筈だ。タリウスは俄に痛み出したこめかみを抑え、それから闇に向かって走り出した。


昨夜まで全然違うのを書いていたのですが、今朝になって同時多発的にネタが降ってきまして。もうひとつは、クリスマスネタ(しかもチビの頃)なので、流石に暑苦しいと思いこっちにしました。
7

2021/7/4  17:26

ベタベタ?  そらごと

一月弱ダラダラとお送りした本編もようやく終わりを迎えました。その間、たくさん一緒に楽しんでいただけたようで、ありがたい限りです。

鬼面〜は、もともと話の筋がざっくりとしか決まっていなかったのですが、まさかおとうさんが白旗をあげるとは、自分でも驚きでした。チビも大人になったもんだ。

さて、父子喧嘩が一段落したところで、久しぶりにこの二人の拍手SSを書いてみました。更新後一週間は、一番初めに表示されるようにしているので、既にお読みいただいた方もいらっしゃると思うのですが…子供っていろんなものを拾いますよね。石とか小枝とか。

このネタを書きながら、何故か思い出したのか、昔見たマンガ(フィルムコミック)で、お仕置き時の防御力を上げるために、ズボン?の下に固いものを仕込むっていう。

普段はあまり怒らないおとうさんが、何かのときに、兄弟を一列に並べて、ひとりずつ笞で打つのですが、みんな自分の番が来るのをドキドキしながら待っているなか、ひとりだけ余裕綽々の子がいて。

何故なら、この子はお尻に固いもの(洗面器)を隠しているから。でも、お尻をぶたれたときの音がみんなと違い、即行お父さんにバレてしまい、ひとりだけ生尻をばちん!されてしまうのです。

もちろん、うわあぁぁんとなるんだけれど、なんだろう、この男の子の浅知恵がものすごく可愛かったのを覚えています。

余談でした。


さて、チビがチビでなくなって久しく、もうあまりベタベタしてくれなくなってしまったのが淋しくて、昨夜は昔の二人を書いてみました。

どんなに叱られても、痛いお仕置きをされても、チビはタリが大好きなようです。この頃はそこまで怖くなかったしね。

そして、教父長様の中では、タリウスはただただやさしい人という認識なんだろうなと。タリウスの保護者としての顔しか知らないし、キレたところも見たことないから、当たり前ですが。


さてさて、この夏はどこにも行かないし、行けないしで、PCを新調しようと計画中。さすが、○年前のソフマップで5万のマシン、もう限界ですわ…
17

2021/7/4  2:24

【光】  小説(再掲)


↓以下は、お題小説の形を取っていますが、「帰郷」の続きとなっております。

つい先日、「帰郷」と「三つ子の魂」の間にどんなやりとりがあったんだろう、そんなことを考えながら朝風呂に浸かっていたところ、降ってきた話です。10年越しw

それにしても、朝風呂って、何か背徳的で好きです。ま、最近よく寝落ちるだけの話ですが。


マクレリィ夫妻に自分なりの報告を済ませた後、タリウスは弟を伴い教会の中へ入った。そろそろ帰らなければならない時間だが、その前にひとつやり残したことがある。

「楽しく過ごせましたか」

若き教父長は客人たちの姿を認めると、すぐさまシェールの前に屈んだ。

「はい、教父長様」

「それは何よりです」

シェールはと言えば、もうすっかり涙も乾き、教父長に頭をなでられ、嬉しそうにしていた。

「とても晴れやかなお顔をされていらっしゃいますね。お気持ちが決まられたのですか」

教父長はしゃがんだまま、今度はタリウスに視線を移した。

「何の話?」

タリウスが答えようとするその前に、シェールが不思議そうにこちらを窺った。

「教父長様と大事な話があるから、お前は部屋にいなさい」

「でも…」

シェールは兄の側を離れたくないのか、繋いだ手にきゅっと力をいれた。

「シェール、すぐに戻る」

だが、やさしく諭すようにして言うと、しぶしぶ手を離した。


「よくご決断なさいましたね」

教父長は応接室にタリウスを迎え入れると、朗らかに言った。

「前々から考えてはいましたが、少し前に決定的な出来事がありまして、先程腹を決めました」

「何か問題でも?」

決定的な出来事という言葉に、教父長が眉をひそめた。

「先日、シェールがその、誘拐されまして」

「はい?」

教父長は両目を見開いたまま、しばらく全身の動きを止めた。そんな彼に対し、タリウスは過日の事件についてざっと説明した。

「全く大変なことに巻き込まれましたね。ともあれ、よくぞ無事に連れ帰っていらっしゃいました。あなたでなければ、なし得なかったでしょうに」

「これまでもいろいろありましたが、今回は本気で焦りました」

「そうでしょうとも。シェールはどうにも向こう見ずなところがある子です。絶対的な居場所を得ることで、少しは大人しくなると良いのですが、あの子の両親を知っているだけに、こればかりは何とも言えません」

そう言って頭を抱える教父長を見て、タリウスは苦笑するより他なかなかった。

「ところで、法的な手続きについては出来る限りお手伝いいたしますが、どうしますか。シェールにはいつ?」

「そのことについて、少々お願いが…」

「はい?」

そこで、タリウスはいくらか声を落とした。


「シェール、良い知らせがあります。あなたに新しいお父様が出来ますよ」

「へっ?」

正に寝耳に水だったのだろう。シェールは驚いて、目の前の聖職者を凝視した。

「どうしました?嬉しくないのですか」

「だって、教父長様。僕には今…」

そこまで言うと、シェールははっとして言葉を切った。

「ウソでしょ?!」

そして、小さく呟くと突然戸口に向かって走り出した。

「一体どうしたと言うんですか。シェール、待ちなさい」

シェールは無我夢中で走った。教会の中を走ることは勿論ご法度だが、今はそんなことを言っている場合ではない。

「お兄ちゃん!!」

階段の下に見えた求めていた影に、シェールは勢い良く飛び掛かった。突然飛び出してきた弟に、タリウスは面食らいながらも、どうにかその身体を受け止めてやる。

「イヤだ、行かないで」

「ん?一体誰がどこへ行くと言うんだ」

「えっと、うんと、どこって、僕にもよくわかんないけど、でも!とにかくどこにも行かないで」

「何の話だ?」

自分にしがみついて何事かを喚く弟に、タリウスは辟易した。

「シェール、お待ちなさい」

「イヤだ!!」

ようやく追いついた教父長は肩で息をしていた。その間も、シェールは嫌だ嫌だと繰り返す。

「すみません、これは一体…」

タリウスには一向に状況が理解出来ない。自分はただ、シェールを養子に迎えたい旨を教父長から伝えてもらうよう頼んだだけだ。

「それが私にもさっぱり…ああ、ひょっとして、あなた、お兄さんと引き離されると思ったのですか」

「違うの?!」

悲痛な声に、二人は顔を見合わせ、それから失笑した。

「全然違います」

「で、でも。お父さんがなんとかって………え?」

そこでようやく気付いたのか、シェールは背後の兄を振り返った。

「全く悲しいくらい信用がないのだな」

「えっと、だって、うそ………本当に?」

「お前さえ良ければの話だが」

まじまじと見上げた兄は、如何とも言いがたい微妙な表情をしていた。シェールはもう一度タリウスに抱きついた。

「いいに決まってる」

その手は先程より強く兄の肩を掴んだ。

「そうか。なら、決まりだ」

タリウスはお返しとばかりに、これでもかと小さな身体を抱き締めた。

「本当によろしいんですか?お分かりのように、その子の親はちょっとやそっとじゃ努まりませんよ」

「望むところです」

そう言って愛し子を見詰める瞳には、穏やかな光が宿っていた。


15



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ