ダラダラ中につきカメ更新 感想など、ちょろっとでも書き込んでいただけましたら泣いて喜びます🎵
« ♪♪♪ | Main | ♪ »

2021/4/5  7:04

♪♪  小説


「ただいま」

数年前のある日のことだ。帰宅を告げる兄の声で、シェールは目を覚ました。つい先程まで、ベッドに転がって絵本を読んでいた筈だが、いつの間にか眠ってしまっていたようだ。

「お兄ちゃん!おかえりなさい」

待ち人の帰宅に、シェールはベッドから飛び降りた。

「元気にしていたか?」

「うん」

「それは何よりだ」

まだまだ話したいことはたくさんある。何せ今日一日、ずっとこの時を待っていたのだ。

ところが、タリウスはそんな自分の胸中を知るよしもなく、こちらに背を向け黙々と着替えに取り掛かかった。

「ねえ、お兄ちゃん」

「何だ?」

弟の呼び掛けに、タリウスは背中で応じるだけだ。

「あのね…」

「うん?」

「あの、えっと…」

次第に小さくなる声に、タリウスは何事かと振り返り、それから弟の前に膝を折った。

「どうした?」

思わずうつむくと、真顔で覗き込まれた。もとよりそう大した話ではない。そう思ったら、うまく言葉が出てこなかった。

「…れる?」

「ん?何だ?」

やっとのことで声を絞り出すが、兄には届かない。

「シェール、何が欲しい?」

「えっと、お菓子」

「お菓子?」

咄嗟に口から出任せを言うと、兄が眉を潜めた。

「ついこの間、買ってやったばかりだろう。もうないのか」

シェールは答えない。何故なら、本当は引き出しの中にたんまりあるからだ。

「そんなに頻繁には買えない。ダメだ」

「でも」

「今日のところは我慢しろ」

兄はピシャリと言い放った。本当にお菓子が欲しいわけではないが、ここで引き下がったら会話が終了してしまう。シェールは必死だった。

「なんで?」

「何でって、わからないのか。お前に意地悪するためか。それとも、お前が嫌いだからか」

「そんなの、そんなのどっちもだよ!」

「本気で言っているのか」

タリウスに鋭い視線を向けられ、シェールは泣き出しそうになるのをどうにか堪える。二人はしばらくの間、睨み合った。

「だって」

だが、それもいくらも続かない。先に目をそらしたのは、もちろんシェールだ。

「だって?」

「だって、そんなことないって思うけど、でももしそうだったらって思ったら…」

「違う。お前のことは大事に思っているし、出来る限り望みは叶えてやりたいと思っている」

「お兄ちゃん…」

想像していなかった言葉に、シェールは今度こそ泣きそうになる。

「でもね、シェール。お前には我慢することも覚えて欲しい。きちんとした大人になって欲しいからだ。俺の言っていることがわかるか?」

コクリとシェールは頷いた。

「この次は買ってやる。だから、今日のところは聞き分けろ。良いか?」

「うん」

「良し、良い子だ」

タリウスは微笑み、それから頭をぽんとなでてくれた。今なら本当のことが言えるかも知れない。

「…ってして」

「うん?何だ、もう一度言ってごらん」

「あのね、ぎゅってして」

タリウスは一瞬驚いた様子を見せたが、すぐさま顔をほころばせた。

「これも我慢?」

「いや」

それから、膝を折ったままやさしくシェールを抱き締めた。広くあたたかな背中に触れ、言いようもないくらい心が満たされた。

「これは我慢しなくて良い。いつでも言って良いよ」

「ホントに?」

「ああ。淋しいおもいをさせて、悪かったな」

タリウスはそのままシェールを抱き上げ、ベッドに着地させた。

「今日は何をしていた?」

「えーっと」

そうして並んで腰を下ろし、他愛のない話をする。シェールだけの時間である。


もうちょい続く
10



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ