ダラダラ中につきカメ更新 感想など、ちょろっとでも書き込んでいただけましたら泣いて喜びます🎵

2020/12/31  14:16

ありがとうございました!  そらごと

今年も大変お世話になり、ありがとうございました。こちらに戻ってから一年ちょっと、毎日あたたかな励ましをいただき、本当に心より感謝しています。

いや、ホント。読むのは良くても、書き込むのってなかなかハードルが高いと思うのです。なんせ自分もそうでしたから。

そんなわけで、みなさまからのお声はどれも大事に、何度も読ませていただいています。

ちなみに、お名前のない方の拍手コメントは、リモートホスト(プロバイダとかWi-Fiがザックリ表示される)となんとなくの雰囲気で、いついつのこの方と同じかな?などと想像して、お返事を書いています。

もしかしたら、結構な割合で人違いをしているかもしれず…なんかトンチキなことを言っていたら、ごめんなさいね。


さてさて、約3ヶ月に渡ってお送りした「石の記憶」も、ようやくラストを迎えました。多少の寄り道はしたものの、ほぼスパ関係ない感じで突き進んでいったにも関わらず、最後までお付き合いをいただき、本当にありがとうございました。

以前にも書きましたが、HAKASE氏の名曲、「With One Wish」を聴いて、初めに思い浮かんだのが、砂漠の中を西遊記の如く旅する三人の姿でした。過酷な旅なんだけど、三人とも表情が生き生きしていて、助け合ってゴールする、みたいなイメージです。

なので、当初は砂漠の話がメインになる筈でしたし、サソリのくだりも砂漠の真っ只中でやりたかったし、お使いにいくのもシェールだったのですが、、、考えるまでもなくつむんです、それだと。

ま、あれはあれで気に入っているんでよしとします。←タリウスのおつかい。


ちょっと話逸れますが、私は小さな頃からモノガキが好きで、一時期は同人界の片隅で、創作ジャンルに籍を置き、ちまちまと活動したこともありました。実力がないので仕方がないことではありますが、なかなか手に取ってもらえないのですよ。文字だらけの一次創作って。

それでも好きな気持ちがあれば、ひとりでも書き続けられたのでしょうが、当時の私にはムリでした。

で、そうこうしといるうちに、インターネット全盛期が訪れ、試しに「spanking」と検索して、今ここですよ。ホント世の中何がどうなるかわからないって、このことです。


しかし、流石にそろそろスパサイトの看板を掲げていることが心苦しくなってきたので、次回はひっさびさにガッツリスパ(当社比)です。タリウス/シェール、笑いなし。原点回帰です。

でもって、思い返せば、毎回新年一発目はシェールがひどい目に遭うっていうこの流れ。折角、旅の間はイイコちゃんだったのにね…
8



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ