ダラダラ中につきカメ更新 感想など、ちょろっとでも書き込んでいただけましたら泣いて喜びます🎵

2011/8/2  23:38

こえの可能性  そらごと

オーディオブックというものにとても興味をひかれています。

早い話が音声によって耳から本を楽しめるもの、媒体によってカセットブック・CDブックなどと呼ばれているものです。

私はチビッコの頃に大病しまして、日がな一日ベッドというような状態を比較的長い間経験しました。片腕を点滴にとられ、もう片方は重いものを持てない左手で、本も読めず、ゲームも出来ず、な状況のときに、何気にこれが活躍してくれました。

中でも新潮カセットブックは一番のお気に入りで、赤毛のアンから羅生門まで、とにかくたくさん聴きました。何と言っても音楽入りで臨場感たっぷりなのが良い。残念ながら、スパありな作品には出会えなかったけど。


で、何で今になってまた、というと、話せば長くなりますが・・・


もしかしたら、またお世話になる日が来るかもしれないなぁなんて。


これまでにも、私はこえが好きで、積極的にこえのコンテンツを増やしたいと言ってきました。それは、他ならぬ自分のためです。

今までここへは書かなかったのですが、実は緑内障を患っておりまして、目下、右目の視野が欠けています。

目薬と検査がこの先の私のライフワークと言っても過言ではなく、つまりは一生のお付き合いになるわけです。

今のところ病状は可もなく不可もなく、膠着状態ではありますが、この先進むことも充分有り得るわけで、それを考えると、正直物凄く怖いです。

このあたりの事情が、日頃モットーにしている「やりたいことは今やれ」につながるわけですが。

んで、話は最初に戻りまして。

このオーディオブックって、あるところではかなりの需要があると思うのです。それがスパとなるとビミョーですし、もちろん商業ベースには乗るわけゃないと思いますが。

ただ、動けるうちに何かやっても良いかなと。



ついしん

まともに更新してないにも関わらず、日々ぱちぱち押していただいてありがとうございます。新作は、10行書いては消し、また書いては放置しての繰り返しですが、そのうちお届け出来たらと思っています。
16



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ