ダラダラ中につきカメ更新 感想など、ちょろっとでも書き込んでいただけましたら泣いて喜びます🎵

2020/9/26  19:52

人生。  そらごと

先日の連休は、思いの外、のんびりかつ充実した時間を過ごすことが出来ました。癒しの自分時間をもてたし、家族の用もこなせ、件のサウンドノベルも完成、公開に至り大変満足です。

それから、ふと思い付いて本編を更新しました。サウンドノベルを作りおえ、ゴロゴロしていたところで、するすると思い浮かんできたので、書き留めた次第です。

とりあえず、椅子に座れなく「なる」ではなく、座れなく「する」あたりタリらしいなと。気付けば、すっかり一家のおとうさんになりました。

まだまだいろいろあるでしょうが、彼らにはしあわせに生きて欲しいと願うばかりです。


さてさて、今回、久しぶりにユリアのお義母様を書きましたが、やっぱり私、この人好きだわと。そして、前回彼女を書いたときと、今現在の(私自身の)生き方が全然変わっており、我ながら言葉がない感じです。

人生何がどう転ぶかわかりません。なりゆきまかせもそれはそれで良いですが、ときには自分の手で掴み取ることも必要だったりします。
2

2020/9/20  1:26

完成!が、しかし…(追記あり)  そらごと

えーと、サウンドノベル完成しました。自己満度、マニアック度共に100%、19日間の傑作?です。

とりあえず、めっちゃ楽しかったです。念のために申し上げておきますが、プレイするのがではなく、作るのが、です。本当にこんなにドキワクしたのは久しぶりでした。

ひとまず、誤字脱字誤変換など身内にチェックしてもらおうと思ったのですが、、、実はアップロードする段階で気付きました。なんと、Androidオンリーだったりします。考えても考えても、まわりにAndroidユーザーがいる気がしません。

これでは本当に自分専用になりそうです。

もしもし、やってみたいという奇特な方がいらしたら、こっそりご連絡くださいませ。「予科生になってタリウスに叱られよう」がコンセプトです。


こんな感じです ↓



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


9月21日追記

問題なくプレイ出来るようなので、以下にリンクを張っておきます。

ストアから、AndroidアプリASKノベルゲームメーカーをおとします。
その後、メイン画面から「ゲームであそぶ」→「ゲームを探す」→「企画・身内ネタサーバ」にある「中央士官学校にて〜ある訓練生の一日〜」をクリックしていただくと、プレイ出来ます。

途中で分岐します。選択肢の前でセーブしていただくと、あそびやすいと思います。

ヘッドフォン推奨です


フリーウェアですので、インストールは自己判断でお願いいたします。そして、申し訳ございませんが、技術的なサポートは出来かねますので、ご了承くださいませ。

でも、何かあればとりあえずご連絡ください。プレイした感想、どの選択肢を選ばれたかなど、よろしければ教えてください。
4

2020/9/11  19:24

サウンドノベルのことなど  そらごと

以前にチラッと話していたサウンドノベルですが、少し前からちまちまと作り始めました。

というのも、先日スマホで作れてスマホであそべるツクール系のアプリを発見しまして(正確にはツクールではない)、見よう見まねで作り始めたところ、これがなかなか楽しくてはまりました。

隙間時間にちょこっとやるだけなので、いつ完成できるのか正直謎ですが…作ること自体が楽しいので◎

内容としては、やらかして叱られる、そんだけの話です。とりあえずは自分用です。

ちょっとやってみた感想として、時代は正に令和だなと。とにかく親切設計で、チュートリアル的なお手本シナリオがあり、BGMや背景素材などはデフォルトでセットされているものが豊富な上に、欲しい素材が追加でダウンロード出来るので、結構細部までこだわって作れそうです。

学生時代とか遠距離通勤(てほどでもないけど)のときにこれがあったら、めっちゃ重宝しただろうなぁと思えて仕方ない。


話は変わりまして、先週末にお題を更新しました。ずっと書きたかったねえさんの過去話のうちのひとつ(まだあるんかい)。当初は回想の形で書く予定でしたが、気が付いたらタリウスとのおしゃべりになっていました。

なかなか進まなかったのは、サウンドノベルに寄り道していたからだったり、違かったり。とりあえず書き終えてほっとしています。

次回は未定ですが、もう結構前から、タリウスにガツンと叱られる話が書きたくて書きたくてたまらず。ただここ最近、脳内にはやさしいタリパパしかいないのです。

とりあえずは、セリフの断片などちょいちょい書き留めていたのですが、そのネタがサウンドノベルに持っていかれるという謎な展開です。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ