ダラダラ中につきカメ更新 感想など、ちょろっとでも書き込んでいただけましたら泣いて喜びます🎵

2012/1/14  19:41

この前のつづき  そらごと

毎年のことながら、年明けと共にいろんなものが一斉に走り出しました。ええ、もう年度末に向け全速力で。

んでも、なんだかんだで動きまわることが好きなので、さほど苦にはならず。快適な眠りさえ得られれば、あとはどうにかなるようです。

そんな中、今更はまり始めたのが、アロマオイル。寝る前に加湿器にたらすだけなので、なんともお手軽なのです。



さて、年齢云々について、ご意見をお寄せいただきましてありがとうございます。誠に勝手ながら、今回の記事をもってレスに代えさせていただきます。ご了承ください。


はじめに、言葉足らずで申し訳なかったのですが、年齢制限=こちらが望まない年齢の方を完全シャットアウトする、ということではないです。そんなことは物理的に不可能ですし、くどいようですが、見付けちゃったものはしょうがないと思うから。

従いまして、これまで足しげく通っていただいた方に、ご不便をお掛けするようなことはありません。


それから、これまた重複になりますが、うちのサイトだけで考えたら、お子さまお断りにする必要はまずないと考えています。

ただ、うちがスパ界への間口になって良いのかなというおもい、それを危惧する自分がいます。


長いことこの世界に身を置いてきた人間として、この世界のめんどくささ、言ってみればドロッとした部分を知っているだけに、尚更そう思いました。

続きを読む
9

2012/1/8  18:47

千客万来ではあるけれど  そらごと

先日、夫の実家にお年始に行ったときの話。


義母:(夫の携帯を見て)なあに、これ。

私:ひょうたん、じゃないですかね。

義母:革のひょうたん?変なストラップね。

私:そーですね、あはは!それよりステキなエプロンしていらっしゃいますね。本当スッチーみたい。

義母:そうなの、これは飛行機で買ったから、スッチーさんがしてるのと同じなのよ。


会話の後半は置いといて、前半は冷や汗タラタラ。

だってそれ、本当はパドルだもん。見るひとが見ればまるわかり。


えーと、ハンドメイド革パドルを扱っている友人がいまして、その方から譲っていただいたんです、パドル型ストラップ。で、特段誰にも突っ込まれなかったので、普通に付けていたのでした。

いやはや、新年早々焦りました。


さてさて、話は変わって。ここらで、サイトに年齢制限でも掛けようかなぁと思う今日この頃です。

そもそもうちにあそびにいらしてくださる方の年齢層って、どんななんでしょう。

縁あって親しくしていただいている方は、大抵同年代と思われるのだけど…いわゆる長期休業中、電車が空くのと反比例してアクセス数が伸びるので、学生さんも多い筈。

中には、それはもううら若い乙女もいらっしゃるわけで。


まあ、自分がその歳のときに今のネット環境があったら、間違いなく夜な夜なスパ小説読みあさってるとは思うけど。

この際、それが良いか悪いかは置いておくとして。誤解を招く言い方かも知れないけど、見付けちゃったものはしょうがないと思うのね。この世界を知ったら最後、あとは階段を転げ落ちる勢いで、はまっていくひとがほとんどだと思うから。


でもね、少なくとも自分で自分に責任を負えるようになるまでは、とりあえず「眺めてるだけ」にとどめておいたほうが良いと私は思う。

ご存知の方が多いと思いますが、うちはスパカップルだし、私個人もネットを通して大切な友人を得ています。だから、いまいち説得力ないでしょうけど、、、

世の中、善人ばかりじゃないです。


何かあったときには、たとえ年齢が若かろうが、失うものは大きい。ただ未だその大きさに気付けていないから、どうしても行動が大胆になってしまうのだろうね。

と、ここに書いても、こんなとこまで付き合ってくれるのは大人だけなんだろうけど(ボソッ)。


実際問題、うちはadult要素全然ないし、スパシーンと呼べるものの割合も日増しに減少し、何より活字ばっかでむしろ敬遠されるだろう、とも思うわけで。

だけど、創作サイトを装って、わざわざ寝た子を起こすこともないのかなぁ〜とも思うのです。
7

2012/1/4  20:15

初夢  小説

「わん」

ある朝目覚めると、一匹の仔犬が隣で尻尾をふっていた。

「シェール、これはどういうことだ。シェール!」

しかし、室内にシェールの姿はなく、彼はそのまま階下へ向かった。まったくエレインときたら、道端に落ちているものを拾ってはいけないと、息子に教えなかったのだろうか。

「タリウス、おはようございます」

「おはようございます。シェールを見ませんでしたか」

「いやだわ、シェールくんなら後ろにいるじゃないですか」

「は?」

ユリアに言われ、後ろを振り替えるがもちろんそこにシェールの姿はない。ただ先程の仔犬が相変わらず尻尾をふっているだけだ。

「ほーら、ぼくちゃん。ご飯ですよ」

そこへ女将が現れ、仔犬の前に皿を置いた。シェールの奴、いつのまに女将まで味方につけたのだろう。

「ほんとにぼくちゃんはお利口さんだねぇ」

女将は仔犬の前へ屈み、よしよしと頭を撫でまわした。仔犬はといえば、目の前の餌には食い付かず、耳をぴんとそばだで、こちらをじっと見つめていた。

「ご主人様がいいって言うまで、ちゃーんとこうしておあずけ出来るんだもんね。そこいらの子供よりか、よっぽどきちんとしつけられてるよ」

「本当にイイコですね、シェールくんは」

「ま、まさか」

こぞって仔犬を撫でる女性たちを前に、タリウスは卒倒しかける。

「ちょいと、いい加減食べさせておやりよ」

「あ、ああ」

恐る恐る仔犬に目をやると、

「わん!」

と、嬉しそうに一啼きし、皿に食い付いた。

「そんな、そんなバカなことが…」

確かに可愛いは可愛い。幸せそうに餌を頬張るその姿も、見ようによってはシェールに見えないこともない。だが…

「最近あたしには、この子が人間の男の子に見えてきてね」

「いやあね、女将さんてば。シェールくんはわんちゃんですよ」

「嘘だ…。こんなもの、嘘に決まっている!!」

ああ、神様、王様、エレイン様!!頼むから、シェールをお返しください。


「ねえとうさん。とうさんてば、大丈夫?」

「シェール!!帰ってきたのか」

「ちょっと、どうしちゃったの?」

「いや、どうもしない…」

夢か。息子の前で思い切り寝惚けるとは、自分としたことが情けない。一息吐いて、いろいろな汗が混じりあった額を拭う。すると…

「わん!」

「な、なんだ、そいつは!」

シェールの足元で仔犬が啼いた。

「お正月の間だけ、仔犬を預かることになったっておばちゃんが言ってたじゃん」

「そういえば、そんなことを言っていたような…」

昨夜はひさびさに飲んで帰ったため、記憶が曖昧だった。

「あー!ひとの話はちゃんと聞いてなくちゃいけないんだよ!」

「ああ、わかった、悪かった。頼むから大きな声を出すな」

「風邪でもひいたの?」

反射的に頭を押さえると、小さな手が額へと伸びてきた。

「違う」

ただの二日酔いだとは言えるわけもなく…

「だったら散歩行こ!」

その直後、彼は絶不調の身体を引きずりながら、二匹の仔犬に振り回されるのだった。




正月早々、今年って何年だっけ?てな話で申し訳ない。。
いや、もうミゼットがネコな以上に、シェールはイヌなんです。
作業中BGM
11

2012/1/2  14:38

あけまして2012年  そらごと


昨年は大変お世話になり、ありがとうございましたクリックすると元のサイズで表示します

思い返せば、あっという間の一年でした。ついこの前、古を〜を書いたと思ったのに、早いものですね。なんともかんとも、シェールくん、大暴走の一年でした。

しかし、いつものことながら、シェールに感情移入すると半端なく疲労します。タリパパに叱られ、タリ先生に怒られ、全編通してほぼ泣かされっぱなし。本当にもう、私までくったくたクリックすると元のサイズで表示します

いえいえ、一番大変だったのは、言うまでもなくおとうさんなんだけど。本当は最後、抱き締めてやりたかったけど、あえて堪えてみたり。んでも、なでなでは譲れないの(笑)。

そして、あのおじいちゃん。昔々、名前だけ出てきたノーウッド先生だったりします。随分前からシェールと絡むネタはあったのに、ことごとく日の目を見ず。これでやっとすっきり!

そんなこんなで、いつまで続けられるか私自身定かではないありませんが、今年もまたよろしくどうぞお願いいたしますクリックすると元のサイズで表示します
16



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ