ダラダラ中につきカメ更新 感想など、ちょろっとでも書き込んでいただけましたら泣いて喜びます🎵

2010/9/28  0:52

ボイドラとあんけーと。  そらごと

やーーーっとこさ、ボイドラ本編upしました。やりたいと思って早半年。なんだかんだで、約7分の作品に仕上がっています。たかが7分、されど7分。

よろしければ、お時間のあるときにでも聴いてやってくださいませ。そして、生暖かい感想をいただけましたら…幸いです。こればっかりは、本当にスイマセンがお願いします。

最後まで心残りだったのは、私の編集スキルがなくて、ノイズが全部取りきれなかったこと。せっかくステキなおこえをいただいたのに、申し訳ない。なもんで、小さめに聴いてくださると嬉しいです。

それから、1周年アンケートも作りました今後の参考のため、ぜひともみなさまのおこえを聞かせてくださいませ。ほんとう、1年もやってこられたのは、あそびにきてくれるあなたさまのお陰なんですいつもありがとう。

携帯からはちょーっとやりにくいかもですけど、こたえたいと思っていただけるところだけで良いので、なにとぞよろしくお願いします。

あ、最後にどーでもいい超SSが出てきます(笑)。下のほうにリンクがあるのでわかりにくいかもしれません。。
6

2010/9/26  12:57

ついに…(追記あり)  そらごと

顔は殴んないって言ってたのにね、殴っちゃったねまあタリタリも寝てない、疲れてるで、意味わからん状態だったのかも。・・・いや、最初からこのシーンは決まっていたんだけど。

んで、ぼちぼちチビも、タリタリから道具を使ったお仕置きをされるかなーなんて思っていたところ、どこぞの親父にビシバシされていましたね(合掌)。

この親父、アッシュの親方は、何気にかなり初期から存在していました。元はお菓子屋ではなく飲み屋の親父で、タリタリの良き相談役という設定で。今回こんな形ですが、登場させられて良かったです。

んで、タリタリは訓練のときには、アッシュがチビにしていた以上のことを(殴ったり蹴ったり)平気でしているだろうけど、チビに対してだけはオニになりきれない。指導育成するのは二の次で、今はまだ保護する段階とでも思っている、のかも。エレインのことがあったから、やっぱり心配なんだよね。

さてさて、話は変わって。私自身も昔駅ビルのお菓子屋さんで働いていました。もともとそこのお菓子が好きで、残ったらもらえるかなーという安易な考えでスタートするも、もうもうめちゃくちゃハードで何度辞めようと思ったか

注文受けてからお菓子をひとつひとつ箱詰めして、ラッピングしてってやるんだけど、詰め合わせが20種類くらいあって、超複雑なのね。しかも、みなさん大概まとめ買い駅ビルだから電車の時間とかあって、お客さん怖いんだわで、お菓子が重い!最中一枚7キロとか、根性で持ち上げて激走していました。

そして、社員さんがマジ怖かった。いつかネタにしようって思ってたくらい(笑)。初めてだからとかいうの一切ナシで、「絶対間違えないでください」とか言われる。間違えると舌打ち。。自慢じゃないけど、私の前後にバイトが6人1ヶ月もたずに辞めていて。だから、社員さんも教えるのが嫌になっちゃったんじゃないかと。お金を稼ぐというのは大変です

ちなみに、残ったお菓子はもちろんもらえて、それどころか同じフロアのお惣菜だのケーキだのもたくさんもらえ…バイト代よりこっちが嬉しくて辞めなかったのかも。


えーと、今回のお話を文字数カウントかけてみたら、なんと原稿用紙41枚分だった長いなとは思ったけど、これにはびっくり。携帯から読んでくれた方(いるのかなぁ)お疲れ様でした^^
13

2010/9/19  0:02

リンク追加&番外編更新  そらごと

リンクを追加しました。じゃらさん(銃要虎さん)の「TIGER-REVERIE」です。私なんぞが紹介するのも甚だ恐れ多いのですが、ご本人にお許しを得ましたのでお目こぼしください

小説、マンガ、フラッシュ、いずれも名作揃いで、学生時代〜新人の頃には毎日のように通いました。私がF/fに強いあこがれを持つようになったのは、小説「ホストマザーによせて」(後にフラッシュ化)の影響がかなりあるかも。ホームステイ先がぺんぺんのある家庭で、自分もされちゃうってストーリーなのですが、もうドッキドキで当然、フラッシュも見まくり。

というか、じゃらさんのフラッシュ作品を拝見して物凄い衝撃を受けました。私がこえのコンテンツをやりたいと思ったのも、完璧に彼の影響です。国内の動画サイトなんてなかった当時、耳でもスパが堪能出来て、新鮮で、楽しくて、これいつか絶対やりたい!と思ったのでした。

そして、忘れちゃいけない"Spanking with love"の和訳ミラー。これ、本家は真面目な教育サイトなんですけど、スパに関する記述がなんともツボで。ファンタジーではなく本気で言っていると思うと若干怖くもありますが叩き方のスキルなど、spankeeの私がモノガキをする上では大変参考になります。痛くないけど痛そうな叩き方というのが、なんか良かったです。どこぞのお兄さんも研究してるのかな、なんて。

話は戻って、じゃらさんは私にとって雲の上のひとなのですが、今回数年振りに連絡を取って、思い切ってリンクをお願いしました。男性作家さんのサイトなので、苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが、未訪問の方はぜひ一度お試しください。

さて、半月振りの更新は予告どおり番外編でした。今回はかーなり難産で、前の二つがさらっと書けたのに比べて、ウネウネとこねくり返してしまいました。しかし、木製のヘラって日本で言うところのしゃもじなので、メイドさん、かなり痛かっただろうなぁ。私は好きな部類の道具だけどね。

一応、次で最終回の予定なので、もうちょっとだけお付き合いくださいませ。
4

2010/9/18  13:14

ファンタジーに生きる  そらごと

ここのところ更新が停滞しているにもかかわらず、毎日たくさんの拍手をありがとうございます。拍手SSはノンスパなので、それでも読みたいと思っていただけることにちょっとびっくりするとともに、とても嬉しく思います。この気持ちをね、次につなげます。

さて、少し前から、自分の書きたいもの、表現したいものに対して疑問を感じるようになりました。言うまでもなく、私が書いているのはファンタジーです。それは、登場人物の名前がカタカナだからではなくて、たとえ現代の設定で書いていたとしても、やはりファンタジーなのです。うまく説明できませんが、まあフィクションって言葉に近いのかな。

私が書くスパは甘っちょろい。

お仕置きの中味もそうだし、カー&キーの関係も馴れ合いというか、なんというか。もちろん、そういうのが好きでやっていて、それこそ一番初めにここに書いたように、「お仕置きするほうもされるほうも、相手のことが大好き」な前提があるわけです。だから、spankerもあんまり煙たくない。まあオニ教官絡みの話はちょっとぶれますけど。

話はズレまして、私自身も結構なぬるま湯で育った人間です。だから、根っからの自由人だし、力で抑圧される、恐怖に屈するみたいなの、すごく嫌なんです。

だけど、私が今書いているのってお仕置きとしてのスパ(=厳しいもの)なんだよね。そういう世界と隣接していて然り、そのものと言っても良くて。綺麗事言ってんじゃないよと突っ込む自分が、ときどき登場するのです。

現実は厳しい。それをわかっているからこそ、空想に遊んで、ファンタジーに逃げても良いんじゃない、と思うようにするのですが。

そんなわけで、F/fが2/3、M/mが1/3と中途半端なところで止まっています。連休中には前者くらいはアップしたいなぁ。

そして、次はカラカラに明るい話が書きたい。「雷とオバケと」みたいな話ばかり、生み出せたら良いのにな。
10

2010/9/11  14:25

職場でのヒトコマ  そらごと

カチャカチャと仕事をしながら、向かいの先輩とおしゃべり。

先:昨日、息子叩いちゃった。

私:は?どこを?

先:あたま。

私:あそう。(がっくり)で、何でですか?(←そこは気になる)

先:だって何回も同じこと言わすからさ。腫れちゃった。

私:って、どんだけ叩いたんですか!

先:1回。本当痛くてさ、泣きそうだったんだから、ほら。

差し出された薬指を見ると、横っちょがぷっくり腫れてる。

私:えぇ?パパが負傷したんですか?!

先:昨日は紫色になっててさ、まだ痛い。

私:天罰じゃないですか〜。てか、頭って硬いんですねー。

流石のそらさんも、「ならお尻にすれば良かったんじゃないですか」とは言えませんでした(笑)。咄嗟に手が出るときって、やっぱり頭か顔ですよね。お尻は…遠い。

今現在、公私共にドタバタしてて、しばらくゆっくり妄想する時間が取れないかも。明日も出勤です

最近、思いつくネタが悉く小さく、お題小説にもならずそんなわけで、ちょこちょこと拍手SS(おもちゃ箱本体のほう)へあげています。

それから、Web拍手はアク解が出来ないので、同一時間帯に複数メッセージをいただくと、同じ方なのか別の方なのか判断が出来ません。なので、メッセージごとの返信になります。


拍手レス☆
9



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ