神頼み  妊娠出産育児

大宮の氷川神社に来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

この日はとてもいい天気で、大宮で髪を切ってさっぱり♪

氷川神社まで歩くと、けっこうな距離になるので、効いてくれたかな。

いま行ってる産院では、マタニティブックを配られます。
そこの2ページ目に『安産五則』というのが載っていて、そこの第一項目が、私にはとてもしっくりきた言葉です。

「一 お産は、自分の力でするのではありません。大自然の大きな力で無事に産ましていただく。」


本当に、子供は授かりものだなぁと思っているので、神頼みは大切な気がするのです。

どの神様に祈るかとかは、どうでもよくて、しいて言えば、なんというか、自然の大きな力に祈る、みたいな。

今は医療が発達して、人の命も人工授精や医学的な技術でなんとかなっちゃって、お産は安全かつ医療行為と思われてるかと思うのですが、やっぱり、お産は、人間が動物として、繁殖している行為なのかなぁと思うのです。


自然淘汰はもちろんあるし、全部が医療でどうにかなるとは思ってません。
何か起きてしまったら、それは起こるべくして自然に起こってしまうことなのかと、あらかじめ自覚しておかねばと思うのです。


そうなると、今の自分にできることは、体を動かしたり栄養を程よく摂取する他は、祈るくらいしかないのかなぁと思うのです。ゆったりした心構えで。


そんなわけで、氷川神社では今日までお腹で赤ちゃんが無事に大きくなってきていることに感謝して、あとは安産をお願いしてきました。

予定日が24日なので、いよいよあと10日です。
0




AutoPage最新お知らせ