静岡大道芸  

昨日、日帰りで行ってきました。今回で3回目です。
前の2回は泊りがけで2日間がっつり見れました。
今回は日帰りなので、ちょっとせわしなかった。

朝8時40分に東京駅集合。レンタカーで静岡へ。

行きは2時間ちょっとで着きました。

お昼を食べるのも忘れてまずはダンディGOさんをみました。

かっこいい〜〜!この人の演技は3年前、2年前と両方見てますが、いつみてもすばらしいダンディズムです。
お客さんにわかりやすく、楽しく盛り上げるってのはこういうことかと思います。
キャラ設定がまずとてもわかりやすくていいです。

今回は、サイン&写真会にならんで、ツーショット写真を撮ってもらいました。
握手もした。いやーかっこいい人だ。
自由が丘でやってるジャグリング教室にも通いたいくらいです。

次は矢部亮君を見ました。彼をはじめてみたのは彼が現役高校生のとき。
いまはもう20歳です。ちょっと顔つきが大人っぽくなって、体つきもがっしりしてきたと思います。

いやー彼もかっこいい。ジャグリング界のジャニーズですね。

前はボールとクラブも見れたのですが、今回はクラブをちょっととひたすらディアボロでした。

まあ前は市街地の真ん中だから、ディアボロよりボールとかの方が高さが低くてよかったのかも。

ひたすらすごかったです。でも、ディアボロってすごすぎてどうすごいのかちょっとわかんないです。

彼の演技は手品でいうとスライのキメキメ系です。

投げ銭タイムでは握手をしてもらい、「大人っぽくなりましたね。かっこいい〜」って話かけたらニコって笑ってくれました。きゃあステキ(〃∇〃) ☆

もうこの二人の演技を見ただけで私はかなりメロメロでした。

あとはラムゼイさんとシュルツ君を見ました。ラムゼイさんの演技はいぶし銀の笑いですね。もうベテランの間のとりかたとトークです。

シュルツ君はチェコ人で、アイルランドダンスみたいなステップとボールジャグのコラボレーションです。
音楽にあわせて踊るような演技(つーか実際踊ってる)がステキでした。
言葉もなくひたすら技術であれだけ見せるのもさすがですね。

帰りはやっぱ渋滞。でもセレナの中は楽しいトーク盛りだくさんで、無事家まで帰ってきました。

4日前にイキナリ決まったツアーとはいえ、大成功でよかったです☆
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ