アンジェリーナ3

 

みんなの掲示板

写真投稿・面白情報待ってます♪ edita.jp【エディタ】

コラボ作品集

「私は花になりました」        (コラボ作品)  素敵な歌です。  クリックしてね。      「希望への道」       狸さんとのコラボ作品      ビーズ作品掲示板

My blog

アンジェリーナの詩ブログ       ビーズショップ掲示板      パート1・パート2も覗いてみてね。             (H18.1/14〜11/11)          (H18.11/12〜5/27)              長女Shihoの素材屋

Milky Rose

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:アンジェリーナ
あんじゅなさん
ありがとうございます。どうぞいつまでも彼女のことを忘れないでいてくださいね。
寂しさや哀しみは当分消えないとは思いますが、希望や勇気、情熱・・・彼女が残してくれたものも決して忘れる事はないと思います。

http//angel.ap.teacup.com/anjelina3/
投稿者:あんじゅな
アンジェリーナさん、こんばんは

かなさんのことをここで知るほど素晴らしい人だなあと思います。

アンジェリーナさんの寂しく悲しい心中お察しすると同時に、素晴らしいメッセージに触れさせていただけたことをありがたく思います。

彼女が送ってくれた”勇気”はわたしにとっても宝物になりそうです^^。

時折悲しくなったりすると思いますが、それもまたありですよね^^。いつの間にか秋になりすっかり空が高くなりました。なにかアンジェリーナさんの”希望への道”の詩があらためて沁みています。


http://wind.ap.teacup.com/anjuna/
投稿者:アンジェリーナ
tukushiちゃん
ありがとう。最期のコンサート、成功することが出来て、かなちゃんは満足だったと思う。いつまでも哀しんでいてはいけないんだよね。かなちゃんのように、強く生きていきたいと思っているよ。

いちごぷりんさん
ありがとう。舞台にいるときの彼女は自分の力で立って、力強く歌い続けていたの。
裏ではどんなに辛くても、決してそれを見せなかった彼女は本当に素晴らしい声楽家だったと思います。

Reiさん
コンサート前に会いに行ったとき、「もう肝臓に転移しているのが広がっている」ということを、静かに話しました。覚悟をしていたのですね。だからこのコンサートに全てを賭けたのだと思います。
まだ携帯の動画は見ることができませんが、しっかりと生きていきたいと思っています。

http://angel.ap.teacup.com/anjelina3/
投稿者:Rei
彼女は強かったですね!
私もかなちゃんを見習って、
何があっても、強く生きていきたいです!
アンちゃんも、なかなか受け入れたくない現実ですが、
かなちゃんの分も、頑張って生きようね。(~~*

http://sky.ap.teacup.com/reinoheya/
投稿者:いちごぷりん
こんにちは。
多くの皆さんが励まされたことでしょう。
新聞にも掲載されて・・・コンサートも、歌いつづけて頑張っていたんですね。

アンジェリーナさん、元気だして下さいね。

http://happy.ap.teacup.com/itigo-purin/
投稿者:tukushi
もう二週間が経ったんだね
最後のミニコンサートで普通なら立つのもやっとだったのかもしれない体調でもみんなの前でやり遂げたかなちゃんは、本当に偉かったね
その場で聴いていた患者さんやそのほかの人もいっぱい勇気づけられただろうし、ここで知った仲間達だって勇気付けられましたよ
かなちゃんにとってアンちゃんは、最後の最後まで心の支えだったと思うよ

彼女は、感謝しているよ



http://love.ap.teacup.com/tukushi/
投稿者:アンジェリーナ
恵ちゃん
癌と闘いながら、最期まで諦めず歌い続けた彼女は短かったけれど、素晴らしい人生を生き抜いたとおもいます。
多くの人が彼女の生き方に勇気をもらったと思います。最期のコンサートを忘れる事はないでしょう。やさしい顔をして永遠の眠りについた彼女の顔も。

http://angel.ap.teacup.com/anjelina3/
投稿者:megumilk
しばらく訪問出来ずにいた間にこの訃報を今知りました。アンジェリーナさんのご友人かなさんは必死に生き抜かれたのですね。

素敵な女性だと文から感じました。なぜ、彼女のような言葉を発せる女性が、病には勝てなかったのか。
神様を恨みたくなるような切なさもあったように思います。

けれど、彼女の残したものは、大きいと思います。
アンジェリーナさんがこのブログで彼女の事を綴られた事で、皆さん命を振り返る事が出来たと思います。

彼女のご冥福をお祈りするとともに、アンジェリーナさんの笑顔が戻る日を祈っております。

貴重な記事をありがとうございました。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お手紙お待ちしてます。

QRコード

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ