東進ハイスクールの料金  東進ハイスクール
予備校は数十万単位でお金がかかりますが、大手予備校の東進ハイスクールの料金はどれくらいなのでしょうか。
利用者の評判を聞くと圧倒的に高いという声も聞きますし、多い方は100万円を余裕で超えるといいます。

東進ハイスクールの料金体系について少し見ていくと、1講座が7万円しますが、これは年間の費用ではなく、1講座が90分×20〜27回分の値段であり、週に2回行くと3ヶ月程度で終わる値段です。

現文1と古文1は別講座として計算されるなど細かく分けられており、夏季講習や冬季講習も約10万程度かかります。

東進ハイスクールの樋口講師はこんな人

さらに担任指導費が1講座分の7万円かかるので注意が必要です。 大学対策も別料金で10万円程度かかり、トータルでは相当な金額になることが多いです。

仮に、1講座三ヶ月で1年間通うとそれだけで28万円、入学金で3万円、担任指導費で7万円のトータル38万円になります。

これでも1教科分なので他の教科をやりたい場合はさらに28万円がプラスされますし、夏期講習や冬期講習、大学対策などもまた別にかかります。 2,3教科とって夏期講習や冬期講習に参加した場合は100万円は軽く超えることになります。

多くの勉強をしようと思う場合は途方も無い値段になりますが、特定の教科だけで半年間など短期に行くのであれば安く済む事もあります。

しかし学習効果はたかいので、経済的に余裕があるか短期でいく場合にはオススメできる予備校だと思います。

貴方は今の記憶力に十分満足していますか?
試験に役立つ実用的な記憶術があることを知っていますか。
「試験に受かるユダヤ式記憶術」
50

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ