紫の衣

 
 イエス茨の冠をかむり、紫の衣をきて出で給へば、ピラト言ふ。「この人を見よ」(ヨハネ19:5)

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2017年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:taejeon
まぼろしの影を追いて 浮世にさ迷い
うつろう花に誘われゆく 汝が身の儚さ

春は軒の雨、秋は庭の露
母は涙 乾く間なく 祈ると知らずや
   (教団賛美歌 510番)
♪しみじみ、いい歌ですよね〜(;-;)

「子を持って知る親の恩」と言いますが、親の身になると、ああ自分も親に心配かけたなと思います。祈られて育ってきたのですね。そう言えば、今日は成人の日。昨日は教会でも「成人の祝い」がありました。

息子の中学もあるのですが、むしろうちで親の心配を受けているのは、娘のほうかも。公立の高校受験をすることになりました。娘のことも、お祈りいただけたら幸いです。

……なんて話をしていたら、さっき、高校の願書の志願申告書を一生懸命に娘が書いていました。これも御利益? いえ、神さまの憐れみと恵みなのでしょう。感謝です。

あ、それからもちろん、うちのクラスの生徒たちの合格も、お祈りしてしてきましたよ。四十名がそれぞれの進路を実現できますように。神さまのお守りと導きを祈ります。
投稿者:nikkou
でじょんさん、トラックバックありがとうございまーす。
こちらからもトラックバックしたいのだけれど、最近調子が悪くて…。ちゃんとできたかな。

さて、トレードですか!なるほどそのテがあったかあ。

湯島天神はわたしも行きましたねー。
うちの家族もだれかが受験になると必ず行っていたのに、受験も卒業すると思い出しもしない。ゲンキンなものです(笑)。
近所の神社でも、「合格祈願のお祓いしてください」と申し込んでいるお母さんがいて、そのうしろに、中学生くらいの可愛い女の子。「母は涙かわく間なく祈ると知らずや〜」って讃美歌があったなあ、とおもわず口ずさんでしまいました。nikkouが母親になったときも、娘や息子のために一生懸命お祈りするのかもしれません。…神社に合格祈願じゃなくって、主なる神に、だけど。

てじょんさんの息子さんの希望に満ちた将来へ、息子さんが力強く歩んでいかれますように、お祈りします。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ