わが家の台風の目*(りゅう)...小学5年の男の子。                                                  わが家のお笑いスター*...小学2年の女の子。                                 07’11月〜09’12月まで丸二年、師匠から離れた大阪での生活を経て、10’1月になんとまさかの札幌へ逆戻り!       再び師匠の元で稽古ができるようになって麗は大喜び! そしてオマケで桜も三味線始めました。            三人四脚、仲良くこれからも楽しんでいくよー!

ブログランキング

↓あ、ポチっとな。↓ にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事へ にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁・将棋・麻雀へ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2009/8/11

ICレコーダーを買ってみました☆  三味線

今さら?!

って感じではございますが、
ICレコーダーを買って参りました。
梅田のヨドバシカメラでw。


近所の大手電器屋さんとかにも
行ってたんですけどね、
やっぱ種類が豊富なのは
(大阪)市内じゃないとダメでしょ〜ってことで。


普段はビックカメラ派ですが
今日はおちびちゃん連れてたので、
御堂筋線梅田駅直結の方(ヨドバシ)
を選択。(一応ポイントカードも持ってるし)


だい〜〜〜ぶ悩みまして、
「やっぱいい音で録音したいよね〜」とか
そういうのもいろいろあったんですけど、


容量は 1GBありゃ十分!
音質は最低限なキレイさがあれば十分!



てところで、選んだのがコレ
クリックすると元のサイズで表示します



所有者はリュウです。(ぇ)


えらく喜んでくれました
こういうキカイモノは好きなコなので、
早速あれこれ試してみて...
うちも隣にいたんですが、
想像以上にいいかも〜〜!!!


すばらすぃ。




リュウにはまだ言ってないですけど、
こちらの製品、ミュージックプレイヤーとしても使えるそうで。
すごいね〜。


とりあえず、
聴くしか練習方法がないうちの息子にとって、
すぐに巻き戻し、早送り、リピート 
ができる「なにか」
欲しいなぁと常日頃思ってたんですけど、
こんなちっちゃいので事足りるとは。


かぁちゃん、説明書を熟読しますw。
(っていうかそれも
 息子まかせでもいいような気がしてきましたw)


再生スピードをゆっくりにできるってところが魅力


...壊しませんように
2

2009/8/9

調弦の基本となる音☆  三味線

息子が三味線を始めた頃は...

とりあえず、
もうすべてがわからんことだらけで
私の方が投げ出しそうになるくらいでした


なんで弾くまでにこんなに時間かかるの!!


っていう、アレ。


そう。 調弦 という初心者には魔の時間。


しかも、合わせてもすぐ狂うという、ね。


音の合わせ方がわかって、
やっと耳も体も三味線に慣れて来た頃に
ようやくうちも調弦できるようになってきましたが


いつも同じ音程に合わせておけばいい
ってもんでもなくてですね、
曲とか唄い手さんによって 
クルクルと音程を変えねばならず。


なんじゃこの楽器は〜! 
スゲ〜大変なんでしょ!!


と ホントよく思ってました。 
っていうか今でもすごい思いますが。



リュウは基本的に
1の糸を『C』の音に合わせて調弦します。(どんな曲でもね)

二上りなんで、
『C、G、C』になるんですけど
その『ドソド』の音が耳で慣れてるので
この音の調弦はやたら早くできるようになりました。


うん、それだけでもすごい。


が、今度から「あいや」を弾く時に
ちょっと音程を変えようかと思ってます。


ほんの少し、キーを上げて...
『D♭、A♭、D♭』でいこうかなと。


たぶん、この方が
「あいや」の華やかさを出せるような気がする。
うん、気が(笑)。


思い切って上げて『D、A、D』
でもいいのかとも思いますが
ちょっと高すぎるんじゃないかと。
高音域に入ったときに 
あんまりキンキンとした音になるのもね。
そういうのもアリかもですけど。
曲の構成によるかな...?



調弦も、たぶん、
ベースとなる1の糸さえ狂わなければ
あとは1の糸を元に完全五度、
オクターブと調節すればいいので
難しくはないとは思うけどな〜。


でも、なかなかに奥が深いこの「調弦」。


そんでもって、和楽器の音の世界って
洋楽の音の世界と共通してるところもありますが、
そうでないところも多々あるので大変です。


っていうか、それってたぶん
『西洋の音楽(曲、理論)はすばらしい!』


って言って、
日本が日本独自の音楽を教育から
捨て去ったことによる
弊害な気がしてならないですけどね。


今の音楽教科書、
かろうじて日本の伝統曲をやってる感じがしますが


『こきりこ節』をピアノ演奏で合唱で聴いた時の
あの違和感は 
どうやってもぬぐい去れないんでしょうねぇ〜〜。
2

2009/8/6

のんびりスタート開始☆  三味線

のんびりマイペースなうちの息子。


さてさて、
所属してる三味線の会の10周年記念コンサートが
あと3ヶ月後に迫って参りました。


スロースターターなコなので
そろそろエンジンかけ始めないと〜〜。



でも最近は、三味線さんのごきげんがすごい悪いみたいで
全然音が定まらない。狂いまくり。練習になりませぬ。


「ん??」
(曲弾き始めたと同時に狂う音...)


と、まぁいつもこんな調子で、
始めようと思ったらまた狂ってて〜 の繰り返し。
リュウは曲の途中で何度も調整をします。
しかも今日はあまり狂うことが少ない1の糸までおかしくて。

短気だとつきあいきれない楽器なようです
(ホントようやるわ〜と思う私。)


とりあえず、マイペースなリュウ
ぼちぼち、始動です!(たぶん)




三味線さん、いつになったらご機嫌良くなるのかな〜
ホント、音がブレまくってまともに弾けないし、
ツボも元々上手に押さえられないのに、
練習が大変なようですよ!!
1

2009/7/7

七夕☆  三味線

七夕の日です


東北の一部地域や北海道は『8月7日』ですよね。

北海道では
 「ろうそく出〜せ 出〜せよ 
出さないと かっちゃくぞ!」

って言いながら各おうちを回る、
ハロウィンみたいな風習がある地域もあるそうで、
でもうちが住んでたところでは子供達は来なかった...。
さみしい...(笑)。




で、大阪では今日です。
(全国的にそうでしょうけど)


七夕の日は、天の川が見えない=雨になる って言いますよね。
1年に1度会える 織り姫と彦星が天の川の両端から会うので
それで川の水があふれて 地上は雨になる、
って聞いたことあります。


だから、子供の頃から七夕の日は雨じゃないとダメなんだ、
って思ってましたね〜。


今日は大阪はお昼に一度強い雨が降ったみたいですね。
今はくもり。湿度高し



今年のお星さまへのお願いごとは何かな〜 と
ちょっとのぞいてみました。




おっ! そうなのか!
がんばれ、息子




「はいしゃさんになりたい」
って ずっと言ってるね!
きっとなれるよ!
きれいな歯はかっこいいもんね!
がんばれ!




お星サマ、
子供達をいつも見守っていてください
0

2009/6/28

アナログ楽器☆  三味線

麗が、クラブ活動で

  トロンボーン

をやり始めたそうです。  へぇぇ〜


希望者が多いと、じゃんけんで人数調整を行う
小学校高学年からの部活動。


じゃんけんに弱すぎる麗は、
負けて、負けて、負けて............
最後に行き着いたのが
『音楽部』だったそうです(笑)。


ポジティブくんなので、
「ま、俺 音楽好きだしさっ 
 音楽部で良かったよクリックすると元のサイズで表示します


と言い、副部長にまでなったそう。 がんばれよ〜。


で、楽器も最初はリコーダークリックすると元のサイズで表示しますだったけど、
先生が管楽器を調達して来たらしく、
幼稚園のころから麗があこがれていた
『トランペット』
を希望してみたんだけど、


やっぱり、
じゃんけんに弱すぎるので負けちゃって(笑)。


でも、誰も希望がなかった
トロンボーンになれたそう。


ポジティブくんなので、
「トロンボーンってかっこいいよね!
 俺、トロンボーンで良かったよ! 
 一人だけだしさっクリックすると元のサイズで表示します



うちは 
あんたのその前向きなところがすごく好きだよ...(笑)。


しかし、三味線といい、トロンボーンといい、

  アナログ楽器

と出会うのは偶然か? 
それとも必然なのか??w(偶然です)


あ、ちなみに 
この場合での「デジタル、アナログ」は
電気モノか否か、ではなくて。


例)デジタル楽器...ギター、ピアノ、琴、ほぼすべての管楽器などなど
  アナログ楽器...三味線、三線、トロンボーンなどなど


ま、何だってやってみるといいと思うし、
楽しんでいろいろやってくれればいいかな、と。
少なくとも、私の時は
小学校で管楽器に触れる機会はなかったですし。



あ。  そうそう。


麗に、
「そんで、トランペットとかトロンボーンとかで
 何演奏するの?? まさかジャズとか??」
 (麗、結構ジャズもお好き)
と聞いたら






「ん? んとね、校歌っ。」






えぇぇ〜〜〜〜っっっ???(爆)
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ