2014/4/19

「8月の家族たち」感想  ベネディクト・カンバーバッチ

「8月の家族たち/August: Osage County」を見ました。
女達がキーキーわめく映画をわざわざ見にいかなくてもいいかなあ・・・
とずっと思っていたのですが、初日の4/18は仕事が休みだったので前夜に上映状況を調べてみたら「金曜初回割引1400円」という文字が目に入ってしまい、それでチケットとっちゃお!と決意しました情けないです。


クリックすると元のサイズで表示します


ちょいネタばれあります。でも最大ネタばれは書きません。


お話は、久しぶりに会った一族が、責め合って、自分の生き方を主張し合って、過去の秘密を告白し合って、またそれぞれの生活に戻るという・・・どこの家でも誰かの葬式後に親戚同士で本音が出て仲が悪くなるというあれです。ただ本作では主人公バイオレット(ストリープ)の夫(サム・シェパード)が失踪して、子供達や妹が集まったところで夫の死が確認されるのでもっと詩的でミステリアスな空気が死を包んでいます。

なんで女達がキーキーわめくのかと言うと、この一家、女系なんです。バイオレットと夫の間には娘ばかり3人、長女にも娘、バイオレットにとっては孫娘がいます。それからバイオレットの妹夫婦。ここの子供だけが男でそれがリトル・チャーリーです。奥さんの実家での夫達は全員マスオさん状態で、「バッカモ〜ン!」と怒鳴る役目の波平さんは、詩人で静かで知的な男だし、かつ失踪しちゃってるので、誰も女を止められないわけです。

この映画を見ながら、私は登場人物達を「勝ち組」と「負け犬」に頭の中で分けていました。

勝ち組は、
バイオレットやバーバラのように好き放題で口が立つタイプ、
バーバラの夫ビル(マクレガー)はイケメンでホワイトカラーっぽく若い恋人もいる、
だが誰よりも勝ちなのはバーバラの娘14歳美少女かも。

対する負け犬は、
バイオレットの妹マティ・フェイ(M・マーティンデイル)デブキャラ
次女アイビー(J・ニコルソン)男っ気なし
従弟チャールズ(カンバーバッチ)何やってもダメ

あとの人達は真ん中へんで勝ち組に入ろうと戦闘中

世間の評価で分けたので、おおざっぱです。アメリカもそれに倣えの日本も、幸福=成功=高収入、夢の実現、家庭を作ること、そのためにはセクシーで異性を惹き付ける事、みたいな方程式が戦後ありました。それで達成度を評価され、一番心のよりどころであるはずの家族も「本人の幸せのため」とその方程式に合わせるよう期待する。でも方程式に当てはめても、人の心や行動は数学の答のように正解を出さず、どうも幸福じゃない。

アメリカ人がアメリカン・ドリームが覚めたことを告白したのかと思いました。


実はここ最近、私自身が「世間で負け組と思われている人達」が、優しいとか、誠実であるとか、人間として信頼できる資質を持つ人が多いなと思っていたところだったんです。(その話は改めて書きたいです)

だからね、マティの夫チャールズ(クーパー)&マティの息子リトル・チャールズに泣けました。映画評をチラ読みすると、母と娘の関係と演技が絶賛されていますが、その言動の派手な女達の影のように描かれる、負け組に見える父と息子の姿は救い、一筋の光でした。

でもこのお話が単純でないのは、天使のような心のリトル・チャーリーが、うだつがあがらないアメリカのど真ん中オクラホマ州の田舎から、NYへ出て新規蒔き直しをしようなんて思ってるところだと思います。アメリカン・ドリームが覚めてない人もまだまだいる。そして一族で一番存在感の薄いそのリトル・チャーリーの存在の意味の方がよっぽど新規巻き返しなんですけれどね。

女の方は濃いので、一回見たらもうよ〜くわかりました、なんですが、存在感の薄い男達が面白かったので、ベバリー、チャールズ、リトル・チャールズを見るためにまた見たい映画です。



3



2018/5/28  19:45

投稿者:しましま

ジーンさん

昔の記事にコメントくださいましてありがとうございます。
2014年の時点で思われたことを思い出してわざわざ書いてくださったほどに
お手をわずらわせてしまったのと、不快な思い、申し訳ないと思います。
今現在読み返してみると、私の文が乱暴な感じで申し訳ありません。
多分私がこの映画自体に不愉快な思いを抱いてその毒を撒き散らしていた感があります。
八つ当たりしてすみません。

ただ、ちょっと誤解を解きたいのは、私自身が彼らを勝ち組/負け犬と思ってるのではなく、
世間的にはそう見られるだろうなあという組み分けです。
登場人物たちが、そういう世間の評価を気にして勝ち組に入りたいともがいてたからです。
映画の詳細をもう覚えてないのでバーバラの娘をなぜ勝ち組に入れたのか私自身
思えてないのですが、勝ち組ぽい両親の間に生まれてきたからそう思ったのかな・・・

2018/5/28  16:19

投稿者:ジーン

ずいぶん昔の記事に書き込みすみません。
本当は2014年時点でこの感想を見た時に、指摘したかったのですが、個人の感想ですし、どうかなと思ったのです…。
私は、バーバラの娘は勝ち組だとは思いません。もし、三姉妹の三女の婚約者が彼女に手を出すシーンを見てそう思っているのでしたら誤りかなと。なぜなら、あそこは未成年に性暴力を働く場面だと思うからです。(お手伝いさんが止めたのでそれ以上の被害にはなりませんが)
私にもそういう経験がありますが、他人に勝ち組だとか言われ、被害を矮小化されたら嫌ですね。

2014/4/25  23:57

投稿者:sofiaandfreya(しましま)

紅さん

そんないい思い出があっていいですね。心の宝物〜♡

私も人の前に立って話すことがすごく苦手で、
日本語教師養成講座の実習でも散々でした。
今日も職場の研修で、なぜか新人の私がミーティングで
リーダーシップをとるロールプレイをやらされて散々でした。

2014/4/25  17:13

投稿者:紅薔薇

しましまさん

大切な思い出、かなり長いのです。
なので、最初は書いていたのですが消しました(^^;)
自分ではとってもイイ思い出だとずーっと思っています。

私は教育実習の中で自分には向いていない、少なくとも今(当時)の教育制度の中で教師をやるのは私には無理だと確信したので
教師の道は選びませんでした。
でも、教育実習での生徒たちの出会いは私の一生の宝です(^^)

2014/4/23  22:42

投稿者:sofiaandfreya(しましま)

hedgehogさん

リトル・チャールズは小さいころからママに罪の意識の権化のように
見られて育ったのかな〜と彼の心のトラウマを色々想像するほどの
バカっぷりでしたね。。。バカではないはず。。。
でもあの泣き顔はホントにオバカに見えた。。。
まだまだ大変だろうけど彼には本気で頑張ってほしいです(完全にナニー)

2014/4/23  22:34

投稿者:sofiaandfreya

白猫さん

すごい!満員御礼だったのですね!
この映画の上映館はびっくりするほど少ないですよね。
「それ夜」よりもさらに少ないです。どうしてなんでしょうね〜?!
私は公開初日の初回だったからけっこう入っていたのかな、とも思いましたが
すごく年齢層が高くて、洋画では珍しい層も動員している感じがしました。
映画館が、お客さん入らないと思って上映しないんでしょうかね。は〜

<<『自分はまだましだと思える

登場人物の誰かよりはマシだと思うのでしょうか?

実は私はジュリアの夫のような言葉を言われたことがありギクッとしました。
「自分が常に正しいってことはないだろ?!」みたいな台詞です。

はい、身につまされます!

2014/4/23  22:26

投稿者:sofiaandfreya

紅さん

大切な思い出、ぜひまたの機会にお聞かせ下さい。
教育実習って大変でしょうね。
私は大学のクラスでたったひとりだけ教職をとりませんでした。
先生は自分に向いてないと思ったのですが、今もそうは思ってますが
授業は受けたいと思います。

2014/4/23  20:22

投稿者:hedgehog

しましまさん

本日やっと観てきました。チャールズとリトル・チャールズの父子、いいですよねえ。リトル・チャールズには、幸せというか心の平安を手に入れてもらいたいものです。抑圧されすぎたせいで自信がなくておどおどしてるけど、脳内化学物質のことも知ってたしオルガンを弾きながら歌も歌えるし、本当の本当はバカじゃないのよ〜〜〜(←多少の楽観的観測を含む)。

http://ameblo.jp/hedgehog42/

2014/4/23  16:42

投稿者:白猫

今日見てきました。
椅子席が出るほどの混み具合で、いくらレデイースデイでもすごい!と思いました。
これ程お客さんが入るのに何故、単館上映になったんだろう?
シネコンがアホなのか?映画会社が下手なのか?
さて、感想は・・・某映画評で『自分はまだましだと思える映画だ』と書いてありましたがそうかもしれない。
チャーリーとリトルチャーリーの父と子の思いやりが痛いほどだった。
強い女どもとその強さを何とか受け流して日常を続けようとする男たち。
なんだか身につまされてしまった。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ