2012/12/23

もっと知りたい!アツキ・オオニシのこと  大西厚樹

1985年の中古雑誌「Oliveオリーブ」をオークションで見つけました。
特集は「危険なことしたい!!」と「アツキ・オオニシ」です。
これは入手して写真を(技術もないのにのう)・・・と、久々のupです。

クリックすると元のサイズで表示します

目次で世相がわかりますね。マドンナのファッション・ページ見たら、十字架ネックレスに、短いジャケット、重ね着でした。髪型はバナナラマ風。ふおお!エイティーズ!(←その時代の雑誌なんだから)

クリックすると元のサイズで表示します

ファッションはヒョウ柄。写真の下には詩が。詩の流行は70年代のはずだから、この場合童話モチーフが得意な大西さんへのオマージュですね。

クリックすると元のサイズで表示します

大西さんの自宅と趣味・仕事のソース。

クリックすると元のサイズで表示します

「炎のランナー」「宝島」「悲しみよこんにちは」医療棚にコレクションしてるのは兵隊人形。
さすが元上司である。元部下もぶれてないぞ!

クリックすると元のサイズで表示します

右下、自転車通勤の大西サン。時代の先を行っていた?ではなく車の免許がなかったのです

クリックすると元のサイズで表示します

「メアリー・ポピンズ」と「料理人」のモチーフ。この料理人って、つまり「使用人」のことですよね。今調べたら、メアリー・ポピンズのお話は、1910年!おおお!ダウントン・アビー、Parade's Endと同じ!!しかもメアリーを雇う奥様は婦人参政権運動家ですよ。今の私にはピンと来ますよ。ダウントンの3女のお嬢さんやParade's Endのヴァレンタインちゃんですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

オリーブ読者さんへのプレゼント。デザイン画、アンティークの水兵さん人形、アリスの兎の時計、メアリー・ポピンズのブローチなど。このアクリルの型抜きのジュエリーは今でも新しい感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

この号の「BOOK」のページでは、長沢 節さんが紹介されプルーストやロットマンを紹介しています。80年代の「オリーブ」、品のある少女ファッション誌でした。
5



2017/10/1  10:08

投稿者:しましま

Shimiさん

こんにちは。お返事遅くなり申し訳ありません!!

なんと、ファンレターを書かれたご本人に私の拙い記事を
お読みいただいたとは、巡り巡って嬉しい再会のようなことになりましたね。
当時は想像もつかなかった、ネットの効用ありがたいです。

お手紙、雑誌の方を本棚から引っ張り出して見てみました。
丈の短い数字のニット、私も持っていました!
あれは可愛かったですよね、ワイドパンツに合わせて着たのを覚えています。
ラフな文章でも、今でいうJK(女子高校生)からのお手紙ですから、
大西さんも文体には若さがあふれていて気にならなかったのでは?

今でも当時のお洋服持っておられるとは羨ましい限りです。
私も実家を探してみなくちゃ。
引越しが多かったり、その後もアパレルの仕事をして
働いたブランドのお洋服を着なくてはならなかったので
古い洋服はどんどん処分せざるをえなかったのが今思うと辛いです。

お仕事の話は恥ずかしい限りですが、
応援していただいてありがとうございます。
とても励みになります。
Shimiさんは在米とのことで、異文化に出会われているでしょうね。
2文化間での生活頑張ってください。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ