2012/4/14

大西厚樹  大西厚樹

近頃、書こうかな、とウズウズしていたことがあります。

それが、「ATSUKI ONISHI」のこと。

クリックすると元のサイズで表示しますポスター

ところでアツキオオニシと言ってもご存知ない方々も多いでしょう。
今の「森ガール」の大先輩=80年代の「オリーブ少女」に大人気だった
デザイナー・ブランドです。

クリックすると元のサイズで表示します


私がデザイナー・大西厚樹さんのスタッフとして働いていたのは、
1990~1999年のどっぷり90年代のことです。

その前に数年ショップ・スタッフとして働いていまして、
お仕事を辞めてロンドンに住んでいた1989~1990年に、
やはりロンドンに滞在していた大西さんと会って
まだ出戻ってしまい、合計約15年も勤めていたことになります!?

私が大西さんのもとを離れてからも、
大西さんはデザイン活動を1年くらいされていたのですが、

2002年か2003年・・・
ああ、すみません、記憶がどうしてもハッキリしないけど、
もと上司から「大西さんが亡くなった」というお知らせが
またロンドンに住んでいた私に届きました。
(なんか、重要なことはいつもロンドンで・・・)

大西さんのこと、ネットで探しても
なにせ活躍していた時代には、ネットは存在していませんでしたし、

亡くなったニュースは公式発表されていませんので、
彼については生存すら謎のままとなっているのが現状のようです。

その後も、いくつかのライセンス商品=
バッグ、ハンカチ、寝具などが生産/販売し続けられているようですが

今現在、フォーマル・ウエアが展開されていることは確かなようです。

クリックすると元のサイズで表示します
公式HPよりブランドイメージ
「アツキオオニシ ノワール」がブランド名。

こちらのロゴは、私が働いていた時代と同じものに、「NOIR」がついています。
クリックすると元のサイズで表示します

こちらのフォーマルブランドは、現在進行形ですから、
きょう見つけた時は、
1999年以来、いきなりタイム・スリップ、雪崩のようなショックでした。

いえ、調べてない私がいけないんですけど、
なにせ情報がほとんどない・・・伝わって来ない現状ですので、

じゃあ、私が、15年くらいおつき合いのあった私めが、
大西さんのことを細々と書いても、罰が当たらないかな・・・??
と思ったしだいです。


58



2018/2/2  21:03

投稿者:しましま

2/1にコメントくださった方へ

流行通信!こちらも今はなきですね。
今よりもファッションがロマンチックな時代でした。
そんな中で大西さんの服はひときわロマンチックでしたね。

2017/9/1  20:46

投稿者:しましま

8/18にコメントくださった方

お返事たいへん遅くなりすみませんでした。
転職をして心の余裕がなくて見逃してしまいました。失礼いたしました。
10年以上販売を・・・ではきっとお互いに顔見知りでは・・・?!
大好きなお洋服のお仕事ができて楽しかったですね。
今、初めての業界で慣れなくて心からそう思います^^;

2017/3/11  17:59

投稿者:しましま

3/6、3/7にコメントくださった方

お読みいただきどうもありがとうございます。
言われてみれば、私の娘も大きくなって今や服を共有しています。
80~90年代の国産のお洋服はデザイン、質ともにいいものでした。
時代が変わってしまいましたが、いい体験をできた世代だったのでしょうかね。

2016/12/24  17:30

投稿者:しましま

12/4 拍手コメントくださった方

返信が大変遅くなってすみませんでした。
古いお洋服を処分との事、つまりごく最近まで大西さんのお洋服を保存して下さっていらしたのですね。嬉しいです。最近は安価なファストファッションが人気で、私も買っていますが、大西さんの服は高かったけどそれだけに安易に手放せないものでしたね。時代は変わりますが、愛情が長続きする物との出会いがあったのは大切な経験ですね。

2016/1/19  21:11

投稿者:しましま

makikoさん

こんにちは。そして、お久しぶりということになりますね。
ショップスタッフだったころから過ぎた年月を考えると
もはや「はっはっは・・・!」と笑いさえこみ上げます^^

大西さんのことが公表されないため、
かつてのスタッフさえ戸惑いますよね。
せめて、大西さんの服を愛してた人が事実を知り、
大西さんの残した功績に思いを寄せるチャンスが欲しいと思って書きました。

ショップにいたころはみんなまだ若くて、あのころのお洋服にかける情熱は
今のファッション状況からは想像もつかないくらいでしたね。
大西さんの服は華やかだったけれど、スタッフはみんな真面目に
頑張っていましたよね〜

今はあまりお洋服のことを書かないブロガーになってて恥ずかしいですけど、
こうして言葉をかわせてよかったです。
大西さんがお空で喜んでくれているといいね。


2016/1/18  23:39

投稿者:makiko

大西さんの事を検索していたら、ここにたどり着きました。
突然失礼いたします…。

私も、青春時代をatsukiファンで過ごし、ショップスタッフになった1人です。

そしてたぶん、投稿者さんは 私の尊敬すべき先輩であると思います。

つい最近、大西先生が亡くなられた事を知り 今更色々知りたくなって、ネットで検索していたらここにたどり着きました。

これも、何かのご縁ですね。
大西先生のお導きでしょうか?

とても、感慨深い出来事でした。

2015/3/22  10:51

投稿者:sofiaandfreya

たまさん

コメントありがとうございます^^
「ネーム入りリボン」ずっと忘れていたのですが、そういうのがあったような!
特別派手なデザインではなくても、品のあるセンスのいい商品もたくさんありましたよね!
販売員をやっていた時、美少女の同期の人達が派手なアイテムを着て店頭に立っていたのを横目に、人並みの容姿の私はわりと地味目なアイテムをいかにセンスよく着るか頑張った思い出があります。

ライセンス商品でも大西さんご存命の時はちゃんとライセンス会社の企画担当者がいらして打ち合わせの末にデザインが決まったので、独特の大西さんらしいかわいさがあったのだと思います。西川寝具さんもかなりの予算をかけて展示会などを行ってくれました。

2015/3/22  9:42

投稿者:たま

しましま様、大西さんの記事読ませていただきました。
亡くなられていたこと、知りませんでした。最近のものはライセンス商品とでもいうのか、大西さんは関わっていないのだろうなーとは思っていましたが、まさか…
私服の高校でしたが、AOらしい可愛いデザインは小物にとどめ、ピンストライプのプリーツスカートなど比較的ベーシックなものを購入していましたよ。
でもネーム入りリボンは結構買いまして、未だ大切に保管しています。
ライセンスのハンカチもありましたよね?そちらもどこかに保管しています。西川寝具とのコラボのスリーピング商品も大好きでした。
可愛らしいだけではない絶妙なバランスが金子國義さんの絵と相まって、本当に素敵で、今はなかなかない雰囲気ですよね。
こうして大西さんのこと、知られる、思い出す機会をありがとうございました!

2015/3/13  21:54

投稿者:sofiaandfreya

maruさん

過去記事をお読みくださったのですね、それはお疲れ様でした!
私も中学、高校は地方都市生活でしたし、制服とジャージと
私服はロンドンのミュージシャンを自己流に真似た変な服でした。
今と違って地方はオサレに時差がありましたっけ。

ビスケットは・・・はっきりは覚えてないんですが、
とても普通の、日本ので言ったら森永チョイスみたいなのか、
ショートブレッドのどちらかだったと思います。

ふふふ、私もビスケットと菓子パンには目がありません・・・w

2015/3/13  13:01

投稿者:maru

大西厚樹さんのほかの記事も読ませていただきました。しましまさんの目線なので、とても親しみを感じました。素敵な方から、人生の「味わい方」を受け継がれているのですね。

しましまさんが帰国間際の大西さんにいただいた「紅茶とビスケット」「封を開けたビスケット」、どんなビスケットだったのですか?覚えてらしたら、軽くお教えください。変な質問ですみません。私はなぜか菓子パンとビスケットの類に異様に興味があるのです。

地方都市でファッションとは無縁に育った(中学・高校時代は、制服とジャージでこと足りる生活でした。)私と、デザイナーズ・ブランドのプレスとして活躍されたしましまさん、実生活はかけ離れているのに、こうして興味や感動を分かち合えるなんて、不思議です。インターネットのおかげですね。
でも、ゆるやかな必然、って気もしてきます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ