2018/4/7

クレーマー、Ms C  

私の職場はホテルではない。とはいえ入居するとバスルームにタオル類も入ってるしベッドリネンも週1で変えてもらえるし、ホテルと勘違いする人も多い。

Ms Cは、入居するなり歯磨きセット、洗濯洗剤、シャンプー類を住んでる間ずっと補充して欲しいと要求してきた。

最初だけ備品として支給してるけどそれを使い切ったら自分で補充してもらうものである旨を説明しても、合計3人のスタッフに繰り返ししつこく聞いてきて、「問い合わせたら、ずっと支給されると言われた」と作り話までして歯磨きなどを余分に貰って行った。

するとその2、3日後、今度はキッチン前のカーペットが濡れているとクレームしてきた。

確認しに行くと確かに2畳くらいが濡れている。しかし、調べてもシンクの配管からも洗濯機からも食洗機からも水は漏れていない。流しの下の板を外したり洗濯機を動かして調べても、業者の人にも原因はわからない。

謎の水浸しの件は、エージェントに報告され、エージェントからうちに「濡れた部屋にお客を入れとくのか」ということになり、彼女は別の部屋を用意されて移った。

すると今度はエアコンがうるさいと言ってきた。

もうこの頃にはマネージャーは「メンドクセーやつ!!」とカンカンになっていて、「どの部屋に入れても文句言うんだよ。結局アップグレードして欲しいがための自作自演だ!」と相手にしなかった。

翌日マネージャーの休みの日に、またエージェントから今度は本部営業に連絡があり、営業とマネージャーの上司が部屋を見に行ったところ、本当にエアコンのモーターが壊れているような音を立てていた。

暖房も冷房もいらない季節に冷房をガンガンに入れたいMs Cは、結局他に同等の部屋がないため、元の部屋に戻ることになった。カーペットはもう乾いていたが、他に部屋が空いたら変えて欲しいと要求しているらしい。また自分で床に水をぶちまけるくらいするかも。

今は稼働率90%以上でほぼ満室だし、憎らしいので今の部屋より上の部屋が空かないよう、どんどん新しいゲストさんが入ってくれますように!
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ