2018/4/4

Ordeal by Innocence 1  その他の映画・ドラマ・舞台

クリックすると元のサイズで表示します

イギリスBBCで4/1に放送されたアガサ・クリスティー原作のミニドラマシリーズ「Ordeal by Innocence」エピ1を見ました。

日本語の原作タイトルは「無実はさいなむ」、イギリス出版が1957年なら日本ではその少し後と考えられますが「さいなむ*」って意味がわからないけど古風で文学的な響きでステキ。(*苦しめるという意でした)

キャストがビル・ナイ、アナ・チャンセラー、アンソニー・ボイル、エレノア・タムリンソン(ポルダークのデメルザ)、エラ・パーネル、マシュー・グード、アリス・イヴ、そしてルーク・トレッダウェイ!

もうこの映画並みに豪華絢爛な俳優さんを見るだけでも価値がある!と思っていたら、キャスティングがまた美味いのです。

ビル・ナイは本心がどこにあるのかわからない穏やかな紳士、
アナは熱心さが空回りする、偽善に自分が振り回されるタイプの奥さん、
エレノアはその裕福な夫妻の養子の長女で頑張るつくり笑いの気弱な美女、
マシューは彼女の美男で棘のある夫、
アンソニーは屈折した養子の1人、母殺人罪で獄中死



ルークはアンソニー役の息子のアリバイを証明しに訪ねてきた研究者
これがギークでとってもとっても怯えた感じを全身で表現していて、
彼はハンサムなのに、どこかほんの少し狂気が見える容姿をしているでしょう?(褒めてます。イギリスの役者はそこがいい。正確に言うと私が好きなタイプ)
そのほんの少しの狂気を500%にして演技してる感じです。

マシュー・グードも「いい人」の役もできるけど、本作では強気な狂気がうまくって・・・!

全3エピですが、お金持ちがアフリカ系も含む養子兄弟を育てたという設定からして面白いし、その子供達のお互いのライバル意識や両親に対する複雑な感情、どうも子供達から実は憎まれていたらしい母が殺されて、後妻にアリス演じるセクシーダイナマイトな女が家に入ってくる、

そしてルークの演じる研究者は彼が助けようとした男が死んだと聞いて涙を流してたことから、その男を愛していたと推察できるし、

クリスティーはダウントン・アビーの何10年も前から全員主役のジェットコースタードラマを書いていたのね!と思い、小説をここで読みたいけどネタバレになるしどうしましょう!!
1



2018/4/21  8:25

投稿者:しましま

オレンジさん

すみません、旅行に行っててリプがすっかり遅くなってしまいました!
なんと飛行機でもアガサ・クリスティ原作の映画を数本見てきましたので、
これからこっちのドラマも見て感想書くのが楽しみです。

しかし、クリスティはほとんどが謎解きなので
ネタバレは特に問題ですよね!
やっぱり私も犯人は知らないで見たい派です。

2018/4/10  9:41

投稿者:オレンジ

いやいや、しましまさんのブログなので、ネタバレを入れて思うままに書いてください!
しましまさんの記事は、タイトルもシリーズも何話目かもはっきり表示してあるし、ネタバレの有無も書いてくださるので、例えばポルダークもエンデバーも見てない話は読まないようにしています。他のネタバレが嫌いな方もきっとそうされているのでは…?


>ネタバレなしで書くと、数年後で見直すことがあるとだいぶ物足りなく感じます。

そうですよね!
私は、日本放送があって遅れて視聴可能なったドラマを見たら、ここにきてしましまさんが見終わった直後の感想を読むというのが、ワンセットの私の密かな楽しみになってるのですが(すみません、勝手に…汗(^-^;)ネタバレありの記事はポイントがはっきりしているので、「うんうん」ってうなずくことが多いです。


2018/4/9  22:57

投稿者:しましま

オレンジさん

大丈夫です、意図は伝わってきました^^;

ルーク=研究者はどうも死んだ息子の無実の解明に必死なので、
これは愛ゆえなのかとしか思いつけなかっただけなんですけど、
クリスティですので物事はそんなに単純じゃないかもしれません。。。

「そして誰もいなくなった」のラストは怖かったですねえ!!
海辺のシーンもかなり嫌でした。

私は明日から旅立つので、エピ3を見るのはだいぶたってからになりますが、
ネタバレする時には明記しておきますね。
ネタバレなしバージョンと別にするとか。

ネタバレなしで書くと、数年後で見直すことがあるとだいぶ物足りなく感じます。
核心に迫ることを書いておいた方が長い目で見たら充実するのですが、
日本で多くの人が見るのは後になること考えると避けた方が賢明ですね。

2018/4/8  23:10

投稿者:オレンジ

>研究者はルークを愛していたらしいんですか?

私ルークって書いてますね。すみません、これじゃ自己編愛者です。
研究者は死んだ息子を愛してる…の間違いです。

「そして誰もいなくなった」も豪華メンバーでしたね!
エイダンがやっぱりセクシー担当で、得した気分で…(笑)、すご~く面白かったんですが、私はあの首に紐かけたまま足の指だけで助けてっていう犯人のラストが、すご〜〜〜く怖くて、録画したものを見返しても、そこだけ目をつむって早送りしてます。
「無実はさいなむ」のラストはどんな感じか楽しみです。

あ、それでも私は絶対ネタバレはやっぱり避けたい方なので、私はしましまさんのラストの記事は読まないでおきますね!

2018/4/8  22:24

投稿者:しましま

オレンジさん

Holaという無料のサービスで見られました。
本当にありがたいですが、ビービーシーはそういう姑息なファンを締め出しに本腰を入れているので一体いつまでこうやって見られるのかわからないのですけど。。。

そうか、フレンチドラマシリーズって予告編は見たことありましたが
クリスティ原作もあるとは初耳です。
同じ原作でも、ドラマ化した時代やキャスト&スタッフで味付けが変わるのでストーリーを知っていても面白いのでしょうね。そうか、そう考えたらネタバレしても原作読んでもいいのかも知れませんね。

このシリーズ、「そして誰もいなくなった」にはエイダン・ターナーが出てて、なんと今週の土曜日再放送開始でした!全3回です。すごいタイミング!再放送してるということは評判が良かったのでしょうね、「無実はさいなむ」もますます期待できますね!!!

2018/4/8  19:23

投稿者:オレンジ

うわ〜〜、このドラマもう見られたんですね。
ディメルザが出るんだ、でも日本じゃ見られないしって思ってたんですが、さすがしましまさんですね。

この原作は読んだことないんですが、以前、AXNミステリーでマープルのジョーン・ヒクソン版とジュリアン・マッケンジー版と、あと、フレンチミスティーとかいうのでやっていて
ストーリーは同じでもそれぞれ設定が違っていたりするので、今回もどんな展開になっているのかとっても気になります。
研究者はルークを愛していたらしいんですか?面白いですね〜〜、
日本で見られるのはいつ頃なんでしょうかね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ