2018/1/31

スター・ウォーズ/最後のジェダイ  その他の映画・ドラマ・舞台

迷い続けていた「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」見てきました。

実は私にはこれまでに「スター・ウォーズ」シリーズを何度か見ようとして途中で飽きてやめてしまうという忌まわしい過去があり、「フォースの覚醒」が人生初の完走したスター・ウォーズだったのですが、やはりいまひとつピンとこなかったので、その時、もう挑戦はやめようと思っていたのです。

しかし、今回気が変わったのには、ドーナル・グリーソンが出ていることを知ったからでした。

クリックすると元のサイズで表示します

調べてみたら「フォースの覚醒」にも出演している・・・のに覚えがない。

ので、きっと小さい役なのだな、と今の今まで劇場に行くまでかかってしまったのです。

そしたらなんと?!敵の偉い人、将軍の役で、ガンダムのシャアから始まったと言われる美形悪役なのではないでしょうか、やたらと出番が多いのです!

しかも大きなスクリーンいっぱいのアップも多いし、名前を間違えられたり、痩せた男、と形容されたりとちょっとお笑いをとられてしまったりして存在感たっぷり。

軍人なので上官が死ぬと新しい権力者にコロッと乗り換える変わり身の早さも潔く、黒い制服に赤毛が映えておりました。

嬉しいことに、最強のトップたちが次々と殺られても彼はしぶとく生き残ってますので、次作にも登場を期待できるのです。

今思うと、「フォース」でも冷酷そうな白い人が悪者にいた、くらいの記憶は手繰り寄せられました。

私がドーナル・グリーソンの良さに気づいたのは「ブルックリン」「エクス・マキナ」からなので、「フォース」はその前、私としたことが!!

これから公開の「ピーターラビット」でも予告編を見る限りウサギをしぶとく追い回す役なので、真剣に攻撃する姿が見られそうで楽しみでなりません。

そして、今回はドーナルくんだけを楽しむつもりでリラックスして席に着いたら、逆に可愛い宇宙の動物キャラ、目の大きなフクロウみたいな鳥とか、光る白い狼のようなキツネのような生き物が可愛くて、

それに生き物だけでなく戦闘機というのか乗り物のデザインも動物ぽくて、宮崎アニメを思い出してしまいました。それとも日本アニメがルーカスフィルムの影響を受けているということでしょうか、私には順番がどちらかわかりませんが、空想の動物たちがポケモンのモンスターのようだなと思いました。

同じく幻の生き物が出てくる「ファンタスティック・ビースト」シリーズの動物たちは可愛くても全然世界観が違うので、ちょっと面白いなと思います。

それに、大人気シリーズを「理解しよう理解しよう」という気合いがなかったため、大音響で交響曲を聴いて星の間に浮かぶ宇宙船や突如姿を現わす戦闘機、光の戦闘を見て、「ああ、スペースオペラとはよく言ったなあ・・・」と、自分なりの楽しみ方ができました。

そうです、私は実はTokyo Disneylandではスペースマウンテンとスターツアーズが大好きなのです。今まで頭で良さをわからなくては、とかかっていたので「スター・ウォーズ」が楽しめなかったのですね。

クリックすると元のサイズで表示します
将軍との落差がスバラシイ!

これで次作も楽しみに待つこと決定。



1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ