2018/1/30


1月は大好きな映画の続編が2本「キングスマン/ゴールデンサークル」と「パディントン2」が公開され、それぞれ2回ずつ見ました。あと見たのは「否定と肯定」「ドリス・ヴァン・ノッテン」。

明日の1月最終日にもう1度「パディントン」にするか「スター・ウォーズ」にするかここ数日間ずっと迷っています(笑)。

そんなこと迷っているうちに2月です!
見たいものは見られるのか気になるので書き出すことにしました。


<2月の予定>

2/2 エンジェルス・イン・アメリカ 第一部 至福千年紀が近づく(NTLive)

2/3 アバウト・レイ 16歳の決断

(2/16 グレイテスト・ショーマン)

2/23 The Beguiled 欲望のめざめ


あれ?
こうして並べたら苦しそうなのは初旬のみ。なーんだ!

問題はNTLiveで、長時間なのでそれだけで1日仕事なのに公開期間は1週間程度、しかも5日から遠方より友来るになるので、チャンスは2、3、4。しかし3、4は土日で家族の予定が入るかも。

こんなことなら2日に休みの申請をしておけばよかったけど、他にも外せない予定があって既に別の日を頼んでいるのでこれ以上は希望しにくいのでありました。

それは明日2月のオシゴト予定が出るはずなので、まあ運を天に任せることに。


エンジェルといえば、2月にはエル・ファニングの出演作が2つもあります。「パーティーで女の子に話しかけるには」で天使のような宇宙人役を演じたのも記憶に新しいですが、

クリックすると元のサイズで表示します

今度の主役は性同一性障害患者の役。エルの容姿は美少女役がぴったりだというのに、美少女である事に違和感を感じる人物を演じるとは、なんとなく私には受け入れがたいところがあるので、余計にこの映画が見たいです。

しかし後半には美少女ぶりが爆発しそうなソフィア・コッポラの映画が控えているので、もう2月はエルちゃんを堪能月。

クリックすると元のサイズで表示します

しかも邦題に『欲望のめざめ』なんて70年代カルト映画かおじさんターゲットの映画みたいな副題までついてしまって一体それは・・・?

共演はニコール・キッドマン、キルスティン・ダンストと金髪美女が揃い、みな19世紀後半の襟の高いドレスを着て女学園に閉じこもっているのですって。そんな美女の館にコリン・ファレルが現れて女性専用車両を荒らすという・・・冗談です。

とにかくソフィア・コッポラというだけで楽しみなのにこうも舞台も役者も揃っては見逃せませーん。






1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ