2017/12/11

オリエント急行殺人事件  その他の映画・ドラマ・舞台

クリックすると元のサイズで表示します

実を言うと期待値はそれほど高くなかったのですが、クリスティーの小説は好きだし、キャストも舞台も豪華で楽しめそうだなと、単純に楽しむために見に行って、期待以上にとても楽しめました。

シネコンの中でも大きなスクリーンでの上映のおかげで、イスタンブールの風景も旅行気分に浸れるほど迫力がありましたし、何と言ってもタイトルの急行列車そのものの迫力は凄いものでした。

南国のイスタンブールを出てすぐに大陸の平原の雪景色になり、夜の列車は雪山の間を煙を吐きながら走り続けます。

もう私はこの辺で、日本やイギリスのような小さな島国ではない、とにかく延々と続く大陸の田舎の恐怖に震えました。

大自然の中、熱く火花を出して回り続ける汽車の車輪はオーガニックで繊細な生き物のようで、よくもヨーロッパ大陸を横断などと恐ろしいことを考えた人がいるものだと感心しました。

しかも落雷で起きた雪崩が直撃で、よくも山の斜面の橋げたで先頭車両のみの脱線で済んだものだと、事件が始まる前からヒヤヒヤしました。

こんなに怖かったのは私くらいのものでしょうか?ひとりで電車やバスに乗っている時、都会を出ると怖くなる、私は田舎恐怖症かもしれません。

車両が斜めってたくらいの事故ですが、車内の暖房や調理施設などは無事のようで一安心。山の斜面に引っかかってるのに、お食事は続けられます。

食事といえば食堂車、と言っても豪華レストランですが、軽食ブッフェコーナーみたいなところに「GODIVA」の文字が見えました。コラボしてるんですものね。映画の半券をゴディバのお店に持って行くと、チョコレートがプレゼントされるそうですよ。

そうそう、そのレストランの調理室シーンもあり、シェフたちが最低でも2〜3人は火を使いながらご馳走を作っていました。またそれを給仕するサービス係の人達もいらっしゃいました。

それで、殺人事件が起きて乗客全員が容疑者としてポアロに集められるのですが、それがたったの12人!個室車両とレストラン車両、おそらく5両編成くらいの列車にたったの12人で満室ということに、改めて驚きました。

ポワロの寝ていたベッドは確か1等の客室のはずですが、寝返りも打てないくらい狭いベッドで、細い廊下から個室へのドアは1車両につき4〜5くらいあったと思います。ポワロは最初は誰かと相部屋だったので、ベッドの数は12よりも多いと思いますが、たった12人のお客のために、マネージャー、車掌、料理人、支給人、そして操縦士とその助手が働くわけです、もしかしたら皿洗いなどをするキッチンメイドもいたのかもしれません。贅沢な旅のわけですね!!

急行列車のことばかり気になってましたが、

ケネス・ブラナーのエルキュール・ポワロはなかなか良かったです。有名なスーシェ版よりも個人的にはムッシュウ・ケネスの方が好みです。何と言ってもおっきな灰色のお髭がいいです。ブラナーももう若くはないなとなっても、こういう役があるので俳優さんも一生チャレンジできる職業ですね。

同じくミシェル・ファイファーも若くなくても美しかった。そして女優全員すごい存在感でした。デンチ様とオリヴィア・コールマンはもちろん、意外な配役のペネロペ・クルーズですが地味な役でも意味の深い登場人物に見せる存在感の演技とでもいうのを知りました。

若手も、デイジー・リドリーはスター・ウォーズのレンの時は個性ない顔立ちだと思っていたのに、この時代劇でもすぐ彼女だとわかりました。そしてセルゲイ・ポルーニン演じる伯爵の夫人役の美女ルーシー・ボイントンは、なんと「シング・ストリート」のヒロインの子だったのですね?!全然気がつきませんでした。彼女の次回作は、私的には大事件のクイーンの映画「ボヘミアン・ラプソディー」で、フレディのガールフレンドの役なのです。楽しみすぎます!

肝心の謎の真相もストーリーを覚えてなかったのでなるほど、と納得のラストでしたが、それよりもポワロが一同を集めて語り始めた時、「キャビン・プレッシャー」のアーサーがタリスカーの謎をめぐってミス・マープルの話をしたことを思い出して、おそらく劇場でたったひとりニマニマと笑ってしまいました。

それと英語圏ではエルキュール・ポワロはヘラクレス・ポワロとして有名だったんですね。ここでも「キャビン・プレッシャー」のハークことハーキュリーを思い出していちいち受けてしまい、様々な角度から楽しめたので、次の「ナイル」も待ち遠しいです。
2



2017/12/17  22:12

投稿者:しましま

木蓮さん

>>彼だからキャストが集まったのかな

ブラナーのインタビューで、
「ジュデイ・デンチがまず決まったら、後のキャスティング交渉は
皆ジュディが出ると言ったらOKしてくれた」と言ってました。
それはブラナーの謙遜&ジュディリスペクト&ユーモアだったのかも知れませんね!

ゴディヴァの半券キャンペーン、
私は半券を映画見て以来バッグに入れて持ち歩いているのですが、
お店に行ってないので謎のままになってます。



2017/12/17  11:05

投稿者:木蓮

私もナイル殺人事件はすっかり忘れているので、作ってくれたら嬉しいですね。
ブラナーポワロは重すぎずよかったですし、彼だからキャストが集まったのかなという気もします。
贅沢な列車の旅は本でも大量に持ち込まないと、あっと言う間に飽きそうです。(^_^;)
GODIVAのコラボチョコはこちらでも売っていましたが、海外に行くと半額で買えると思うと日本で買う気になれず、半券で貰えるキャンペーンはやっていませんでした。(T . T)


https://blogs.yahoo.co.jp/miss_bike/41087192.html

2017/12/16  0:10

投稿者:しましま

hedgehogさん

日本以外でもゴディバとのコラボやってますよ。
どこの国かは忘れましたが、日本とは違う内容でした。

>>ジョニー・デップが食べてたデザート

おじさん同士で二つのスプーンでつつく図おかしかったです。
モンブランのような感じのケーキ美味しそうでしたね!

>>巨大なヒゲ

俳優さんの顔にマッチしてましたねー。
スーシェさんのヒゲは実はお笑いみたいであまりかっこいいとは思えないのですが・・・
色のせいかなー。いかにも油で整えてるのに引いてしまう。

>>初めてハーキュリー=エルキュール

私もです!ついでに=ヘラクレスとも知ったという。なんて勉強になる映画。
チューリヒはドイツ語圏・・・
暇人らしくドイツ語を調べたら、「ヘラクレス」でした!

私も「ナイル」の話はとんと覚えてないのでラッキーです!
勉強してもしてもすぐ忘れる。。。。


2017/12/15  20:27

投稿者:hedgehog

しましまさん

どうして日本ではこんなにこの映画とゴディバがコラポしているんだろうと思っていましたが、映画の中でもばっちりロゴが出てましたね。ベルギー出身の探偵が主人公なだけに、ベルギーチョコにスポンサーを募ったんでしょうか。ジョニー・デップが食べてたデザート、チョコレートじゃないけど美味しそうでした。

>ケネス・ブラナーのエルキュール・ポワロはなかなか良かったです。

ブラナーのポワロ、私も予想以上に好きになりました。初めてスチール写真を見た時は、あの巨大なヒゲにびっくりしましたが、映画を見始めると不自然さも違和感も憶えませんでした。それどころか、あれより小さかったら物足りなかったかも?!

続編として「ナイルに死す」も是非作ってほしいです。「オリエント急行殺人事件」は犯人を先に知っていたので真犯人を知ってあっと驚くことはできませんでしたが、「ナイルに死す」は原作を読んだはずなのに内容を100パーセント忘れてしまったので、今度こそ新鮮に驚ける自信があります!

>「キャビン・プレッシャー」のハークことハーキュリー

私はこの映画で初めてハーキュリー=エルキュールだと知りました。ってことは、もしハークがスイスエアーに移籍しフランス語圏スイスに引っ越していたら、みんなから「エルキュール」と呼ばれていたんですね……あ、でもチューリッヒはドイツ語圏スイスか。残念。

http://ameblo.jp/hedgehog42/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ