2017/10/12

NZ留学フェア  英語

娘が「留学フェアへ行くこと」と言う学校の課題があるので、私も一緒に行ってきました。

色々な国が同様のフェアを開催していて、実は娘は英国のにも行きたいのですが、オーストラリアのイベントに出席中のための開催なので泣く泣く断念。私が行ってきてあげればいいのかな?

クリックすると元のサイズで表示します

ニュージーランドは、六本木ヒルズの中のホールで開催され、入場は無料です。誰でも受付で登録すればOKでした。

クリックすると元のサイズで表示します

会議室テーブルに、小中高校、大学、各種学校、留学団体、ニュージーランド航空などのブースがみっしり。

話をしたい学校のブースで並びます。

NZはまだ規模が小さいので和やかのようで、アメリカやオーストラリアなどはもっと大規模なフェアをするので待つ人もハンパないそうです。

しかも丁寧な接客をするのでたった一組を待つにも辛抱強く待たねばなりません。

それでも、直接聞きたいことを聞けるフェア、大変に役に立ちます。資料もたくさんもらえます。

クリックすると元のサイズで表示します

公立の小中高校(一貫教育なのです)も少なくないのでちょっとオドロキ。

外国からの学生は、地元民には無料の学校でも授業料は払わねばなりません。それが目的なのでしょうか?公立は公の援助金で賄われているものでは・・・

もしかしたらお金ではなく、多様性を取り入れることが目的かもしれませんが、国の最大の産業、観光業強化に留学受け入れが有用なのかもしれませんね。

クリックすると元のサイズで表示します
ホールの受付スペースにはにテクノロジーの歴史みたいな展示も

無料のニュージーランドカフェのコーヒーもいただけます。

クリックすると元のサイズで表示します

ニュージーランド産のクッキーも。

クリックすると元のサイズで表示します

娘はニュージーランド国籍もあるので、彼らの本来の目的には何の貢献もしないのですが、こちらの質問に親身に答えてくれて、お土産もたくさん持たされました。

クリックすると元のサイズで表示します

他の国のフェアにも行った娘曰く、「すごく親切だった」とのこと。どこの国かはもうしませんが、質問されたことにしか答えないという態度の国もあったそうです。


1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ