2017/9/23

誰もいない国/No Man's Land  その他の映画・ドラマ・舞台

クリックすると元のサイズで表示しますパンフありました

No Man's Landというサー・イアン・マッケランとサー・パトリック・スチュワートが出ているこのお芝居は、つい最近やってたという印象を持っていたのに、

調べてみたら2016年12月15日の舞台がライブとして放送され、千秋楽は17日ということでした。

私の「つい最近」は9ヶ月も前だったのがショックですが、

この初演は2013年NYで、2016年にイギリスにはシェフィールド、ニューキャッスル、ブライトン、カーディフを経て故郷ロンドンに帰って来て、千秋楽の2日前に収録されたものだと知り、

本舞台の後のキャスト達のトークがなるほど達成感漂うなあと納得しました。(舞台は観客との共同作業で、場所によって違うものができるとの言及がありましたので)


さて、つい最近だと思った舞台の写真の印象は、二人のサーがスーツを着た紳士の役、というだけでももう面白そう!だったのですが、

初演1975年のコメディで、しかも老人2人がメインに、+青年2人も延々と過去をしゃべり続けるという不思議な、しかし面白い作品でした。



幕が開くとそこは円形ぽい整った青い部屋、第一印象はターディス(ドクター・フーの時空マシーン)。

スプーナー(サー・イアン)のスーツはポケットが膨らんで全体がシワシワ、足元はスニーカー、反核バッジをつけて反体制風でありながら、シャツは上までボタンを留めてタイをきっちり締めてるあたりは知識階級を思わせる。

ハースト(サー・スチュワート)の方は、家の主人でもあり、典型的なイギリスの保守的なジェントルマンと見える服装に、家のアルコールキャビネットとはこう使うのかというしつらえぶり。

この段階ではスプーナーの方がやたらとしゃべり、ハーストは聞き役を我慢してやってる感じですが、

話の内容から2人は初対面で外で知り合いハーストが自宅にお客を招いたことがわかります。しかも場所はハムステッド・ヒースで、70年代にはゲイのナンパエリアがあったことも語られます。

この時点では、2人はゲイなの?と思ったのですが、

モルトウィスキーとウォッカがどんどん2人の喉元を流れ、

やがて話し手と聞き手が逆転、しかも話の内容も昔の女性との交際暴露となり、この時点では2人その昔オックスフォードで同じコミュニティにも属し、クリケットをし、ハーストはスプーナーの妻と浮気をしていたことにまでなってる・・・ゲイではなかったのね。

しかも女性の話になると顔がニヤニヤと嬉しそうで、遠回しな表現かと思うと観客席がどよめく言葉まで使っていて

紳士とは巧みに服装と言葉遣いで偽装した男性ホルモンか、と思うほど。

話し言葉こそ二人とも流暢(高齢の俳優さんがセリフが覚えられなくなるって話はどこいった?!とびっくりするくらいセリフが多い!)ではあるものの、

やはりこれは酔っ払いの話・・・ではないか?と思い始める。

さらに混乱を極めるのは、ハースト宅の使用人の青年2人の登場で、2人とも素性は怪しそうな、70年代だからベルボトムのスラックスに茶色のレザージャケットに長髪なので、ぱっと見ハーストがハムステッドで拾って来たとしか思えないのです。

この2人も使用人のくせに偉そうだしよくしゃべるので4人の力関係が不明になり、またここでエイズ以前の70年代、ゲイコミュニティで家をシェアしてた話などを思い出してしまいました。

現実と嘘との区別もつかなく過去が語られても、ハーストが2度も「嘘だと思ったら写真がある。」と言いながらも、それを「人には見せない」と言ったのは、自分でも99%信じてる自分の作り話を、潜在意識の1%で写真には写ってないことを自分が語ってることを自覚しているのかなと思いました。

途中でスプーナーが朝ごはんとして、スタンドに乗せて運ばれた超薄切りのこんがりトーストとスクランブルエッグにコーヒーを食べるシーンがあり、

舞台ではよく見えないでしょうが、ライブではアップで映るので本物を本当に食べていることがわかり、無性に食べたくなりました!

そのことで、本編後のQ&Aで「1週間で8回も食べなくてはならなかったので、もう見たくもない」と言ったイアンWWW

あと、Q&Aでは、役者にとって観客の反応が大事と何度もなんども言っていたのが、ファンとしてはとても嬉しくなりました。

パフォーマンスする人というのは、やはり見られて初めて自分の業績を感じるのでしょうか。

演劇ファンなんて、ただ見る自分が楽しむだけで、実はこの日のNTLIVEだって「仕事が終わったあとの金曜日、ショッピングに行って気軽な楽しみも出来るのに」なんで疲れながらまで観に行くのか、と自分に問いかけてもみたのです。

でも見に行く人がいるから俳優がいる、という単純なことを俳優さんたちの口から聞くことができて、行ってよかったなあ〜と思いました。

パンフレットには脚本翻訳者による解説があるのがよかったけれど、欲を言うと「NYではUKカルチャーに関するセリフへの反応はない」とQ&Aでもキャスト&監督が言ってたので、日本人にもおそらくわからないであろう、ロンドンの観客に受けて外国人が置いてきぼりになるセリフの解説も欲しかったです。



1



2017/9/25  18:02

投稿者:しましま

hedgehogさん

>>ハーストが妄想の過去にさらなる妄想で対抗してきたので、スプーナーとしてはそもそも完全に嘘の話だとわかっているのに嘘の話の中でも自分が上位に立ちたい一心でさらに嘘を

そうそう!そういうことだと思います!!
相手のほら話を聞く時の聞き手の顔にそれが書いてありましたね。
だいたいが初対面なんですから。

でも多分、自分の嘘に自分も騙されて喋っているうちに本気になるんだと思うんですよ。
以前の職場のゴラム先輩もそういうところあったんですよ〜

>>薄切りトーストとスクランブルエッグを食べたくなった

その晩にでも食べたかったのですが、翌朝まで我慢しました。

>>芝居とは役者と観客の共同作業だと思ってもらえるのは嬉しい

数少ないスターに対し観客は無限大みたいな気がするのでこちらの存在は無のような気になってしまいますが、目の前に見える劇場だと数の上でも観客が認知されやすいのでしょうね。
俳優だって何かしたら反応が欲しいのは普通の会話と同じですね。

2017/9/24  18:36

投稿者:hedgehog

しましまさん

私も「つい最近」と思った一人です。ほんと、月日の経つのが早い早い。おかげで洋画の日本公開が遅いと苛立つこともあまりないのですがw

>(高齢の俳優さんがセリフが覚えられなくなるって話はどこいった?!とびっくりするくらいセリフが多い!)

あの量、すごいですよね。しかも会話の内容がいきなりばさっと変わったりもして、ものすごく覚えにくそうだし。

>話の内容も昔の女性との交際暴露となり、この時点では2人その昔オックスフォードで同じコミュニティにも属し、クリケットをし、ハーストはスプーナーの妻と浮気をしていたことにまでなってる

あ、このシーン、しましまさんはあの二人が本当のことを話していると思いました? 

私は全く逆で、認知症で自分の記憶に自信がないハーストを相手に、スプーナーがありもしない過去をでっち上げてやりこめてやろうと思ったら、ハーストが妄想の過去にさらなる妄想で対抗してきたので、スプーナーとしてはそもそも完全に嘘の話だとわかっているのに嘘の話の中でも自分が上位に立ちたい一心でさらに嘘を重ねて言い返しているんだと思ってました……。

>スプーナーが朝ごはんとして、スタンドに乗せて運ばれた超薄切りのこんがりトーストとスクランブルエッグにコーヒーを食べるシーン

ナショナル・シアター・ライブであのシーンを見た人はみんな、薄切りトーストとスクランブルエッグを食べたくなったんじゃないでしょうか。勿論、私もその一人です。

>見に行く人がいるから俳優がいる、という単純なことを俳優さんたちの口から聞くことができて、行ってよかったなあ〜と思いました。

激しく同意! 「お客様は神様」的にいばるつもりもありませんが、芝居とは役者と観客の共同作業だと思ってもらえるのは嬉しいですよね。

http://ameblo.jp/hedgehog42/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ