2017/8/1

アントワネットの世界を楽しむティー  たべもの

クリックすると元のサイズで表示します

ヒルトン東京で開催されているデザートフェア「マリー・アントワネットの結婚」に行ってきましたよ〜!

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

リンク先にも書いてあるのですが、ホテルフロント横の「マーブルラウンジ」のみではなく、周りの別の飲食施設にてもデザートを楽しめるようで、

お隣の「セント・ジョージ」というイングランドな響きのバーにもビュッフェのお客さん入ってましたし、

1つ上の階にも、同じテーマのデコレーションのお部屋とアントワネットをイメージした衣装などのデコレーションがありました。

ラウンジのブッフェタイムが終わってから上の階を発見したのですが、
複数のレスタランやバーがあって、ラウンジよりも当然静かで大人の雰囲気です。

ラウンジはアントワネットの人気か大変混み合っていて、特にビュッフェ開始の時間は並びますので、頑張ってラウンジに予約をしなくても、ヒルトンのレストランに相談してみたらいいと思います。

これから行ってみようかな?という方は、上に座れるかどうかも聞いてみては?(私ならそうする)

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

この下のケーキは「ア・ラ・ベルサイユ」というレモンとカモミールのケーキで、見た目も黄金に輝くブルボン家のようです。右側がすでに切り取られてパックマンのようです。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、ケーキよりも気分が上がるのがディスプレイなんですが、

BBCドラマ「ベルサイユ」を思い出す(時代は違うけど)キラキラと、なんとテーブルの上だというのに、着飾ったお馬さんが駆け巡っているのにはクラクラきました。

クリックすると元のサイズで表示します

しかしですね、会場では舞い上がって気づかなかったのですが、

クリックすると元のサイズで表示します

一番上の馬車を引くお馬さん以外の陶器の子たちは、

クリックすると元のサイズで表示します

撮った写真を並べてみて、

あ〜ら、びっくり!

クリックすると元のサイズで表示します

全員がクローン馬だったのでした!
・・・つまり同じポーズの同じ置物だったのだけど、あちこちに配置されてて全然気づきませんでした。ディスプレイ担当した方、本当に上手だと思います。

通常は、こういう少女趣味の豪華な飾りって本物アンティーク以外だとかえってチープで悲しい気持ちになるものですが、目線に配された輝くシャンデリアなどお菓子の世界ともよく調和して美しかったです。

協賛がヒルトンホテル内の輸入家具やさんなので実現した世界でしょうか。
1



2017/8/18  21:35

投稿者:しましま

オレンジさん

それは良かった大正解です!

・・・そうですね、ラウンジやバーの構造は文章ではお伝え切れていませんね。私の文章力の限界です。
ぜひ空間を実際にご体験されてくださいませ。

2017/8/18  0:29

投稿者:オレンジ

それです!
そのzattaです。

なるほど!上に座れるか…っていうのはそういうことだっとんですね。
螺旋階段の下ですか。わかりました!ありがとうございます。

2017/8/16  20:56

投稿者:しましま

オレンジさん

もしやそれは

バー&ラウンジ「ZATTA」
マリー・アントワネット アフタヌーンティー
でしょうか?
大正解だと思います!!
そちらの方がブッフェよりも雰囲気良いです。
それを行ってみて知った私です。

バーの中央の螺旋階段を降りると
そこがマーブルラウンジです。

2017/8/16  16:47

投稿者:オレンジ

来週のアフタヌーティーを予約しました!

スルスル〜っとがんばってあちこち紛れてきたいと思います(笑)
すっごく楽しみになってきました。
しましまさん、ありがとうございます♡

2017/8/15  22:37

投稿者:しましま

オレンジさん

>>近々東京へ行く用事がある

それはグッドタイミングですね!

>>他のレストランや入り口にはお衣裳の展示はある

私はこのデザートブッフェが終わった後に1階上の他のレストランで
その衣装や、その奥にある小部屋の豪華絢爛なディスプレイも楽しめました。

ブッフェの方ははっきり言って大変な混雑ですので、
マーブルラウンジの入り口に常にスタッフさんがいるとは限りません。
もしも尋ねたらスタッフさんも「どなたでもどうぞご覧ください」とは
案内できないでしょうが、

私が上の階で飲食してなくてもぐるりと見て回れたように、
下の階も他のレストランに来たついでに見ています的に大丈夫じゃないでしょうか。

ぜひヒルトン楽しんでください。
そんなに敷居の高いホテルではないのでお気軽に。

2017/8/15  12:40

投稿者:オレンジ

しましまさん、私は地方人なのですがしましまさんのこの記事に一目ぼれしてしまいました。
近々東京へ行く用事があるので、絶対ここへ行くぞと決めてはいるのですが……
さすがにデザートブッフェはきつそうなのでアフタヌーンティーにしようと思い、ヒルトンさんに
「アフタヌーンティーをいただいてお写真の華麗なディスプレイを見ることはできますか?」
と問い合わせたら
残念ながら写真のようなディスプレイはデザートブッフェの方用となっておりまして…と申し訳なさそうに言われました。

でも、他のレストランや入り口にはお衣裳の展示はあるらしく、
基本田舎者なので、キラキラした非日常なら十分満足できると思うのですが、
どうでしょうか、アフタヌーンティーだけでも楽しめそうでしょうか?

2017/8/9  22:59

投稿者:しましま

hedgehogさん

実は私も今あんまり食べられないんです。
というのも今日までやっていた仕事をして以来、胃がすっかり弱くなりました。
でも
ヒルトンは、これまでにも「チャーリーとチョコレート工場」にちなんだ
チョコ系デザートブッフェなどもやっていたと友人に聞いたので
、次にもこういう物語性のある企画展をやるとしたら何だろうな〜と
今から楽しみでなりません。
パディントンのマーマレードだったらどうしよう!!

2017/8/9  21:24

投稿者:hedgehog

しましまさん

まさかのクローン馬! しましまさんに指摘されるまで、私は全く気付きませんでした。ディスプレイ担当の方、ナイス!

>こういう少女趣味の豪華な飾りって本物アンティーク以外だとかえってチープで悲しい気持ちになる

ああ、その気持ち、よくわかります。それだけに、今回のフェアは素晴らしい出来栄えですね。甘い物は好きだが量が食べられないため参加できないのが残念です。

http://ameblo.jp/hedgehog42/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ