詳細はこちらをクリック




日本の高度経済成長期を支えた人たちが、
リストラされたり、ホームレスになったりして、国に切り捨てられて
公園などに転がっている現状ですが、
このような状況を、今現在、困っている人たちを
国は、救済してくれないですね。

ぼろ雑巾のように会社に身を捧げ、馬車馬のように働いているのに、
会社の業績は、あまり良くなくて、給料は下がっていきますね。

それでも、上層部は得をしていて、現場で働いているものに
全ての負担を押しつけていますね。

しかし、1年に1度税務署へ行きある届け出をして
ある公的金融機関へ行く事によって、
年収400万の独身サラリーマン・OLだとしたら、
30年後には1023万588円になったとしたら?

サラリーマンでも一生税金の奴隷として暮らさないで、
老後には合法的に年金をカットされる心配もなくなります。

それは、国家というものの成り立ちが、国を支える資本家の都合の良いように
法律という制度を使って形作られたという経緯を考えると見えてきます。

この国のエリートたちが国民に秘密にして、
ごく一部の富裕層とエリート達だけが知って実践している方法なのです。

サラリーマンは、天引きという名の悪魔に支配されているようなものです。
使えるお金の上がり下がりに関係なく、
毎月、源泉所得税・保険料・年金掛金が自動的に引かれますね。

さらには、少子高齢化がどんどん進んでいくと、
年金だって将来もらえないという事もあり得ます。

だから、自分の事は自分で守らなければいけませんね。
税務署は、個人や会社が払い過ぎた税金に、「払い過ぎてますよ」と、
教えてはくれません。

逆に、不足していると「足りないから払いなさい」と、言ってきて
加算税とか延滞として、延滞税まで取っていきます。

だから、知識を増やしてこれらに対抗し
愛する家族達や自分を自分自身で守って下さい。


続きはこちらをクリック




このサイトは、日本元気化計画宮田浩さんの節税&資産形成実践マニュアルの口コミ 感想 内容などの情報を公開しています。




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ